OKI Open up your dreams [OKI Home]-[商品・サービス]-[サイトマップ]

if Station SS3 シリーズ
Microsoft(R) Windows(R) 98 Operating System 日本語版
機種依存 補足説明書
沖電気工業株式会社

はじめに

本ファイルは、「Microsoft(R) Windows(R) 98 Operating System 日本語版」(以下 Windows 98 に省略) を利用する上で、本コンピュータに固有の項目について記述したものです。なお、本コンピュータでは、Windows 98 の初版をサポート致しません。あらかじめ、ご了承ください。

目次

ディスプレイ ドライバのインストール方法
サウンド ドライバのインストール方法
LAN ドライバのインストール方法
チップセット ドライバのインストール方法
3モード FD ドライバのインストール方法
3モード FD ドライバの削除方法
制限事項

↑上に戻る

ディスプレイ ドライバのインストール方法

以下の手順に従って、ディスプレイ ドライバをインストールしてください。
なお、プレインストール コンピュータにはインストール済みですので、あらためてインストールする必要はありません。

注意: 以下の手順では、CD-ROM ドライブのドライブ名が D: であることを前提として説明しております。ドライブ名が異なっている場合は、ご使用のコンピュータの CD-ROM ドライブ名に置き換えてお読みください。

<手順>
1) コンピュータに添付されている Driver Kit CD-ROM をドライブに挿入します。
2) [スタート] - [ファイル名を指定して実行] をクリックします。
3) [名前] エディット ボックスに以下を入力します。
D:\VGA\WIN98\SETUP.EXE
4) [OK] ボタンをクリックします。[ようこそ] ダイアログが表示されます。
5) [次へ] ボタンをクリックします。[ファイルコピーの開始] ダイアログが表示されます。
6) [次へ] ボタンをクリックします。
7) [セットアップの完了] ダイアログが表示されたなら、Driver Kit CD-ROMをドライブから取り出します。
8) [はい。直ちにコンピュータを再起動します。] を選択して [完了] ボタンをクリックします。Windows 98 が再起動されます。
9) Windows 98 が起動したら、インストールは終了です。

↑上に戻る

サウンド ドライバのインストール方法

以下の手順に従って、サウンド ドライバをインストールしてください。 なお、プレインストール コンピュータにはインストール済みですので、あらためてインストールする必要はありません。

注意: 以下の手順では、CD-ROM ドライブのドライブ名が D: であることを前提として説明しております。ドライブ名が異なっている場合は、ご使用のコンピュータの CD-ROM ドライブ名に置き換えてお読みください。

<手順>
1) コンピュータに添付されている Driver Kit CD-ROM をドライブに挿入します。
2) コントロール パネルの [システム] アイコンをダブルクリックします。
[システムのプロパティ] ダイアログ ボックスが表示されます。
3) [デバイスマネージャ] タブをクリックします。
4) [その他のデバイス] カテゴリ内の [PCI Multimedia Audio Device] デバイスをクリックします。
5) [プロパティ] ボタンをクリックします。
6) [ドライバの再インストール] ボタンをクリックします。[デバイスドライバの更新ウィザード] ダイアログが表示されます。
7) [次へ] ボタンをクリックします。
8) [現在使用しているドライバよりさらに適したドライバを検索する (推奨)] を選択して、[次へ] ボタンをクリックします。
9) [検索場所の指定] チェックボックスをチェックし、エディットボックスに以下を入力します。
D:\AUDIO\WIN98SE
10) [次へ] ボタンをクリックします。
[YAMAHA AC-XG Audio Device] と表示されます。
11) [次へ] ボタンをクリックします。
12) [完了] ボタンをクリックします。[YAMAHA AC-XG Audio Deviceプロパティ] ダイアログが表示されます。
13) [閉じる] ボタンをクリックします。
[システムのプロパティ] ダイアログ ボックスが表示されます。
14) [OK] ボタンをクリックします。
15) Driver Kit CD-ROM を ドライブから取り出します。
16) Windows98を再起動します。再起動したらインストールは終了です。

↑上に戻る

LAN ドライバのインストール方法

以下の手順に従って、LAN ドライバをインストールしてください。
なお、プレインストール コンピュータにはインストール済みですので、あらためてインストールする必要はありません。

注意: 以下の手順では、CD-ROM ドライブのドライブ名が D: であることを前提として説明しております。ドライブ名が異なっている場合は、ご使用のコンピュータの CD-ROM ドライブ名に置き換えてお読みください。

<手順>
1) コンピュータに添付されている Driver Kit CD-ROM をドライブに挿入します。
2) コントロール パネルの [システム] アイコンをダブルクリックします。
[システムのプロパティ] ダイアログ ボックスが表示されます。
3) [デバイスマネージャ] タブをクリックします。
4) [その他のデバイス] カテゴリ内の [PCI Ethernet Controller] デバイスをクリックします。
5) [プロパティ] ボタンをクリックします。
6) [ドライバの再インストール] ボタンをクリックします。[デバイスドライバの更新ウィザード] ダイアログが表示されます。
7) [次へ] ボタンをクリックします。
8) [現在使用しているドライバよりさらに適したドライバを検索する (推奨)] を選択して、[次へ] ボタンをクリックします。
9) [検索場所の指定] チェックボックスをチェックし、エディットボックスに以下を入力します。
D:\LAN\WIN98
10) [次へ] ボタンをクリックします。
[Realtek RTL8139 Family PCI Fast Ethernet NIC] と表示されます。
11) [次へ] ボタンをクリックします。
[バージョンの競合] ダイアログ ボックスが表示された場合は、 [はい] ボタンをクリックします。
12) [完了] ボタンをクリックします。[システム設定の変更] ダイアログ ボックスが表示され、再起動を要求されます。
13) Driver Kit CD-ROM を ドライブから取り出します。
14) [はい] ボタンをクリックします。
15) Windows 98 が再起動したら、インストールは終了です。

