OKI Open up your dreams [OKI Home]-[商品・サービス]-[サイトマップ]

if Station MXシリーズ
Microsoft(R) MS-DOS(R) operating system Version 6.2/V
Microsoft(R) Windows(R) operating system Version 3.1
補足説明書


1996.3.26


はじめに
 本書は、当社より販売される「Microsoft(R) MS-DOS(R) operating system Version 6.2/V」(以下MS-DOS 6.2/Vに省略)及び「Microsoft(R) Windows(R) operating system Version3.1日本語版」(以下Windows 3.1に省略)を利用する上で、本コンピュータに特有な項目について記述したものです。本書と合わせて同梱のマニュアルも参照してください。
 Microsoft, MS, MS-DOS, Windowsは、米国Microsoft Corporationの米国及びその他の国における登録商標です。その他、記載されている会社名、製品名は、各社の登録商標または商標です。

Rev1.00 1996年3月
沖電気工業株式会社
Copyright(C) 1995 Oki Electric Industry Co.,Ltd.


T.バックアップのお勧め
 プレインストールモデルには、MS-DOS 6.2/VやWindows 3.1がインストールされていますが、システム媒体は添付されていません。万一のファイル破壊などに備え、購入後すぐにシステムのバックアップをとることをお勧めします。
 手順の詳細は、「バックアップおよびリストアの手順」(C:\OKI\BACKUP.OKIファイル)をご覧ください。ただし、以下のif Station MXシリーズ固有のドライバ及びユーティリティは、バックアップ及びリストアがされません。
@ISAコンフィグレーションユーティリティ(PLUGPLAYディレクトリ)
ACD-ROMデバイスドライバ(OAKディレクトリ)
B高精細ディスプレイドライバ(MACH64ディレクトリ)
C高精細ディスプレイドライバ(ATIディレクトリ)
Dサウンドドライバ(CRYSTALディレクトリ)
 これらドライバ及びユーティリティをバックアップ及びリストアするには、「バックアップおよびリストアの手順」に次の手順を追加してください。

■「1. FDを準備する」に追加する手順
 記述されているバックアップ用FDに加えて、以下のFDも準備してください。
PLUGPLAYディレクトリバックアップ用3枚
OAKディレクトリバックアップ用1枚
MACH64ディレクトリバックアップ用1枚
ATIディレクトリバックアップ用1枚
CRYSTALディレクトリバックアップ用2枚

■「3. バックアップをとる」に追加する手順
 手順(4)でWindowsディレクトリのバックアップが終了した後、同様の手順で各ディレクトリ(PLUGPLAY、OAK、MACH64、ATI、CRYSTAL)のバックアップを行ってください。
(例)PLUGPLAYディレクトリのバックアップ
  C:\> \SUPPLE\BACKUP C:\PLUGPLAY A: /S
 各ディレクトリのバックアップが終了したら、すべてのFDを書き込み禁止にしておいてください。

■「4. リストア(復旧)する」に追加する手順
 手順(6)の「Windowsバックアップ用FD」の記述の後に、次のバックアップ用FDを追加してリストアを行ってください。
PLUGPLAYバックアップ用FD
OAKバックアップ用FD
MACH64バックアップ用FD
ATI バックアップ用FD
CRYSTAL バックアップ用FD


U.MS-DOS 6.2/V編
▽MS-DOS 6.2/Vリリースノート
 コンピュータに同梱されている「MS-DOS 6.2/Vリリースノート」(C:\OKI\README.OKIファイル)を必ずお読みください。
 「MS-DOS 6.2/Vリリースノート」に対応機種として、if Station MXシリーズが書いていない場合がありますが、当社製MS-DOS 6.2/Vは、if Station MXシリーズにも対応していますのでそのままお使いください。


