OKI Open up your dreams [OKI Home]-[商品・サービス]-[サイトマップ]

if Note PN シリーズ
Microsoft(R) Windows(R) 98 Operating System 日本語版
機種依存 補足説明書
沖電気工業株式会社

はじめに

本ファイルは、「Microsoft(R) Windows(R) 98 Operating System 日本語版」(以下 Windows 98 に省略) を利用する上で、本コンピュータに固有の項目について記述したものです。なお、特定の版数の Windows 98 を対象とした項目には、その旨の記述をしています。

目次

ディスプレイ ドライバのインストール方法
モニタの設定
サウンド ドライバのインストール方法
モデム ドライバのインストール方法
赤外線通信 (FIR) ドライバのインストール方法
スリープ マネージャ
ノートブック マネージャ
ホットキー パネル ドライバ
タッチパッド ユーティリティ
デュアル ディスプレイの設定
パワーキー ユーティリティ
制限事項

ディスプレイ ドライバのインストール方法

以下の手順に従って、ディスプレイ ドライバをインストールしてください。
なお、プレインストール コンピュータにはインストール済みですので、あらためてインストールする必要はありません。

注意: 以下の手順では、CD-ROM ドライブのドライブ名が D: であることを前提として説明しております。ドライブ名が異なっている場合は、ご使用のコンピュータのCD-ROM ドライブ名に置き換えてお読みください。

<手順>

1) コンピュータに添付されている Driver Kit CD-ROM をドライブに挿入します。
2) [スタート] - [ファイル名を指定して実行] をクリックします。
3) [名前] エディット ボックスに以下を入力します。
D:\WIN98\VGA\SETUP.EXE
4) [OK] ボタンをクリックします。[ようこそ] ダイアログが表示されます。
5) [次へ] ボタンをクリックします。[製品ライセンス契約] ダイアログが表示されます。
6) [はい] ボタンをクリックします。ファイルのコピー後、[セットアップの完了]ダイアログが表示されます。
7) [はい、直ちにコンピュータを再起動します。] を選択し、[完了] ボタンをクリックします。
8) Windows 98 が再起動したら、インストールは終了です。

↑上に戻る

モニタの設定

本コンピュータは、ディスプレイ ドライバをインストールするとデュアル ディスプレイモードになります。
以下の手順に従って、モニタの設定をしてください。

<手順>

1) コントロール パネルの [画面] アイコンをダブルクリックします。[画面のプロパティ] ダイアログが表示されます。
2) [設定] タブをクリックします。
3) [1] と書かれたディスプレイ マークをクリックします。
4) [詳細] ボタンをクリックします。
5) [モニタ] タブをクリックします。
6) [変更] ボタンをクリックします。[デバイスの選択] ダイアログが表示されます。
7) 以下の項目を選択して、[OK] ボタンをクリックします。
[製造元] : [(標準モニタの種類)]
[モデル] : [ラップトップ ディスプレイ パネル (1024 x 768)]
8) [RAGE MOBILTY-M1 AGP (日本語)のプロパティ] ダイアログの [閉じる] ボタンをクリックします。
9) [画面のプロパティ] ダイアログの [OK] ボタンをクリックします。

画面の出力を CRT のみで利用している場合は、ご使用の CRT用の設定にしてご使用ください。

↑上に戻る

サウンド ドライバのインストール方法

以下の手順に従って、サウンド ドライバをインストールしてください。
なお、プレインストール コンピュータにはインストール済みですので、あらためてインストールする必要はありません。

注意: 以下の手順では、CD-ROM ドライブのドライブ名が D: であることを前提として説明しております。ドライブ名が異なっている場合は、ご使用のコンピュータのCD-ROM ドライブ名に置き換えてお読みください。

