現在位置:Home > 商品・サービス > 製造業向けERP・生産管理システム > OKIの生産設備連携IoTソリューション > 稼動状況見える化


製造業向け
ERP・生産管理
システム

OKIの生産設備連携IoTソリューション 稼動状況見える化

特徴

OKIはお客様の業務に合わせて最適な画面、機能に対応できる見える化のフレームワークを使用して、メーカーに依存しない豊富なデバイスからデータを収集し生産設備の見える化を実現します。
「工場に有線のネットワークが引けない」、「生産設備のデータは社内LANと切り離して運用したい」、といったご要件にも、SmartHop(920MHZ帯マルチホップ無線)をはじめとするセンシングネットワーク技術によりネットワークの構築もトータルでご提供可能です。

取得元別データ種類の例

導入効果

  • 生産設備の稼働状況や加工ロボットの動作内容をきめ細かく把握できます。
  • 解決すべきエラー(課題)が判明し、その対策を施すことでムダ作業を排除、設備トラブル・ミスの件数を削減します。
    見える化した課題に対して予兆を捉えて“より高度”な見える化に進化したい、というご要望につきましては、「3.分析による異常予兆検知」へとシステムを成長させることができます。
  • 計測情報、品質情報などのデータは、日々の点検報告や検査報告に使用できます。

導入効果のグラフ

ページの先頭へ