V.Windows 3.1編
1. ディスプレドライバ
 本コンピュータでは以下の画面モードがサポートされています。

画面モード(解像度と色数)
VGA640x480ドット 16色同時表示
SVGA
(高精細)
640x480ドット 256色同時表示
640x480ドット 32768色(32K色)同時表示
640x480ドット 65536色(65K色)同時表示
640x480ドット 1670万色(16.7M色)同時表示
800x600ドット 256色同時表示
800x600ドット 32768色(32K色)同時表示
800x600ドット 65536色(65K色)同時表示
800x600ドット 1670万色(16.7M色)同時表示
1024x768ドット 256色同時表示
1024x768ドット 32768色(32K色)同時表示
1024x768ドット 65536色(65K色)同時表示
1280x1024ドット 256色同時表示

2. 高精細用ディスプレドライバのご利用方法
▽Windows 3.1プレインストールモデルの場合
 プレインストールモデルをご利用される場合、高精細用ディスプレイドライバがインストールしてありますので、以下の手順で画面モードを変更してください。
(1) Windowsを起動してください。
(2) プログラムマネージャの「ATI DeskTop」グループを開き、「ATI DeskTop」を起動してください。
(3) 「FlexDesk+」を起動し、ご使用になりたい画面モードの解像度と色数を選択してください。(3.ATI DeskTopを参照)
(4) 「OK」を選択すると、ダイアログボックスが表示され、Windowsを再起動するか否かを聞いてきます。ここで、「Windows再起動(R)」を選択して、Windowsを再起動してください。

▽Windows 3.1パッケージをインストールされる場合
 当社のWindows 3.1パッケージを、ご利用してインストールされる場合、以下の手順で高精細用ディスプレイドライバをインストールしてください。インストールは、必ず、「ご使用モニタのリフレッシュレートの設定」、「ドライバのインストール」、「画面モード(解像度、色、フォント)の設定」の手順で行ってください。2回目以降の画面モードの変更は、プレインストールモデルの場合と同じ手順で行ってください。

@ ご使用モニタのリフレッシュレートの設定
(1) MS-DOS上で "VGA Utilities for DOS/WINDOWS/OS2(JAPAN)" の "Disk 1 of 3" をドライブ A: にセットして、コマンドラインから以下のように入力してください。
    A:\INSTALL.EXE[Enter]
(2) 「<e>nglish, <j>apanese?」と表示されますので「J」を入力してください。
(3) 「メインメニュー」が表示されますので、「簡易セットアップ」を選択してください。(選択は、反転表示を指定の位置に移動し、[Enter]キーを押すことにより行います)
(4) 「モニタ選択メニュー」が表示されますので、「カスタム」を選択してください。
(5) リフレッシュレートに関する警告メッセージが表示されますので、よくお読みになりました後、[Enter]キーを押してください。
(6) 「対応する解像度を選択」が表示されますので、各解像度ごとに、「解像度の選択」、「モードを選択(リフレッシュレートの設定)」、「スクリーン調節」を行ってください。
解像度リフレッシュレートスクリーン調節
640x480...60Hzノンインターレース画面の説明に従ってスクリーンの調節を行ってください。
800x600...75Hzノンインターレース画面の説明に従ってスクリーンの調節を2度行ってください。
1024x768...70Hzノンインターレース画面の説明に従ってスクリーンの調節を行ってください。
1280x1024...60Hzノンインターレース画面の説明に従ってスクリーンの調節を行ってください。
(7) すべての解像度の設定が終わりましたら、[Esc]キーを押してください。
(8) 「モニタのカスタムコンフィギュレーションは完了しましたか。(Y/N)」と表示されますので、リフレッシュレートが次のとおりに正しく設定されていることを確認して、「Y」キーを押してください。
640x480 :60Hz(選択された)
800x600 :75Hz(選択された)
1024x768 :70Hz(選択された)
1280x1024:60Hz(選択された)
(9) 「応用セットアップにより、より詳細な設定が可能です。保存しますか。(Y/N)」と表示されますので、カードが次のとおりに正しく設定されていることを確認して、「Y」キーを押してください。
[表示内容]
モニタタイプ :カスタム
パワーアップビデオモード :VGA(CV80)一次カラー
(10) 保存の準備完了と保存中の注意に関するメッセージが表示されますので、よくお読みになりました後、[Enter]キーを押してください。
(11) 「変更内容を有効にするには、再起動が必要です。再起動しますか。(Y/N)」と表示されますので、FDをドライブ A: から取り出して、「Y」キーを押してください。