<手順>

1) コンピュータに添付されている Driver Kit CD-ROM をドライブに挿入します。
2) [スタート] - [ファイル名を指定して実行] をクリックします。
3) [名前] エディット ボックスに以下を入力します。
D:\WIN98\AUDIO\SETUP.EXE
4) [OK] ボタンをクリックします。[Welcome] ダイアログが表示されます。
5) [Next >] ボタンをクリックします。[ESS Solo-1 Installation] ダイアログが表示されます。
6) [Upgrade Drivers] を選択して、[Next >] ボタンをクリックします。[Setup Complete] ダイアログが表示されます。
7) [More Languages] を選択して、[Next >] ボタンをクリックします。
8) Windows 98 の再起動中に以下のダイアログが表示されたら、[OK] ボタンをクリックします。[ファイルのコピー] ダイアログが表示されます。
Windows 98 Second Edition CD-ROM ラベルの付いたディスクを挿入して
[OK] をクリックしてください
9) Windows 98 Second Edition CD-ROM をドライブに挿入します。
10) [ファイルのコピー先] エディット ボックスに以下を入力して、[OK] ボタンをクリックします。
D:\WIN98
11) Windows 98 が起動したら、インストールは終了です。

<補足>

コントロールパネルの [システム] アプレットの [デバイスマネージャ] タブの [サウンド、ビデオおよびゲームコントローラ] カテゴリに、黄色 ! マーク付きの 空白デバイスが表示されることがありますが、このデバイスは自動で削除されます ので問題ありません。

↑上に戻る

モデム ドライバのインストール方法

以下の手順に従って、モデム ドライバをインストールしてください。
なお、プレインストール コンピュータにはインストール済みですので、あらためてインストールする必要はありません。

注意: 以下の手順では、CD-ROM ドライブのドライブ名が D: であることを前提として説明しております。ドライブ名が異なっている場合は、ご使用のコンピュータの CD-ROM ドライブ名に置き換えてお読みください。

<手順>

1) コンピュータに添付されている Driver Kit CD-ROM をドライブに挿入します。
2) [スタート] - [ファイル名を指定して実行] をクリックします。
3) [名前] エディット ボックスに以下を入力します。
D:\WIN98\MODEM\SETUP.EXE
4) [OK] ボタンをクリックします。[Welcome] ダイアログが表示されます。
5) [Next >] ボタンをクリックします。
6) [Yes, I want to restart my computer now.] を選択して、[Finish] ボタンをクリックします。Windows 98 が再起動されます。
7) Windows 98 が起動したら、インストールは終了です。

赤外線通信 (FIR) ドライバのインストール方法

以下の手順に従って、赤外線通信 (FIR) ドライバをインストールしてください。
なお、プレインストール コンピュータにはインストール済みですので、あらためてインストールする必要はありません。

注意: 以下の手順では、CD-ROM ドライブのドライブ名が D: であることを前提として説明しております。ドライブ名が異なっている場合は、ご使用のコンピュータの CD-ROM ドライブ名に置き換えてお読みください。

