現在位置:Home > OKIについて > CSR(企業の社会的責任) > OKIグループのCSR > 社会貢献 > 国内外での貢献活動


CSR
(企業の社会的責任)

OKIグループのCSR 社会貢献

国内外での貢献活動

国内外で環境保全のためのボランティア活動を実施


タイで植林を行う社員ボランティア

OKIグループは国内外の各拠点において、環境保全を目的とした社員参加型のボランティア活動を継続実施しています。

2017年9月にはタイ王国サラブリ県において、社員、タイ環境省の職員など150名が、伐採跡地に国指定保護樹木各種の苗木6,000本を植林しました。この活動は10年連続10回目で、これまで植えた苗木は累計73,918本となりました。

ラオス語絵本をつくって現地に寄贈

OKIグループはNPO法人「ラオスのこども」の協力を得て、「ラオス語絵本をつくってラオスの子どもたちに送ろう!」というイベントを毎年実施しています。日本語の絵本にラオス語の翻訳を貼ってラオス語絵本をつくるほか、ラオスコーヒーの試飲なども体験し、現地の文化への理解を深めています。

2017年度は、OKIグループの社員と家族など20名が参加し、60冊の絵本を完成させました。これまで17回の活動で作成したラオス語絵本は計1,148冊となります。


自作のラオス語絵本を手に記念撮影

ページの先頭へ