A ドライバのインストール
(1) MS-DOS上で "VGA Utilities for DOS/WINDOWS/OS2(JAPAN)" の "Disk 1 of 3" をドライブ A: にセットして、コマンドラインから以下のように入力してください。
    A:\INSTALL.EXE[Enter]
(2) 「<e>nglish, <j>apanese?」が表示されますので、「J」を入力してください。
(3) 「メインメニュー」が表示されますので、「ドライバインストレーション」を選択してください。
(4) 「エンハンスドドライバをインストール」が表示されますので、「Microsoft Windows」を選択してください。
(5) 「ドライブ A: に2枚目のディスクを入れてください。」の旨が表示されますので、"VGA Utilities for DOS/WINDOWS/OS2(JAPAN)" の "Disk 2 of 3" をドライブ A: にセットして、[Enter]キーを押してください。
(6) 「Windows エンハンスドライバ」が表示されますので、「Win3.1ドライバをインストール」を選択してください。
(7) 「極東版Windows」が表示されますので「日本語版Windows 3.1」を選択してください。
(8) ドライバインストレーションプログラムについての説明が表示されますので、本説明をよくお読みになりました後、[Enter]キーを押してください。
(9) 「以下の手順でWindows 3.1のドライバをインストールします。」の旨が表示されますので、[Enter]キーを押してください。
(注意)表示メッセージが文字化けしている場合があります(下線部分)が、括弧内の文字に置き換えてお読みください。また、インストールには何ら問題もありませんので、続けて操作を行ってください。
  「以下の手順で・・・。また、ャtトウェアMpegプレイバック・ドライABAの・・・」
              (ソフ)              (バ) 
(10) 「Windows 3.1 エンハンスドドライバ」が表示されますので、「ディスプレイ・ドライバのみ」を選択してください。
(注意)表示メッセージが文字化けしている場合があります(下線部分)が、括弧内の文字に置き換えてお読みください。また、インストールには何ら問題もありませんので、続けて操作を行ってください。
  「ディスプレイ・ドライバ+ ャtトウェア(Mpeg)」
              (ソフ)
(11) ドライバのインストール先を聞いてきますので、Windowsが格納されているディレクトリ(通常はC:\WINDOWS)を入力して、[Enter]を押してください。
(12) ディスプレイドライバ・ユーティリティの格納先を聞いてきますので、デフォルト(C:\ATI)のままで[Enter]キーを押してください。
(13) 「ドライブ A: に1枚目のディスクを入れてください。」の旨が表示されますので、"VGA Utilities for DOS/WINDOWS/OS2(JAPAN)" の "Disk 1 of 3" をドライブ A: にセットして、[Enter]キーを押してください。
(14) 「Windowsドライバがインストールされました。」の旨が表示されますので、[Enter]キーを入力してください。
(15) [Esc]キーを2回入力してください。
(16) 「インストールを終了しますか。(Y/N)」と表示されますので、「Y」キーを押してください。
(17) FDをドライブ A: から取り出してください。
(18) 以下のコマンドを入力してください。
A:\>C:[Enter]
C:\>CD \WINDOWS[Enter]
C:\WINDOWS>SETUP[Enter]
(19) ↑キーで[ディスプレイ:]の項目に反転表示を移動し、[Enter]キーを押してください。
(20) 「mach64 Driver」の項目に反転表示を移動し、[Enter]キーを押してください。
(21) 「Microsoft Windows 3.1ディスク#2 or CD-ROMを挿入してください」と表示されますので、パス名を以下のとおりに入力し、[Enter]キーを押してください。
    パス名:C:\WINDOWS\SYSTEM
(22) [Enter]キーを2回押してください。

