OKI Open up your dreams

投資家の皆様へ

ファイリング情報ファイリング情報

2021年4月22日

各位

会社名
沖電気工業株式会社
代表者名
代表取締役社長執行役員
鎌上 信也
コード番号
6703東証第1部
問合せ先
執行役員経営企画部長
大田原 就太郎
電話番号
03-5635-8212

2021年3月期通期連結業績予想および配当予想の修正に関するお知らせ

当社は、最近の業績動向等を踏まえ、2020年10月29日に公表しました2021年3月期通期連結業績予想および未定としておりました配当予想を修正することといたしましたので、下記のとおりお知らせいたします。

1.連結業績予想の修正

(1)2021年3月期通期連結業績予想(2020年4月1日~2021年3月31日)

  売上高 営業利益 経常利益 親会社株主
に帰属する
当期純利益
1株当たり
当期純利益
  百万円 百万円 百万円 百万円 円 銭
前回発表予想(A) 405,000 8,500 8,000 1,000 11.55
今回修正予想(B) 393,000 9,500 9,400 -200 -2.31
増減額(B)-(A) -12,000 1,000 1,400 -1,200
増減率(%) -3.0 11.8 17.5
(ご参考)前期実績
(2020年3月期)
457,223 16,829 13,804 14,086 162.80

(2)修正の理由

当社は、2020年10月29日に、新型コロナウイルス感染症による業績への影響が年度後半から回復すると想定し、連結業績予想を公表いたしました。しかしながら、感染の再拡大など、その影響が想定以上に長期化し、海外販売が計画未達になったことなどから、売上高は前回発表予想を下回る見通しです。

利益面につきましては、コンポーネント&プラットフォーム事業は構造改革効果があるものの、コロナ禍の長期化による影響が通期で残る見通しです。一方ソリューションシステム事業はネットワーク関連などが通期で牽引する見込みです。加えて、全社的にコロナ禍における事業活動の費用抑制などもあり、営業利益および経常利益は前回発表予想を上回る見通しです。親会社株主に帰属する当期純損益につきましては、繰延税金資産の取崩しなども影響し、前回発表予想を下回る見通しです。

2.配当予想の修正

(1)2021年3月期配当予想

  年間配当金(円)
第2四半期末 期末 合計
前回発表予想 未定 未定
今回修正予想 20.00 20.00
当期実績 0.00
(ご参考)前期実績
(2020年3月期)
0.00 50.00 50.00

(2)修正の理由

当社は、OKIグループの企業価値を向上させるために財務体質の強化と内部留保の確保を行うとともに、中長期に亘り株式を保有していただけるよう株主利益の増大に努めることを経営の最重要課題としております。安定的かつ継続的な株主還元を基本としながら、業績および今後の経営諸施策など総合的に勘案した上で配当金額を決定することとしております。

2021年3月期の配当につきましては、業績見通しおよび財務状況等を踏まえ、1株当たり20円とする予定です。

(注)上記の業績見通しは、当社が現在入手している情報および合理的であると判断する一定の前提に基づいており、実際の業績は見通しと異なる可能性があります。

以上

ページの先頭へ

Special Contents

      • YouTube

      お問い合わせ

      お問い合わせ