• 商品サービス
  • 投資家の皆様へ
  • OKIについて
  • 採用情報
  • お問い合わせ
  • サイトマップ

現在位置:Home > OKIについて > 投資家の皆様へ > IR資料室 > 事業報告書 > 第89期事業報告書 > 2012年度セグメント別概況(連結)


投資家の皆様へ

IR資料室 事業報告書
第89期事業報告書:2012年度セグメント別概況(連結)
IR資料室 事業報告書
第89期事業報告書:2012年度セグメント別概況(連結)



情報通信システム

外部顧客に対する売上高は、2,930億円(前年同期比258億円、9.7%増加)となりました。為替による20億円の増収効果があり、これを除くと238億円の増収となりました。ソリューション&サービスでは、官公庁および法人市場向け案件などが堅調でした。社会システムでは、消防デジタル整備の本格化や復興需要などにより防災案件が増加しました。また、メカトロシステムでは、中国向けATMが展開エリアの広がりなどから引き続き好調で、現金処理機も堅調に推移しました。一方、通信システムでは、コアネットワークや企業ネットワークが増加し、保守・工事も堅調に推移しましたが、光アクセス需要の減速などにより、全体では減収となりました。

営業利益は、物量増に伴う限界利益の増加や変動原価の低減などにより、238億円(同51億円増加)となりました。

  • 売上高:単位(億円)、2010年:2,607、2011年:2,672、2012年:2,930
  • 営業利益:単位(億円)、2010年:147、2011年:187、2012年:238

プリンタ

外部顧客に対する売上高は、1,114億円(前年同期比40億円、3.7%増加)となりました。為替による8億円の増収効果があり、これを除くと32億円の増収となりました。商品別の状況では、市場環境は厳しさを増すものの、オフィス向けカラーLEDプリンタおよびモノクロLEDプリンタは、積極的な販売投資や商品ラインアップ拡充などにより、販売台数が増加しました。ドットインパクトプリンタは、販売台数が増加した一方で、本体価格が下落したことから減収となりました。

営業損失は、為替影響、価格下落に加え、販売投資増や輸送費増などの固定費等の増加により、88億円(同45億円悪化)となりました。

  • 売上高:単位(億円)、2010年:1,250、2011年:1,074、2012年:1,114
  • 営業利益:単位(億円)、2010年:-46、2011年:-43、2012年:-88

EMS、その他

外部顧客に対する売上高は、EMS事業で327億円(前年同期比14億円、4.5%増加)、その他の事業で187億円(同11億円、6.4%増加)となりました。EMS事業では、半導体装置関連の需要が減少したものの、OKI田中サーキット株式会社の新規連結などにより増収となりました。その他の事業では部品関連が増加しました。

営業利益は、物量増に伴う限界利益の増加などにより、EMS事業で16億円(同1億円増加)、その他の事業で30億円(同5億円増加)となりました。

  • 売上高:単位(億円)、2010年:470(EMS:310、その他:159)、2011年:489(EMS:313、その他:176)、2012年:514(EMS:327、その他:187)
  • 営業利益:単位(億円)、2010年:29(EMS:13、その他:15)、2011年:40(EMS:15、その他:25)、2012年:46(EMS:16、その他:30)

ページの先頭へ

Special Contents

      お問い合わせ

      お問い合わせ