OKI Open up your dreams

品質への取り組み

品質保証の体系

品質保証の組織

OKI商品の品質保証は、商品ライフサイクルに関するすべての部門、従業員の活動によって実現します。これら活動を実効性あるものとして推進する組織が品質保証部門であり、 OKIの品質保証部門は下記の2つ を設けています。

  1. 全社品質機能としての全社品質保証部門

    OKIの品質保証活動のうち、全社共通で実施すべき事項について、品質保証担当役席のスタッフとして推進する役割

    • グループ品質保証活動の支援
    • グループ全体に関わる品質関連事項への対応
    • グループ一括で取り組むことが合理的な事項への対応
    • 重大な品質問題発生の際の事業部門に対する支援
    • 重要な品質情報が適正に会社経営層に報告する枠組みの構築・維持
  2. 事業単位の品質機能として事業部門別の品質保証部門

    事業部門、当該事業の品質保証活動を推進する役割

    • 各事業部門の品質マネジメントシステム(QMS)の構築・運営
    • 各事業部門別の品質状況について経営層へ報告
    • 事業部門の品質目標達成のための諸施策推進

ページの先頭へ

OKIの品質保証部門の連携

OKIの品質保証部門の連携

ページの先頭へ

品質マネジメントシステム(QMS)

各事業部門が所管する事業特性に合わせ、 事業部門毎に品質マネジメントシステム(QMS)を構築し運用 をしています。 各事業部門のQMS では品質保証に関する全社共通の遵守事項である 全社規程の「品質保証規程」 、具体的な活動ルールである 全社細則の「全社品質保証基準」 に則り、実務を円滑にするように 事業部門の状況に合わせ細目を定めています。

OKIグループは、 事業特性にあわせた最適な品質保証体制 を整備して、全ての生産拠点で ISO9001の認証を取得 しています。なかでも、 EMS事業 では、 医療機器品質システムであるISO13485の認証も取得 し、医療機器に対応できる品質保証体制も整備しています。

ページの先頭へ

OKIの品質に関する規程類の体系

ページの先頭へ

Special Contents

      お問い合わせ

      お問い合わせ