↑上に戻る

<手順>

1) コンピュータに添付されている Driver Kit CD-ROM をドライブに挿入します。
2) CD-ROM の "\WIN98" 下の "INFRARED" フォルダをハードディスクの任意の場所にコピーします。
3) コントロールパネルの [システム] アイコンをダブルクリックします。[システムのプロパティ] が表示されます。
4) [デバイスマネージャ] タブをクリックします。
5) [ネットワークアダプタ] カテゴリをダブルクリックします。
6) [赤外線 PnP シリアル ポート] を選択し、[削除] ボタンをクリックします。[デバイス削除の確認] ダイアログが表示されます。
7) [OK] ボタンをクリックします。[システム設定の変更] ダイアログが表示されます。
8) [今すぐ再起動しますか ?] と表示されるので、[はい] ボタンをクリックします。
9) 再起動時に [新しいハードウェアの追加ウィザード] が実行され、[赤外線 PnP シリアル ポート] が検出されます。
10) [次へ] ボタンをクリックします。
11) [使用中のデバイスに最適なドライバを検索する(推奨)] を選択して、[次へ] ボタンをクリックします。
12) [検索場所の指定] チェックボックスをチェックし、エディットボックスに "C:\INFRARED" (手順 2で "C:\" にコピーした場合) を入力します。
13) [次へ] ボタンをクリックします。
14) [更新されたドライバ(推奨)] IrDA Fast Infrared Port を選択し、[次へ] ボタンをクリックします。
15) [次のデバイス用のドライバファイルを検索します。IrDA Fast Infrared Port]と表示されるので、 [次へ] ボタンをクリックします。
16) [ディスクの挿入] ダイアログが表示されたなら、[OK] ボタンをクリックします。[ファイルのコピー] ダイアログが表示されます。
Windows 98 Second Edition CD-ROM ラベルの付いたディスクを挿入して
[OK] をクリックしてください
17) [ファイルのコピー先] エディット ボックスに以下を入力して、[OK] ボタンをクリックします。
D:\WIN98
18) [IrDA Fast Infrared Port 新しいハードウェアデバイスに必要なソフトウェアがインストールされました] が表示されたなら、[完了] ボタンをクリックします。[システム設定の変更] ダイアログが表示されます。
19) [今すぐ再起動しますか ?] と表示されるので、[いいえ] ボタンをクリックします。再度 [システム設定の変更] ダイアログが表示されます。
20) [今すぐ再起動しますか ?] と表示されるので、[いいえ] ボタンをクリックします。
21) "C:\INFRARED" 下にある、"NSCIRDA.SYS" を "C:\WINDOWS\SYSTEM" 下にコピーします。(手順 2で "C:\" にコピーした場合) [ファイルの上書きの確認] ダイアログが表示された場合、[はい] ボタンをクリックします。
22) コントロールパネルの [ネットワーク] アイコンをダブルクリックします。[ネットワーク] ダイアログが表示されます。
23) [現在のネットワークコンポーネント] の中の、[IrDA Fast Infrared Port] を選択し、[プロパティ] ボタンをクリックします。
24) [詳細設定] タブをクリックします。
25) [プロパティ] 欄の [Infrared Transceiver] をクリックします。
26) [値] リストボックスを、[HP HSDL-1100/2100] を [IBM31T1100] に変更し、[OK] ボタンをクリックします。
27) [ネットワーク] ダイアログの [OK] ボタンをクリックします。[システム設定の変更] ダイアログが表示されます。
28) [今すぐ再起動しますか ?] と表示されるので、[はい] ボタンをクリックします。Windows 98 が再起動されます。
29) コントロールパネルの [システム] アイコンをダブルクリックします。[システムのプロパティ] ダイアログが表示されます。
30) [デバイスマネージャ] タブをクリックします。
31) [赤外線] カテゴリをダブルクリックします。
32) 2つある [赤外線通信デバイス] の下側を選択し、[削除] ボタンをクリックします。[デバイス削除の確認] ダイアログが表示されます。
33) [OK] ボタンをクリックします。
34) [今すぐ再起動しますか ?] と表示されるので、[はい] ボタンをクリックします。Windows 98 が再起動されます。
35) Windows 98 が起動したら、インストールは終了です。

↑上に戻る

スリープ マネージャ

スリープ マネージャは、本コンピュータのパワー マネージメント機能であるハイバネーション機能を有効にするために必要な領域を作成するユーティリティです。この領域がないと、ハイバネーションモードに切り替われません。
ハイバネーション機能をご利用になる場合、コンピュータに添付されている Driver Kit CD-ROM の WIN98\SLEEPMGRフォルダにある SETUP.EXE を起動し、画面の指示に従って、インストールしてください。
なお、プレインストール コンピュータにはインストール済みですので、あらためてインストールする必要はありません。
操作方法は、コンピュータに添付されているオペレーション ガイドをお読みください。

<補足>

ハイパーネーションを使用する場合は、コントロールパネルの [電源の管理] アプレットの [休止状態] タブで、[休止状態をサポートする] チェック ボックスをチェックしておく必要があります。

ノートブック マネージャ

ノートブック マネージャは、本コンピュータの各種情報を表示、設定するユーティリティです。
コンピュータに添付されている Driver Kit CD-ROM の \WIN98\NBMGR フォルダにある SETUP.EXEを起動し、画面の指示に従って、インストールしてください。
なお、プレインストール コンピュータにはインストール済みですので、あらためてインストールする必要はありません。
操作方法は、コンピュータに添付されているオペレーション ガイドをお読みください。

