現在位置:Home > 商品・サービス > IPテレフォニー > 取扱説明書 > デジタルコードレス電話機「UM7700」


IPテレフォニー

取扱説明書 機種番号:UM7700

ダウンロード

 

外観写真


UM7700

 

よくいただくご質問

バッテリー(電池パック)の寿命と交換時期は?

バッテリーは消耗品となります。使用環境、使用頻度により寿命は異なりますが、繰り返し使用することで、連続待受時間や連続通話時間が徐々に短くなっていきます。長時間充電しても、電池残量がすぐに無くなる場合には、新しいバッテリーに交換してください。
ご購入に関しては、電話設備を管理されている貴社のご担当部署や、貴社の工事・保守を担当する当社の販売店へお問い合わせください。

ページの先頭へ

パソコンから電話帳登録ができますか?

電話帳編集ツール(UM7588/UM7700共用、別売)により、パソコンで電話帳データを作成し、「UM7700」へ転送できます。また、「UM7700」に登録済みの電話帳データをパソコンに移動し、パソコン上での修正も簡単にできます。
上記の他に、「UM7700」から別の「UM7700」へ電話帳データを転送できる、UM7700電話帳転送用ケーブル(別売)もご用意しています。

※UM7588用電話帳編集ツールをすでにお持ちの場合は、バージョンアップにより、「UM7700」でもご利用いただけます。
※UM7588電話帳転送用ケーブルをすでにお持ちの場合は、そのまま「UM7700」でもご利用いただけます。「UM7700」と「UM7588」との間で電話帳を送受信することも可能です(「UM7700」から「UM7588」へ送信できる電話帳の件数は200件までです)。

UM7700用の電話帳編集ツール・電話帳転送用ケーブルのご購入、およびUM7588電話帳編集ツールのバージョンアップに関しては、電話設備を管理されている貴社のご担当部署や、貴社の工事・保守を担当する当社の販売店へお問い合わせください。

ページの先頭へ

ファンクションキー(F1、F2、F3ボタン)の利用方法は?

ファンクションキーに番号を登録しておくことで、ワンタッチで電話をかけられます。また、代理応答特番を登録しておくことにより、グループ内の他の内線電話機への着信にワンタッチで応答できます。

【ファンクションキーへの番号の登録方法】
  1. 待受画面で[F決定]キーを押す。
  2. ▲▼で「F設定」を選択し、[F決定]キーを押す(ディスプレイ(LCD)に「ファンクションキーを押してください」と表示される)。
  3. 登録したいファンクションキー(F1もしくはF2、F3)を押し、[F決定]キーを押す。
  4. ディスプレイ(LCD)に「登録しますか」と表示されるので、▲▼で「はい」を選択し、[F決定]キーを押す。
  5. 登録したい番号を入力し、[F決定]キーを押す(電話番号は24桁まで登録可能)。
【登録した番号の削除方法】
  1. 待受画面で[F決定]キーを押す。
  2. ▲▼で「F設定」を選択し、[F決定]キーを押す(ディスプレイ(LCD)に「ファンクションキーを押してください」と表示される)。
  3. 削除したいファンクションキー(F1もしくはF2、F3)を押すと、ディスプレイ(LCD)に登録済の番号が表示されるので、[F決定]キーを押す。
  4. ディスプレイ(LCD)に「登録しますか」と表示されるので、▲▼で「はい」を選択し、[F決定]キーを押す。
  5. ディスプレイ(LCD)に登録済みの番号が表示されるので、[保留クリア]キーで番号をすべて消し、[F決定]キーを押す。

※待受画面の状態から、登録を削除したファンクションキーを押すと、ディスプレイ(LCD)に「おかけ直しください」と表示され、「ツー、ツー」と鳴り、待受画面に戻ります。

【代理応答特番の登録】
登録をご希望の場合は、電話設備を管理されている貴社のご担当部署や、貴社の工事・保守を担当する当社の販売店へお問い合わせください。

ページの先頭へ

どんなイヤホンマイクが使えますか?


【イヤホンマイクの形状】
プラグ極数:10極
プラグ形式:EIAJ RC-5240(携帯電話用角型コネクタ用プラグ)

携帯電話用平型タイプの市販品をお客様にてご用意ください(専用品はご用意しておりません)。応答ボタン付きイヤホンマイクもご利用いただけます。
充電口とイヤホン差し込み口が別になっているタイプのものをお選びください。

【ご注意ください】
「UM7588」のイヤホンマイクとは、ジャック部分の形状が異なります。

ページの先頭へ

この電話機を使って、システム短縮ダイヤルを登録できますか?

本電話機による登録はできません。登録には多機能電話機をご利用ください。

ページの先頭へ

(NTTの)ナンバーディスプレイに対応していますか?

ナンバーディスプレイ(※1,2)は、お使いの電話機が接続されている主装置本体(PBX、ビジネスホンなど)が提供するオプション機能です。電話機単体の機能ではございません。
本サービスの利用をご希望の場合には、主装置本体の機種や設定状況の確認が必要です。電話設備を管理されている貴社のご担当部署や、貴社の工事・保守を担当する当社の販売店へお問い合わせください。

  • ※1 かけてきた相手の電話番号を、電話に出る前に電話機のディスプレイ(LCD)に表示するサービスを指します。
  • ※2 本電話機では電話番号のみ表示されます。氏名は表示されませんので、ご注意ください。

ページの先頭へ

(NTTの)ひかり電話に対応していますか?

ひかり電話など、光ファイバー回線を利用したIP電話サービスとの接続は、お使いの電話機が接続されている主装置本体(PBX、ビジネスホン)が提供するオプション機能です。電話機単体の機能ではございません。
本サービスの利用をご希望の場合には、主装置本体の機種や設定状況の確認が必要です。電話設備を管理されている貴社のご担当部署や、貴社の工事・保守を担当する当社の販売店へお問い合わせください。

ページの先頭へ

電話機を充電台に置いても、充電できません。

電話機本体(底部)および充電台の充電端子が汚れていると、充電時間が長くなったり、充電できなくなることがあります。下図を参考に、充電端子を乾いた綿棒や柔らかい布で拭いてください。

ページの先頭へ

Get Adobe Reader
PDFの閲覧にはAdobe Readerが必要です。Adobe社のサイトからダウンロードしてください。