現在位置:Home > 商品・サービス > 920MHz帯マルチホップ無線 SmartHop > 無線加速度センサーシステム


920MHz帯マルチホップ無線 SmartHop

無線加速度センサーシステム

適用例イメージ:橋梁

インフラ構造物の健全度を無線ネットワークで遠隔監視

橋梁や支柱等のインフラ構造物の振動データを920MHz帯マルチホップ無線「SmartHop」を用いて遠隔で収集・可視化し、維持管理や保全業務に貢献します。

特長

配線工事無しで設置が容易な無線加速度センサーユニット
3軸加速度センサーとSmartHop SR無線モジュールを内蔵した無線加速度センサーユニットは、高度なスリープ制御により長期間の電池駆動を実現しており、配線工事無しで設置が可能となるため、導入コストを大幅に削減します。
加速度、傾きのセンシングに対応
無線加速度センサーユニットは、3軸加速度センサーを内蔵しており、向きを限定することなく設置でき、かつ常に3方向の振動データを計測できるため、インフラ構造物に掛かる振動のデータを適切に収集できます。また、センサーユニット内部の演算処理により、傾き方向と傾斜角度を算出する機能に対応し、構造物の傾きも監視することができます。
遠隔でセンサーデータの可視化・センサーユニットの管理が可能
サーバー上の管理ソフトウェアは、センサーユニットの設定変更やマップ表示による設置場所の管理、収集したデータの可視化が可能であり、ユーザーの適切な維持管理や保全の業務に役立てることができます。

ページの先頭へ

適用領域・システム構成

斜面・法面/橋梁・道路/鉄塔・支柱

ページの先頭へ

無線加速度センサーユニット 仕様

項目 仕様
センサー 加速度 測定軸:xyz(3軸)
サンプリング周波数:100Hz
測定レンジ:±2G
計測モード:定期計測、トリガー計測
傾き 測定項目:傾斜角、傾斜方向
計測モード:定期計測、トリガー計測
無線通信 無線規格 IEEE 802.15.4g準拠、ARIB STD-T108準拠
周波数 920MHz帯(922.3MHz~928.1MHz)
送信出力 20mW
プロトコル SmartHop SRモジュール仕様
アンテナ 防水アンテナ対応
電源 電池駆動
外形寸法 90×130×50mm以下(突起、アンテナ含まず)
使用環境条件 温湿度条件:-20~60℃、25~85%RH
防水対応
環境対応 RoHS対応
認定取得 技術基準適合証明(電波法)
  • 仕様は今後、変更となる場合があります。

920MHz帯マルチホップ無線 SmartHopに関するお問い合わせ先
Webからのお問い合わせ: お問い合わせフォーム
  • SmartHopは沖電気工業株式会社の登録商標です。
  • このページに記載されている会社名、商品名は各社の登録商標または商標です。

ページの先頭へ