B画面モード(解像度、色、フォント)の設定
(1) Windowsを起動してください。
(2) プログラムマネージャの「ATI DeskTop」グループを開き、「ATI DeskTop」を起動してください。
(3) 「FlexDesk+」を選択して、ご使用になりたい画面モードの解像度と色数を設定してください。(3.ATI DeskTopを参照)
(4) 「詳細設定(A)」を選択して、フォントを以下のとおりに設定してください。設定が終了したら、「OK」を選択してください。(3.ATI DeskTopを参照)
・「自動」チェックボックスをオフにします。
・「小文字フォント」を選択します。
(5) 「FlexDesk+」に戻りますので、「OK」を選択すると、ダイアログボックスが表示され、Windowsを再起動するか否かを聞いてきます。ここでは「Windows再起動(R)」を選択して、Windowsを再起動してください。


3.ATI DeskTop
 ATI DeskTopは、プログラムマネージャのATI DeskTopグループに登録されています。ATI DeskTopを起動すると次の画面が表示されます。

 ATI DeskTopでは以下の設定ができます。
@ FlexDesk+:スクリーンサイズ、色、デスクトップサイズの設定
A DPMS:ディスプレイ節電パラメータの設定
B DeskScape:DeskScapeのバンとズームのキーの設定。
C WinSwitch:直接切替モードの設定。
D スクリーン調整:スクリーンのサイズと位置の調整。


以下では、FlexDesk +とスクリーン調整について説明します。DPMS、DeskScape、WinSwitchについては、オンラインヘルプを参照してください。
■FlexDesk +
 FlexDesk +を選択すると次の画面(FlexDesk+ 制御パネル)が表示されます。

 FlexDesk + 制御パネルの画面の説明
OKボタン設定を有効にする場合に押してください
キャンセルボタン設定を取り消す場合に押してください
ヘルプボタンヘルプを表示します
デフォルトボタンデフォルトの値を設定します
詳細設定ボタンフォント、256色パレット、ディザリング制御を設定します
色数を設定します
スクリーンサイズスクリーンサイズを設定します
デスクトップサイズデスクトップサイズを設定します
テストボタン本画面を終了せずに設定した画面モードを10秒間表示します

 FlexDesk + 制御パネルで「詳細設定」を選択すると次の画面が表示されます。ここでの設定方法については、ヘルプを参照してください。

■スクリーン調整
 スクリーン調整を選択すると次の画面が表示されます。

ここでは、モニタの選択と、各解像度ごとのリフレッシュの設定が行えます。
(1) 「モニターの選択」ボタンを押すと、モニターの一覧が表示されますので、 ご使用のモニタを選択し、「OK」ボタンを押してください。ご使用のモニタがモニターの一覧に存在しない場合は、「カスタム」を選択してください。
(2) 解像度を選択し、リフレッシュの一覧から設定したいリフレッシュ(通常はデフォルトの値が設定されています)を設定してください。
(3) 「プレビュー/調整」ボタンを押すと、位置調整ウィンドウが表示されますので、画面の説明に従ってディスプレイの位置、サイズ及び同期を調整してください。ただし、「プレビュー/調整」ボタンを押した後、10秒間何もしないと自動的に前の画面に戻り、(2)での設定が無効になります。
(4) 調整が終了したら「OK」ボタンを押してください。
(5) 必要なすべての解像度で、リフレッシュレートの設定を行ってください。((2)から(4)の操作を繰り返してください。)
(6) 「OK」ボタンを押すと、現在設定されています解像度とリフレッシュが表示され、設定を保存するか否かを聞いてきます。問題がなければ「OK」ボタンを押してください。
(7) 「設定を有効します為にWindowsを再起動しますか?」の旨が表示されますので、「Windowsを再起動」を選択してください。


