現在位置:Home > OKIについて > ユニバーサルデザイン > 4つのコンセプト


ユニバーサルデザイン

4つのコンセプト

「ユーザビリティ」と「アクセシビリティ」を向上させるため、ユニバーサルデザイン7原則をベースに、以下の4つをOKIにおけるユニバーサルデザインのコンセプトとしています。

分かりやすいインターフェース

  • 利用者の経験や知識にかかわらず利用できるよう、使い方を単純明解にし、分かりやすい用語や言い回しによる操作誘導を行う。
  • 操作ミスに対しては警告を出し、利用者自身の意志で戻れるようにする。
  • 絵文字(ピクトグラム)など、直感的に理解させる手段を活用する。

分かりやすさに配慮したATMの振込み画面の図です。入力を進めると、振込みに必要な情報が徐々に埋まっていく様子が分かります。

心身ストレスが少ないこと

  • 利用者の体格や筋力、姿勢などの違いに配慮し、寸法やレイアウトを検討する。
  • 車椅子利用者や介助者のために、端末周辺のスペースを確保する。
  • 個人情報が他人に知られない配慮をする。

車椅子の人が使うATMの設計においては、リーチ、視野、高さ、奥行きなどの寸法に配慮しています。

選べる操作方法

加齢や障害による感覚能力の低下や喪失によって、利用やサービスが制限されたり差別感を感じることのないよう、操作手段を複数用意する。

例: 重要な情報を提示する際は、「表示」と「音声」のように複数の感覚に作用する方法を組み合わせます。

親しみやすく美しいこと

利用に対する不安や抵抗を感じさせないよう、誰もが親しみや魅力を感じ、「使ってみたい」と思うような美しい外観や画面デザインを提供する。

ページの先頭へ