• 商品サービス
  • 投資家の皆様へ
  • OKIについて
  • 採用情報
  • お問い合わせ
  • サイトマップ

現在位置:Home > OKIについて > 投資家の皆様へ > 企業情報 > 社長メッセージ


投資家の皆様へ

企業情報 社長メッセージ 企業情報 社長メッセージ




沖電気工業株式会社
代表取締役社長
鎌上信也

みなさまには平素より弊社の経営に対しまして変わらぬご支援を賜り、厚く御礼申し上げます。

OKIグループの2017年度の業況は、情報通信事業やEMS事業は概ね堅調に推移し、プリンター事業では円安の効果があったものの、メカトロシステム事業において海外市場でのATM販売が低調だったことから、売上高は前期比136億円減少の4,380億円となりました。営業利益は、物量減の影響があったものの前期に計上した一過性の損失がなくなったことから同52億円増加の77億円となりました。

経常利益は、前期に計上した為替差損48億円が、当期では為替差益2億円に転じたことなどから同109億円良化の85億円、親会社株主に帰属する当期純利益は、同12億円増加の59億円となりました。

2017年度の期末配当金につきましては、1株あたり30円を予定しております。

2018年度の計画は、売上高は前期比120億円増収の4,500億円、営業利益は同63億円増益の140億円、経常利益は同45億円増益の130億円、親会社株主に帰属する当期純利益は、同9億円減益の50億円といたしました。「中期経営計画2019」の初年度でした2017年度は、海外ATM事業での販売不振などにより、目標を達成することができませんでした。2018年度は持続的な成長への軌道に回帰するため、メカトロシステム事業では海外ATM事業の戦略の見直しと構造改革により、収益の回復に取り組みます。また、情報通信事業でのIoT関連共創ビジネスの一層の強化と既存事業による収益の確保、プリンター事業でのインダストリー市場深耕、EMS事業のさらなる拡大により、今期目標の達成を目指します。

2018年度の配当につきましては、上記計画と利益還元方針に基づき、1株あたり年間配当金50円(期末に実施予定)を計画しております。

引き続き株主のみなさまに対し、安定的かつ継続的な利益還元を最重要課題として取り組んでまいります。

株主、投資家のみなさまには、これまでと変わらぬご支援とご協力をよろしくお願い申し上げます。

2018年5月8日

関連資料

Get Adobe Reader
PDFの閲覧にはAdobe Readerが必要です。Adobe社のサイトからダウンロードしてください。

ページの先頭へ



All rights reserved, Copyright © 1995-2018 Oki Electric Industry Co., Ltd.