OKI Open up your dreams [OKI Home]-[商品・サービス]-[サイトマップ]

if Station GF シリーズ
Microsoft(R) Windows(R) 95 operating system 日本語版
機種依存 補足説明書

沖電気工業株式会社

はじめに

本ファイルは、「Microsoft(R) Windows(R)95 operating system 日本語版」(以下Windows 95に省略)を利用する上で、本コンピュータに固有の項目について記述したものです。

目次

ディスプレイ解像度
リフレッシュレート設定ユーティリティ
バックアップCD-ROMからの復旧について
ディスプレイドライバのインストール方法
USBドライバのインストール方法
IDEドライバのインストール方法
LANドライバのインストール方法
サウンドボードを増設している場合のサウンドドライバのインストール方法
音声入力の設定
3モードFDドライバのインストール方法
3モードFDフォーマッタについて
制限事項

ディスプレイ解像度

if Station GF シリーズでは、次表の"可"マークのディスプレイ解像度をご使用できます。なお、"可"マーク以外の解像度は、設定できないか、もしくは設定できても正常に動作しません。あらかじめ、ご了承ください。

発色数
解像度

16

256

16Bit

24Bit

32Bit
640x 480

可(1)

720x 480

--

800x 600

--

848x 480

--

864x 480

--

1024x 600

--

1024x 768

--

1152x 864

--

1280x1024

--

--
1600x1200

--

--

--

(1) 設定可能ですが、再起動すると画面のプロパティの「ATI」のタブは表示されません。

 ↑上に戻る

リフレッシュレート設定ユーティリティ

if Station GF シリーズには、モニタのリフレッシュレート設定ユーティリティが付いています。コントロールパネルの画面のプロパティから設定することが可能です。

バックアップCD-ROMからの復旧について

(1)バックアップCDからWindows 95を復旧したときに、Windows 95セットアップウィザードで[コンピュータの調査]画面が表示されます。ここで、ハードウェアのチェックボックスにはチェックをせずに「次へ」をクリックしてください。ハードウェアのチェックボックスにチェックした場合、CD-ROMをアクセスできなかったり、システムのパフォーマンスが低下したりします。

(2)バックアップCDからWindows 95を復旧したときに、プレインストール状態に戻すためには、Windows 95に付属する「USBサプリメントモジュール」もインストールする必要があります。「USBサプリメントモジュール」はバックアップCD-ROMの \OTHER\USB フォルダにあります。インストール方法は \OTHER\USB の中にあるREADME.TXTを、ご覧ください。

ディスプレイドライバのインストール方法

プレインストールコンピュータについては、既に組込まれているのでインストールの必要はありません。プレインストール以外のコンピュータについては、次の手順に従って組込むようにして下さい。

 ↑上に戻る

USBドライバのインストール方法

プレインストールコンピュータについては、既に組込まれているのでインストールの必要はありません。プレインストール以外のコンピュータについては、次の手順に従って組込むようにして下さい。

 ↑上に戻る

IDEドライバのインストール方法

プレインストールコンピュータについては、既に組込まれているのでインストールの
必要はありません。プレインストール以外のコンピュータについては、次の手順に従
って組込むようにして下さい。

注意)
IDEドライバのインストール後にコンピュータが再起動されますので、実行中のアプリケーションは終了しておいて下さい。

 ↑上に戻る

LANドライバのインストール方法

プレインストールコンピュータについては、既に組込まれているのでインストールの必要はありません。プレインストール以外のコンピュータについては、次の手順に従って組込むようにして下さい。

*実際にLANに接続するにはNetBEUI等のプロトコルの設定が必要です。設定方法はWindows 95のヘルプを参照してください。

 ↑上に戻る

サウンドボードを増設している場合のサウンドドライバのインストール方法

サウンドドライバを再インストールする場合は、以下の手順に従ってください。

※サウンドドライバは、ディスプレイドライバやLANドライバのCD-ROMとは別の媒体になっています。

 ↑上に戻る

音声入力の設定

音声入力機能をご使用になる場合は、以下の方法で入力方法を選択してください。

3モードFDドライバのインストール方法

3モードFDドライバをご使用になる場合の組み込み手順は、Docディレクトリ内の3MODEFD.TXTを参照してください。

3モードFDフォーマッタについて

コンピュータに添付されているドライバCD-ROMの"F:\3MODE\WIN95\FORMAT"ディレクトリに3モードFDのフォーマット用のモジュールが入っています。
ご使用時にはSETUP.EXEを起動してインストールを行って下さい。なお、本モジュールは、動作可能範囲内でご利用下さい。

 ↑上に戻る

制限事項

Windows 95には、以下に示す本コンピュータ固有の制限事項があります。
あらかじめ、ご了承ください。

1)USBデバイスを使用する場合のBIOS設定について

BIOS設定でUSB Host Controllerが"Disabled"の場合、接続されているUSBデバイスが正常に動作しません。"Enabled"に設定してご使用ください。
プレインストールコンピュータについては、既に設定されているので設定の必要はありません。

[設定手順]

2)SCSIデバイスを使用する場合のBIOS設定について

SCSIデバイスを使用している場合は、サスペンド機能をご使用になれません。Windowsの[スタート]ボタン->[サスペンド]ボタンでサスペンドを行わないでください。
サスペンド後にキー入力等でレジュームさせても、画面に何も表示されなかったり、ネットワークデバイスが正常に動作しなくなります。
また、BIOS設定でスリープタイマが設定されている場合は、"OFF"に設定してください。

[設定手順]

 ↑上に戻る

3)CDの自動再生の障害

本コンピューターでCDの自動再生を有効にしている場合、サスペンド/レジューム後のシャットダウンでハングアップしてしまう場合があります。CDの自動設定を無効に設定してご使用ください。プレインストールコンピュータについては、既に設定されているので設定の必要はありません。

[設定手順]

4)IDEコントローラの障害

本コンピュータの起動時に次のようなメッセージが表示される場合があります。この場合は「エラーの復旧方法」の手順にしたがってエラーを復旧してください。
「エラーの復旧方法」を実施しない場合、CD-ROMをアクセスできなかったり、システムのパフォーマンスが低下したりします。

---表示されるメッセージ---

マルチファンクションデバイス(Intel 82371AB/EB PIC Bus Master IDE Controller)
には,32ビットドライバを使っている子デバイスと,互換モードドライバを使っている
子デバイスがあります。この設定はサポートされていませんので、エラー回避のため
にコンピュータは停止されています。コンピュータを再起動した後で,Windowsは,
このマルチファンクションデバイスに付いている各々の子デバイス用の,互換モード
ドライバを使います。32ビットドライバを使用する場合は,製造元に連絡して,問題
の起きたデバイス用の,新しいドライバを入手するか,または,デバイスを使用不可
にしてください。

 ↑上に戻る

[エラーの復旧方法1]

[エラーの復旧方法2]

Rev1.00 1998年12月
沖電気工業株式会社
Copyright(C) 1998 Oki Electric Industry Co.,Ltd.

Windows 95の正式名称は「Microsoft(R) Windows(R) 95 operating system 日本語版」です。
Microsoft,MS,MS-DOS,Windowsは米国Microsoft Corporationの登録商標です。
その他、記載されている会社名、製品名は、各社の登録商標または商標です。


戻る