4.サウンドドライバのご利用方法

▽Windows 3.1プレインストールモデルの場合
 プレインストールモデルは、サウンドドライバは既にインストールしてありますので、そのままご利用ください。

▽Windows 3.1パッケージをインストールされる場合
 当社のWindows 3.1パッケージを、ご利用してインストールされる場合は、以下の手順でサウンドドライバをインストールしてください。
(1) Windowsを起動してください。
(2) "SOUND DRIVER for CS4232/36 Windows 3.1" の "Disk 1 of 2" をドライブ A: にセットしてください。
(3) プログラムマネージャのメニュー「アイコン(F)」の中にある「ファイル名を指定して実行(R)...」を選択してください。
(4) 表示されているダイアログボックスの「コマンドライン(C):」の欄に「A:\SETUP.EXE」と入力し、「OK」を選択してください。
(5) 次の画面が表示されますので、「はい(Y)」を選択してください。
(6) インストール先のディレクトリを確認してください。通常は変更しなくても問題ありませんが、変更する場合はディレクトリを入力してください。「OK」を選択するとインストールが開始されます。
(7) 以下の画面が表示されますので、FDを "SOUND DRIVER for CS4232/36 Windows 3.1" の "Disk 2 of 2" と入替え、「OK」を選択してください。
(8) インストール終了のメッセージが表示されますので、FDをドライブ A: から取り出し、「はい(Y)」を選択してください。
(9) Windowsが終了し、マシンがリブートしますので、Windowsを再起動してください。


▽サウンドユーティリティ
 プログラムマネージャの「Crystal」グループには、以下のユーティリティが登録されています。
@Audio Input :音量表示
AAudio Mixer :ミキサー、各音源の音量調整
BAudio Transport :WAVファイルの録音、再生

●再生するには
(1) プログラムマネージャの「Crystal」グループを開き、「Audio Transport」を起動してください。次の画面が表示されます。
(2) 「Business Audio Transport」画面で(A)ボタンを押すと(前の図を参照)、ファイル指定画面が表示されますので、「ファイル名(N):」に既存のWAVファイル(例:SOUNDTST.WAV)を指定してください。
(3) 次の画面が表示されます。ここで、再生ボタンを押すと、音が再生されます。

●録音するには
(1) プログラムマネージャの「Crystal」グループを開き、「Audio Transport」を起動してください。
(2) 「Business Audio Transport」画面で(A)ボタンを押すと、「Choose Tape」画面が表示されますので、「ファイル名(N):」に新規のWAVファイル(例: TEST.WAV)を入力し、「OK」を選択してください。
(3) 次の画面が表示されますので、録音状態を設定し「OK」を選択してください。
(4) 次の画面が表示されます。ここで、録音ボタンを押すと録音が開始されます。録音を終了するには、停止ボタンを押してください。

