現在位置:Home > OKIについて > 技術広報誌 OKIテクニカルレビュー > 2003年 No.196 デバイス特集


技術広報誌 OKIテクニカルレビュー

2003年 No.196 デバイス特集

デバイス特集によせて [1.3MB] PDF

加茂 明・北林宥憲・坪井正幸

ページの先頭へ

システムLSIソリューション [797KB] PDF

堀口勝治

ページの先頭へ

IP電話向けVoIP専用LSI(ML7074/ML7084)と通信プロトコル制御用ソフトウエアの開発 [806KB] PDF

下豊留勉・神山隆則・水越幸弘・久米寛司

VoIP対応の通信機器向けLSIとして、VoIP音声CODEC(ML7074)、ML7074へARM7TDMI、Ethernet MACコントローラ等を搭載したVoIP通信プロセッサ(ML7084)を開発。更にML7084向けに、ソフトウェアとしてベーシックサービスパッケージ(BSP)を開発し、VoIPのトータルソリューションを提供することを可能にした。

ページの先頭へ

着信メロディ用音源LSI ML2870の原理と技術 [793KB] PDF

斎藤直孝・松原弘明・森本雅史

ページの先頭へ

性能アップグレードを容易にした汎用ARM MCU: ML674001シリーズ / ML675001シリーズ [969KB] PDF

中澤哲夫・武田浩一・永田 聡・阪田義男・松井秀斗

既に量産開始しているML674000に続く上位シリーズとして周辺機能を拡張したML674001シリーズと、それとともに性能アップしたML675001シリーズを開発した。
これらはシリーズではFLASHをMCP搭載したモデルも用意し、これまで以上に広い市場でのニーズに対応することができる。本稿では、その概要と特徴について述べる。

ページの先頭へ

高度化する自動車に向けたSoCソリューション沖の車載ARMシステムLSI [871KB] PDF

砂塚 慎

高度化する自動車用に求められるシステムLSIの動向とARMをコアとした車載用システムLSI商品について説明する(エンジン制御用ARM9システムLSI: ML67Q2003、メータパネル用4chCAN内蔵ARM7システムLSI: ML67Q2301)。

ページの先頭へ

有機ELドライバLSIの開発と今後の展開 [841KB] PDF

福迫真一・佐藤眞一・國田謙二・梁 平・杉本照和

次世代のディスプレイパネルとして有機ELパネルが注目されている。携帯電話のサブパネル、車載パネル等でパネルの実用化が開始されており、当社においてもドライバLSIの量産を2002年より開始している。本稿では、当社の有機ELドライバLSIの開発経緯、商品紹介および今後の開発方針を紹介する。

ページの先頭へ

SOIを用いて高感度/低消費電流を実現した電波時計用タイムコード受信LSI [648KB] PDF

柳原淳一・宮下時男・太矢隆士

タイムコード受信LSIとして完全空乏型SOI CMOSプロセスを用いて開発されたML6190Aの回路構成の説明、電波時計用LSIの今後の商品展開や完全空乏型SOI CMOSプロセスを採用したことによるメリットについて述べると共に、今後期待される電波時計のアプリケーション例の紹介を行なう。

ページの先頭へ

顧客が要求する多彩なバリエーションに応えるP2ROM™商品技術 [800KB] PDF

武田景一郎

広範なユーザ要求仕様に対応するために、基盤となる汎用P2ROMとユーザ要求仕様を実現する機能チップをMCP技術により組み合わせたカスタムP2ROMを開発している。
新規設計する機能チップはメモリ以外の機能のみであるため、短納期で開発が可能であるという利点がある。また、複数の汎用P2ROMをMCP技術を用いた大容量P2ROMの開発も行っている。

ページの先頭へ

映像ノイズ除去LSI NR-FIFOシリーズの開発 [1.1MB] PDF

中野孝経

映像ノイズ除去LSI NR-FIFOシリーズを開発した。これらは、DRAM-LOGIC混載プロセスとFIFOカスタマイズ技術を用い、1チップにてノイズリダクション機能および他の高画質化機能を実現したLSIである。

ページの先頭へ

シグナルインテグリティを考慮したタイミング収束手法 [1MB] PDF

菊地原秀行・栗本雅弘・田代雅久・菊池秀和・堀川正永

微細化に伴うシグナルインテグリティ(SI)の問題を未然に予測かつ予防し、タイミング収束による手戻りを最小限に留める諸対策を先端LSIの設計フローに導入した。本稿ではSIを考慮したタイミング収束手法の概要とその特徴および有効性について述べる。

ページの先頭へ

µPLATのプロトタイピング技術 [868KB] PDF

稲葉総一郎

システムLSI開発においては、ソフトウエアを含めたシステム検証が重要である。本稿では、システム検証を開発の早期段階で実施できる、プロトタイピング検証手法の比較を行い、µPLATプロトタイピングボードがプロトタイピング検証に有用であることを示す。また、µPLATプロトタイピングボードに使用される技術を概説し、µPLAT-7Dプロトタイピングボードについて紹介する。

ページの先頭へ

SoC組込みソフトウェアの開発 [784KB] PDF

飯間 豊・久米寛司・本田一成・細谷雅寿

ページの先頭へ

0.15µm FD-SOI低電力LSI技術 [849KB] PDF

森川剛一・梶田陽子・御手洗睦

当社では、0.35µm、0.20µm完全空乏型(Fully Depleted)SOI CMOSデバイスを実用化し低電力LSI技術の開発を進めてきた。本稿では、更なる小型化、高速化を目的として微細化した0.15µm FD-SOI CMOSのデバイス開発、および、ディジタル回路に適用した場合の回路性能についてまとめた。

