OKI Open up your dreams

現在位置:Home > サステナビリティ > OKIグループのESG > 株主・投資家のみなさまへの責任 > OKIグループのIR活動


サステナビリティ

OKIグループのESG 株主・投資家のみなさまへの責任

OKIグループのIR活動

OKIグループは、株主・投資家のみなさまに、企業概要、経営戦略、経営成績などの有用な情報を適時・適切に開示するよう努めています。経営の透明性を高め、信頼関係の構築や企業価値の向上を果たせるよう、専任部署であるIR室を中心に、情報開示やIR活動を積極的に推進するとともに、株主・投資家保護や証券市場の信頼性確保のため、フェア・ディスクローズに努めています。今後も会社法や金融商品取引法、東京証券取引所の適時開示に関する規則などの改正に的確に対応しながら、さらに迅速でわかりやすい情報発信に努めていきます。

機関投資家とのコミュニケーションを強化


事業戦略説明会の様子

OKIは、市場の声を適切に経営や事業活動に活かすことが経営の効率化と企業価値の向上につながるという認識のもと、社長をはじめ経営陣自らが、機関投資家・アナリスト向けの決算、経営説明会やIRミーティングなど、各種のコミュニケーション活動を実施しています。

具体的な取り組みとしては、欧州・北米・アジアなど海外におけるIRミーティングを積極的に行っているほか、国内でも証券会社が主催するIRカンファレンスへの参加、国内外の投資家・アナリストを対象とした個別ミーティングなどを通して、経営方針や事業の状況を説明しています。

IRサイトやニュースメールで情報を発信

OKIは、情報開示の公平性を保つため、決算情報をはじめとするさまざまなIR情報をウェブサイトに日本語・英語で掲載しており、投資家のみなさまにとってより使いやすいサイトを目指して継続的な改善に努めています。

IRサイトへの外部評価
  • 日興アイ・アール株式会社「2019年度 全上場企業ホームページ充実度調査」最優秀サイト
  • モーニングスター株式会社「Gomez IRサイトランキング2019」銀賞
  • 大和インベスター・リレーションズ株式会社「2019年インターネットIR表彰」優良賞

また、決算情報や証券取引所へのファイリング情報、新商品・サービスなどのプレスリリース情報、IRサイト更新情報などを「OKIニュースメール」(日本語・英語)としてまとめ、機関投資家ほかの方々に電子メールで随時配信しています。

フェア・ディスクローズへの対応

OKIグループは、株主・投資家保護や証券市場の信頼性確保のため、未公表の情報を利用した株式などの売買を行わないこと、また、その情報をほかの者に提供しないことを「OKIグループ行動規範」に明記しています。またディスクロージャー・ポリシーを制定し、ホームページ上で公開しています。

ページの先頭へ

公的研究費の不正使用および研究活動における不正行為等に係る通報も上記で受け付けます。

Special Contents

      お問い合わせ

      お問い合わせ