OKI Open up your dreams [OKI Home]-[商品・サービス]-[サイトマップ]

if Station DXシリーズ
Microsoft(R) Windows(R) 95 operating system 日本語版
機種依存 補足説明書

沖電気工業株式会社

はじめに

本ファイルは、「Microsoft(R) Windows(R)95 operating system 日本語版」(以下Windows95に省略)を利用する上で、本コンピュータに固有の項目について記述したものです。

目次

プレインストールコンピュータをお使いの方への注意
Windows3.1からのアップグレード時の注意事項
ディスプレイ解像度
リフレッシュレート設定ユーティリティ
制限事項
カレンダー補正用ドライバ

プレインストールコンピュータをお使いの方への注意

次のディレクトリ以下のファイルをFDにバックアップしてください。

バックアップの手順は以下のとおりです。

Windows3.1からのアップグレード時の注意事項

if Station DXシリーズには、モニタのリフレッシュレート設定ユーティリティが付いていますが、Windows95ではインストールできません。ハードディスク内にWINMODE.EXEがない場合は、Windows95をインストールする前に、Windows3.1上で、高解像度ディスプレイドライバをインストールした後に、次のディレクトリ以下のファイルをFDにバックアップしてください。

バックアップの手順は以下のとおりです。

ディスプレイ解像度

if Station DXでは、次表の"可"マークのディスプレイ解像度をご使用できます。
なお、"可"マーク以外の解像度は、設定できないか、もしくは設定できても正常に動作しません。あらかじめ、ご了承ください。

発色数 16 256 16Bit 24Bit 32Bit
解像度
640x 480
800x 600  
1024x 768    
1280x1024        

リフレッシュレート設定ユーティリティ

if Station DXシリーズには、モニタのリフレッシュレート設定ユーティリティが付いています。次に示す文字列がAUTOEXEC.BATにあることを確認してください。

    C:\WINDOWS\VGAUTIL\WINMODE.EXE t640=60 t800=75 t1024=70 t1280=60

制限事項

Windows95には、以下に示す本コンピュータ固有の制限事項があります。あらかじめ、ご了承ください。

1)パラレルポートの設定

    1.1)CMOS RAMでパラレルポートを"Disabled"に設定した場合でも、Windows95インストール時にパラレルポートを自動検出してしまいます。パラレルポートを使用しない場合は、Windows95のインストール後に、コントロールパネルのシステムで設定してください。

    <設定手順>
    a)「スタート」->「設定」->「コントロールパネル」->「システム」を開き、「デバイスマネージャ」タブを指定します。
    b)「ポート(COM/LPT)」をダブルクリックします。
    c)検出したパラレルポート(プリンタポート(LPT1)等)をダブルクリックします。
    d)[デバイスの使用]項目のチェックマークをクリックし、外します。
    e)[OK]ボタンをクリックします。

    1.2)CMOS RAMでパラレルポートの「Operation Mode」は、"Standard"以外はご使用しないでください。Windows95には対応しておりません。あらかじめ、ご了承ください。

2)シリアルポートの設定

CMOS RAMでシリアルポートを"Disabled"に設定した場合でも、Windows95インストール時にシリアルポートを自動検出してしまいます。シリアルポートを使用しない場合は、Windows95のインストール後に、コントロールパネルのシステムで設定してください。

<設定手順>
b)「ポート(COM/LPT)」をダブルクリックします。
c)検出したシリアルポート(通信ポート(COM1)等)をダブルクリックします。
d)[デバイスの使用]項目のチェックマークをクリックし、外します。
e)[OK]ボタンをクリックします。

3)ISA LANコントローラをお使いの場合の制限

IF48510,IF48511,IF48512の何れかの型番の沖電気製のISA LANコントローラを組み込んだ場合、Windows 95が LANコントローラを自動的に検出して必要な設定を行いますが、 LANコントローラと通信ポート(COM2)がIRQ3のリソースで競合するため、そのままではLANコントローラが使用できません。以下の手順で競合を回避してください。

<回避手順>
a)「スタート」->「設定」->「コントロールパネル」->「システム」を開き、「デバイスマネージャ」タブを指定します。
b)「ネットワークアダプタ」をダブルクリックします。
c)ここで「3Com EtherLink III ISA (***) in PnP mode」に黄色の丸にイクスクラメーションが入ったマークがついていることを確認してください。
競合が発生してLANコントローラが使用できないことを示しています。
d)「3Com EtherLink III ISA (***) in PnP mode」をダブルクリックして開き、「リソース」タブを指定します。
e)「手動設定」ボタンをクリックします。
f)「自動設定」のチェックボックスをクリックしてチェックマークを外します。
g)「IRQ」を選択して「設定変更」ボタンをクリックします。
h)「IRQ」の値を競合するデバイスのない値に変更します。
J)「OK」ボタンをクリックします。
K)「OK」ボタンをクリックし続けると、設定を有効にするため再起動を要求してくるので再起動してください。
L)起動後、a)〜c)の手順で、「3Com EtherLink III ISA (***) in PnP mode」から競合を示すマークが外れていることを確認してください。

カレンダー補正用ドライバ

本コンピュータは、標準で西暦2000年に対応していません。以下のデバイスドライバをCONFIG.SYSに組み込む事によって、対応可能です。沖電気製「Windows 95アダプテーションパッケージ」にある、以下のドライバを組み込みください。組み込み方法は、\Y2000\README.txtをご参照ください。

ドライバ名:PCLK95.SYS


Rev1.10 1999年 5月
沖電気工業株式会社
Copyright(C) 1999 Oki Electric Industry Co.,Ltd.


Windows 95の正式名称は「Microsoft(R) Windows(R) 95 operating system 日本語版」です。
Microsoft,MS,MS-DOS,Windowsは米国Microsoft Corporationの登録商標です。
その他、記載されている会社名、製品名は、各社の登録商標または商標です。


戻る