ページの先頭へ

次世代強誘電体メモリ集積化技術 [977KB] PDF

林孝尚・五十嵐泰史・猪股大介・一森高示・三橋敏郎・足利欣也・伊東敏雄・吉丸正樹

強誘電体材料として、低電圧動作に有利なSrBi2Ta2O9(SBT)を用いた、0.25µmルール4Mb FeRAMを開発した。上部電極をプレート線として用いる新構造「台座型セル」を採用し、セル面積縮小及び強誘電体特性の劣化を抑制した。

ページの先頭へ

露光機のフォーカス精度測定方法の開発 [836KB] PDF

星野大子・山内孝裕・渡辺明・小野寺俊雄・東野秀博

沖独自で開発したフォーカス自動測定方法によりKrFスキャナ露光機の微小なフォーカスエラーを数nmレベルの高精度かつ簡便なプロセスで測定することに成功した。

ページの先頭へ

LSIの多層配線におけるチャージアップ起因のヴィア高抵抗化現象とその対策 [689KB] PDF

小笠原裕美・影山麻樹子・酒匂克浩

Wプラグを用いた多層配線プロセスにおいて、特定のパターン上のヴィアで高抵抗になるトラブルが発生している。フローティングの長配線に接続したヴィアである。本稿ではこの現象の原因究明のため評価パターンを考案し、対策方法の検討について述べる。

ページの先頭へ

ウェハレベルチップサイズパッケージ(W-CSP)におけるインダクタ内蔵技術の開発 [918KB] PDF

安在憲隆・渡辺潔敬・宇津木知克・照井誠・大角卓史

ウェハレベルチップサイズパッケージの再配線技術の微細化により、高周波機器向けの小型・高Q値のインダクタ形成を実現し、その基本特性を検証した。

ページの先頭へ

40Gbit/s光通信用InP系HEMT技術 [661KB] PDF

大島知之・星 真一・森口浩伸・伊藤正紀・角谷昌紀・市岡俊彦

次世代40Gbit/s光通信用超高速送受信ICの基本デバイスとして、0.1µmゲートダブルリセス構造InP-HEMTを開発した。本デバイスは高速・高耐圧特性をあわせ持つ優れたデバイス特性を有し、1/2分周器ICの50GHzにおける超高速分周動作を達成した。

ページの先頭へ

40Gbit/s光通信用増幅器IC [732KB] PDF

小杉 真

40Gb/s光通信システムへの適用を目的として、広帯域分布型増幅器ICを開発した。11.5dBの高利得と69GHzの広帯域を実現した。40Gb/sの出力振幅として2.8Vが得られ、EA変調器ドライバIC等への適用が可能である。

ページの先頭へ

移動体通信用GaAs広帯域アンプの開発 [316KB] PDF

甲斐靖二・伊藤正紀・亀卦川伸孝・山本寿浩

0.1~6GHz帯の移動体通信システムで使用できる汎用のGaAs広帯域アンプを開発した。高周波特性と量産性に優れたP-HEMTをベースに、高精度のFETモデルを抽出して設計を行った結果、ローコスト化および高性能化を実現できた。

ページの先頭へ

1550nm 10Gbit/sドライバ内蔵型EA変調器付きLDモジュール [825KB] PDF

大沢政明・川西秀和

EAM-DFBとEA変調駆動用のICを同一パッケージに実装した10Gbit/sドライバ内蔵EA変調器付きLDモジュールを開発し、その結果40km、80km伝送で良好な特性が得ることができた。

ページの先頭へ

10Gbit/s 1.3µm AlGaInAs DFBレーザの開発 [1.3MB] PDF

武政敬三・杉山 直・八田谷洋一

10ギガビットイーサネットやOC-192用光源として、温度特性に優れるAlGaInAs を用いたレーザが注目されている。本稿では、現在開発中の10Gbit/s AlGaInAs DFBレーザのCWおよび高速変調特性について紹介する。

ページの先頭へ

面入射型PIN-PDを用いた10Gbit/s表面実装型モジュールの開発 [709KB] PDF

冨本忠利

ページの先頭へ

声と音の技術戦略 [532KB] PDF

森戸 誠

『いい音』にこだわる沖の音技術の戦略を、リアルな音環境を実現する広帯域音声符号化、マルチメディアLSI、音声サービス事業者向けの音声素片ソリューションを中心に紹介する。

ページの先頭へ

Micro Electro Mechanical Systems(MEMS)の最新技術動向 [758KB] PDF

池上尚克

MEMS技術の現在迄の進展に関して、日本と欧米の比較の中で概観した後、今後のMEMS市場と開発の動向、技術課題について述べる。又その中での当社取り組みに関して、特に当社が開発した3軸加速度センサを中心に紹介する。

ページの先頭へ

低消費電力 完全空乏型SOIデバイス開発のあゆみ [735KB] PDF

長友良樹

SOI技術は優れた特性を持ちながら、なかなか製品化できなかった。今回、我々は完全空乏型SOI技術によるLSIを世界で初めて量産化した。このデバイス・プロセスの開発経緯について述べる。

ページの先頭へ