↑上に戻る

チップセット ドライバのインストール方法

以下の手順に従って、ディスプレイ ドライバをインストールしてください。
なお、プレインストール コンピュータにはインストール済みですので、あらためてインストールする必要はありません。

注意: 以下の手順では、CD-ROM ドライブのドライブ名が D: であることを前提として説明しております。ドライブ名が異なっている場合は、ご使用のコンピュータの CD-ROM ドライブ名に置き換えてお読みください。

<手順>
1) コンピュータに添付されている Driver Kit CD-ROM をドライブに挿入します。
2) [スタート] - [ファイル名を指定して実行] をクリックします。
3) [名前] エディット ボックスに以下を入力します。
D:\CHIPSET\SETUP.EXE
4) [OK] ボタンをクリックします。[ようこそ] ダイアログが表示されます。
"VIA Service Pack 4.29V"プログラムが起動されます。
5) [Welcome] ダイアログの [Next] ボタンをクリックします。
6) [VIA Service Pack 1 README] ダイアログの [Yes] ボタンをクリックします。
7) [Select Components] ダイアログの下記の項目をチェックしてして [Next] ボタンをクリックします。
"VIA ATAPI Vendor Support Driver"
"VGP VxD Driver"
"IRQ Routing miniport Driver"
"VIA INF Driver 1.20"
8) [ATAPI Vendor Support Driver 3.01.1] ダイアログの[Install VIA ATAPI Vendor Support Driver] を選択して、[Next] ボタンをクリックします。
9) [Click to Enable DMA Mode] をチェックして、[Next] ボタンをクリックします。
10) [VIA_GART AGP Driver 4.05] ダイアログの [Install VIA AGP VxD in Turbo Mode] を選択して[Next] ボタンをクリックします。[IRQ Routing Driver 1.30] ダイアログが表示されます。
11) [Install VIA IRQ Routing Miniport Driver] を選択して、[Next] ボタンをクリックします。
12) [Setup Complete] ダイアログの [Yes, I Want to restart my Computer now.] を選択して[Finish] ボタンをクリックします。

↑上に戻る

3モード FD ドライバのインストール方法

以下の手順に従って、3モード FD ドライバをインストールしてください。

<手順>
1) コンピュータに添付されている Driver Kit CD-ROM をドライブに挿入します。
2) [スタート] - [ファイル名を指定して実行] をクリックします。
3) [名前] エディット ボックスに以下を入力します。
D:\3MODE\WIN98\SETUP.EXE
4) [OK] ボタンをクリックします。[3 Mode Floppy Driver Setup] ダイアログが表示されます。
5) [Yes] ボタンをクリックします。[Advanced INF Install] ダイアログが表示されます。
6) [はい] ボタンをクリックします。Windows 98 が再起動したら、インストールは終了です。

3モード FD ドライバに関する制限事項は、ハードディスクのC:\OKIにあるREADME98.TXT を参照してください。

↑上に戻る

3モード FD ドライバの削除方法

以下の手順に従って、3モード FD ドライバを削除してください。

<手順>
1) コントロール パネルの [システム] アイコンをダブルクリックします。
[システムのプロパティ] ダイアログ が表示されます。
2) [デバイス マネージャ] タブをクリックします。
3) [フロッピー ディスク コントローラ] カテゴリ内の、[3 Mode Floppy Driver]デバイスをクリックします。
4) [削除] ボタンをクリックします。[デバイス削除の確認] ダイアログ ボックスが表示されます。
5) [OK] ボタンをクリックします。
6) エクスプローラで、"C:\WINDOWS\SYSTEM\IOSUBSYS\A3MFDD.VxD" ファイルを削除します。
7) Windows 98 を再起動します。
8) Windows 98 が再起動したら、削除は終了です。

↑上に戻る

制限事項

以下に示す本コンピュータ固有の制限事項があります。あらかじめ、ご了承ください。

(1) PCMCIAスロットについて

複数のUSBストレージデバイス(USB-HDDなど)とPCMCIAストレージデバイス (Flashカードなど)を同時に使用するとシステムが不安定になる場合があります。
お使いにならないデバイスは、はずして運用するようにしてください。

(2) マルチモニタ

本コンピュータに標準で搭載されているディスプレイ アダプタは、マルチモニタに対応していません。

(3) スクリーンセーバーについて

スクリーンセーバーとディスプレイの省電力機能(モニタの電源を切る)を同時に設定しないでください。同時に設定した場合、モニタの電源を切った後、復帰する時にハングアップしてしまう場合があります。

(4) CONFIG.SYSについて

C:\CONFIG.SYSに、”DOS=HIGH,UMB”を追加するとスタンバイ後、復帰する時にハングアップしてしまいます。”DOS=HIGH,UMB”は追加しないでください。

(5) MIDIファイルの演奏について

PCMCIAストレージデバイス(Flashカードなど)を使用した場合、MIDIファイルが演奏できなくなることがあります。MIDIファイルを演奏するにはWindowsを再起動してください。

Rev1.00 2001年 6月
沖電気工業株式会社
Copyright (c) 2001 Oki Electric Industry Co., Ltd.

Windows 98 の正式名称は、「Microsoft(R) Windows(R) 98 Operating System 日本語版」です。
MS、Microsoft、MS-DOS、Windows、Windows NT、および Windows ロゴ は、米国 Microsoft Corporation の米国およびその他の国における登録商標または商標です。
その他、記載されている会社名、製品名は、各社の商標および登録商標です。


戻る