▽サウンド機能を無効にする方法
 サウンド機能をご使用になりたく無い場合は、CMOS設定のOnboadSound Chipの項目をDisabledにした後、適当なエディタ(EDITコマンドなど)を使用して、以下の6ファイルを修正してください。修正後、再起動してご使用ください。
(1) C:\CONFIG.SYSファイルの以下の行の先頭に「REM」を追加してください。
    DEVICE=C:\CRYSTAL\CS4232C.EXE
    (例)修正前 : DEVICE=C:\CRYSTAL\CS4232C.EXE
                 ↓
       修正後 : REM DEVICE=C:\CRYSTAL\CS4232C.EXE
(2) C:\AUTOEXEC.BATファイルの以下の2行の先頭に「REM」を追加してください。
    SET BLASTER=A220 I5 D1 T4
    C:\CRYSTAL\CS32MIX /C=13 /L=13
(3) C:\WINDOWS\CONTROL.INIファイルの以下の5行の先頭に「;」を追加してください。
    cs32ba11.drv=CS32BA11 Business Audio, WSS 2.0 Enhanced
    csfm.drv=Crystal FM MIDI Driver
    mpu401.drv=MPU 401 Driver
    midi=csfm.drv
    midi1=mpu401.drv
(4) C:\WINDOWS\PROGMAN.INIファイルの以下の2行の先頭に「;」を追加してください。
    Group7=C:\WINDOWS\CRYSTAL.GRP
    Group8=C:\WINDOWS\STARTUP.GRP
(5) C:\WINDOWS\SYSTEM.INIファイルの以下の6行の先頭に「;」を追加してください。
    device=vsndsys.386
    wave=cs32ba11.drv
    aux=cs32ba11.drv
    mixer=cs32ba11.drv
    midi=csfm.drv
    midi1=mpu401.drv
(6) C:\WINDOWS\WIN.INIファイルの以下の行の先頭に「;」を追加してください。
    CrystalBAT=BAT,BAT,c:\crystal\csacbat1.exe,picture

5. その他の注意事項
 if Station MX シリーズをお使いの方は、Windows 3.1をお使いになる前に次のことを確認してください。
▽APM
 if Station MXシリーズは、APM(Advanced Power Management)をサポートしています。当社製Windows 3.1 Rev1.40版以上を使用しご利用ください。設定方法は、「Windows 3.1リリースノート」をご参照ください。なお、Windows 3.1プレインストールモデルは、既にAPMを設定していますので、再度設定する必要はありません。
▽リフレッシュレートの設定
 必ずご使用のモニタに合わせてリフレッシュレートを設定してください。
 if Station MXシリーズには、リフレッシュレートの設定のためにユーティリティ(ATI DeskTop内のスクリーン調整)が付属しています。ご使用方法は、「3.ATI DeskTop」の「■スクリーン調整」を参照してください。
▽32ビットディスクアクセス
 スワップファイルの設定画面で、「BIOSを経由しないでスワップファイルを利用(U)」チェックボックスが現れる場合がありますが、これを選択しないでください。ハードディスクのデータが壊れる場合があります。誤って設定し、Windowsが起動できなくなった場合、適当なエディタを使用して、WindowsディレクトリにあるSYSTEM.INIファイルの[386Enh]セクションにある以下の行を変更してください。
(変更前) 32BitDiskAccess=On
(変更後) 32BitDiskAccess=Off
▽Windows 3.1リリースノート
 プレインストールモデルのコンピュータ、あるいは当社製Windows 3.1パッケージに同梱されている「Windows 3.1リリースノート」を必ずお読みください。
 「Windows 3.1リリースノート」に対応機種として、if Station MXシリーズが書いていない場合がありますが、当社製Windows 3.1は、if Station MXシリーズにも対応していますのでそのままお使いください。また、「Windows 3.1リリースノート」でMS-DOSの版数を5.0と記述してある場合がありますが、当社製Windows 3.1は、5.0以上の版数のMS-DOSにも対応していますので、そのままお使いください。


6. 制限事項
 以下に示す機種固有の制限事項があります。あらかじめ、ご了承ください。
項目 現象 制限事項(回避策)
Windowsセットアップ ディスプレイ(画面モード)の変更ができない場合があります。 画面モードは、必ず、「ATI DeskTop」を使用して変更してください。
MS-DOSプロンプト(ウィンドウ表示) 高精細用ディスプレイドライバをご利用の場合、MS-DOSプロンプトのウィンドウ表示を使用中に、画面モードを変更しますと、エラーメッセージが表示されて変更できないことがあります。 高精細用ディスプレイドライバをご利用の場合、ウィンドウ表示のMS-DOSプロンプトでは、画面モードの変更は行わないでください。



戻る