OKI Open up your dreams

投資家の皆様へ

企業情報社長メッセージ企業情報社長メッセージ


沖電気工業株式会社
代表取締役社長
鎌上信也

みなさまには平素より弊社の経営に対しまして変わらぬご支援を賜り、厚く御礼申し上げます。

国内では労働力不足やインフラ老朽化など、またグローバルでは環境問題、5G/AIをはじめとする技術革新に加えて、新型コロナウイルス感染症によるパラダイムシフトなど、OKIを取り巻く事業環境は著しい変化が続いています。

このような環境変化がもたらす社会課題に対応するため、OKIは、共創によるイノベーションを加速するとともに、事業ポートフォリオの再構築および経営基盤の強化に取り組んでいます。長い歴史で築き上げた端末のインストールベースと強固な顧客基盤を価値創造の源泉として、リアルな世界でのモノづくりと、クラウドとをリアルタイムに連携させるソリューションやサービスのコトづくりの両輪で、社会課題の解決を目指しています。

2020年度の業績見通しは、売上高は前期比522億円減収の4,050億円、営業利益は同83億円減益の85億円を予想しております。前期の大型案件などの反動減に加え、新型コロナウイルス感染症により一定程度のマイナス影響が出ると考えております。

なお、経常利益および親会社株主に帰属する当期純利益の予想につきましては、現在、抜本的な事業構造改革案を取りまとめ中のため、未定としております。そのため、配当予想につきましても、未定としております。今後、開示が可能となった段階で、速やかに公表いたします。

株主、投資家のみなさまには、これまでと変わらぬご支援とご協力をよろしくお願い申し上げます。

ページの先頭へ

Special Contents

      • YouTube

      お問い合わせ

      お問い合わせ