↑上に戻る

ホットキー パネル ドライバ

ホットキー パネル ドライバ は、ノートブックマネージャを Fn + F2 キーで起動させるドライバです。
ノートブック マネージャをインストールした後に、コンピュータに添付されている Driver Kit CD-ROM の \WIN98\HKPANEL フォルダにある SETUP.EXE を起動し、画面の指示に従って、インストールしてください。
なお、プレインストール コンピュータにはインストール済みですので、あらためてインストールする必要はありません。

タッチパッド ユーティリティ

タッチパッド ユーティリティーは、本コンピュータのタッチパッドの機能を拡張するユーティリティです。
本ユーティリティをご使用される場合は、コンピュータに添付されている Driver Kit CD-ROM の \WIN98\TOUCHPAD\ENGLISH フォルダにある SETUP.EXE を起動し、画面の指示に従って、インストールしてください。
なお、プレインストール コンピュータにはインストール済みですので、あらためてインストールする必要はありません。

<補足>

1) インストール時に日本語表示が正しくされない部分がありますが、動作上問題はありません。
2) [マウスのプロパティ] 内の [その他の機能] - [外部 PS/2 ポート] の設定に[TouchPad と外部マウスを同時使用] の項目がありますが、外部 PS/2 マウスを接続した場合、外部 PS/2 マウスのみ有効となります。

↑上に戻る

デュアル ディスプレイの設定

本コンピュータでは、本体 LCD と外付けモニタを使用して、マルチ モニタ機能をご使用できます。以下の手順に従って、設定してください。
なお、本機能は、動作可能範囲内でご利用ください。

<手順>

1) 本コンピュータの電源が切れている状態で、外付けモニタを接続します。
2) Windows98 の再起動後、新しいデバイスとして [モニタ] が検出されます。この時表示されるモニタ名称は、PnP 対応モニタをご使用の場合は [モニタの正式名称]、未対応またはモニタを接続していない場合は 「モニタ不明」 となります。
3) コントロール パネルの [画面] アイコンをダブルクリックします。[画面のプロパティ] ダイアログが表示されます。
4) [設定] タブをクリックします。
5) [画面のプロパティ] ダイアログの上部に表示されている [2] と書かれたディスプレイ マークをクリックします。
6) 以下のメッセージが表示されますので、[はい] ボタンをクリックします。
[モニタ #2]
選択したモニタは現在使用不可にされています。このモニタを使用可
能にすると、Windows デスクトップの一部として使用できます。
(中略)
このモニタを使用可能にしますか?
7) [画面のプロパティ] ダイアログの [OK] ボタンをクリックします。

パワーキー ユーティリティ

パワーキー ユーティリティは、本コンピュータの電源管理を Fn + F3 キーにより設定するドライバです。設定した値は、コントロール パネルの [電源の管理] の [電源設定] に反映されます。
コンピュータに添付されている Driver Kit CD-ROM の \WIN98\POWERKEY フォルダにある POWERKEY141.EXE を起動し、画面の指示に従って、インストールしてください。

↑上に戻る

制限事項

以下に示す本コンピュータ固有の制限事項があります。あらかじめ、ご了承ください。

(1) スクロール ボタンについて
[マウスのプロパティ] の [ボタンの動作] タブの設定を表示し、ダイアログ閉じた場合、スクロール ボタンが正常に動作しなくなることがあります。この場合、コントロール パネルの [アプリケーションの追加と削除] から [Synaptics TouchPad] を削除し、Windows 98 を再起動した後、タッチパッド ユーティリティを再度インストールしてください。

(2) スタンバイ状態への移行について
スタンバイ状態に移行するときにタッチパッドやキーボードを触った場合、タッチパッド入力およびキー押下でスタンバイ状態から復帰しなくなる場合があります。
その場合は電源スイッチでスタンバイ状態から復帰してください。

Rev1.10 2000年 2月
沖電気工業株式会社
Copyright (c) 2000 Oki Electric Industry Co., Ltd.

Windows 98 の正式名称は、「Microsoft(R) Windows(R) 98 Operating System 日本語版」です。
MS、Microsoft、MS-DOS、Windows、Windows NT、および Windows ロゴ は、米国 Microsoft Corporation の米国およびその他の国における登録商標または商標です。
その他、記載されている会社名、製品名は、各社の商標および登録商標です。


戻る