OKI Open up your dreams [OKI Home]-[商品・サービス]-[サイトマップ]

if Station SS4 シリーズ
Microsoft(R) Windows(R) 2000 Professional
機種依存補足説明書

はじめに

本ファイルには、「Microsoft(R) Windows(R) 2000 Professional」(以下 Windows 2000に省略) を利用する上で、本コンピュータに固有の項目について記述しています。

目次

1.ディスプレイドライバのインストールについて
2.サウンドドライバのインストールについて
3.LANドライバのインストールについて
4.チップセットドライバのインストールについて
5.制限事項

↑上に戻る

1.ディスプレイドライバのインストールについて

プレインストールコンピュータについては、既に組込まれているのでインストールの必要はありません。
Windows 2000を再インストールする場合は、以下の手順でインストールしてください。

手順1.本コンピュータに添付のドライバCD-ROM媒体をCD-ROMドライブに挿入します。
手順2.タスクバーの"スタート"ボタンから"ファイル名を指定して実行"を選択します。
手順3.名前欄に"G:\VGA\WIN2000\SETUP.EXE"を入力し、"OK"ボタンをクリックします。
"ProSavageドライバ セットアップ"プログラムが起動されます。(CD-ROMドライブがG:の場合)
手順4."ようこそ"パネルの"次へ"ボタンをクリックします。
手順5."ファイルコピーの開始"パネルの"次へ"ボタンをクリックします。
手順6."セットアップ完了"パネルが表示され、再起動を要求されます。
"はい。直ちにコンピュータを再起動します"を選択して、"はい"ボタンをクリックします。

↑上に戻る

2.サウンドドライバのインストールについて

プレインストールコンピュータについては、既に組込まれているのでインストールの必要はありません。
Windows 2000を再インストールする場合は、以下の手順でインストールしてください。

手順1.本コンピュータに添付のドライバCD-ROM媒体をCD-ROMドライブに挿入します。
手順2.タスクバーの"スタート"ボタンから"ファイル名を指定して実行"を選択します。
手順3.名前欄に"G:\AUDIO\WIN2000\SETUP.EXE"を入力し、"OK"ボタンをクリックします。
"YAMAHA AC-XG WDM用 InstallShield ウィザードへようこそ"パネルが表示されます。(CD-ROMドライブがG:の場合)
手順4."次へ"ボタンをクリックします。
手順5.再起動を要求されますので。"はい。今すぐ直ちにコンピュータを再起動します"を選択して、"完了"ボタンをクリックします。

↑上に戻る

3.LANドライバのインストールについて

プレインストールコンピュータについては、既に組込まれているのでインストールの必要はありません。 ネットワーク環境の設定を行い、ご使用ください。
Windows 2000を再インストールする場合は、以下の手順でネットワーク環境をインストールしてください。

手順1.本コンピュータに添付のドライバCD-ROM媒体をCD-ROMドライブに挿入します。
手順2.タスクバーの"スタート"ボタンから"設定","コントロールパネル"の順で選択します。
手順3."コントロールパネル"から"システム"アイコンをダブルクリックします。
手順4.システムプロパティのダイアログボックスから"ハードウェア"タブを選択します。
手順5.システムプロパティのダイアログボックスから"デバイスマネージャ"ボタンをクリックします。
手順6."ネットワークアダプタ"の"Realtek RTL8139(A)-based PCI Fast Ethernet Adapter"をダブルクリックします。
手順7."ドライバ"タブをクリックし、"ドライバの更新"ボタンをクリックします。
手順8.デバイスドライバのアップグレードウィザードが開始されます。"次へ"ボタンをクリックします。
手順9."このデバイスの既知ドライバを表示して、その一覧から選択する"を選択して、"次へ"ボタンをクリックします。
手順10.デバイスドライバの選択で、"ディスク使用"ボタンをクリックします。
手順11.製造元のファイルのコピー元に"G:\LAN\WIN2000"を入力し、"OK"ボタンをクリックします。(CD-ROMドライブがG:の場合)
手順12.デバイスドライバの選択で"Realtek RTL8139/810X Family Fast Ethernet NIC"を選択します。
手順13."次へ"ボタンをクリックします。
手順14.デバイスドライバのインストール開始で、"次へ"ボタンをクリックします。
手順15.デバイスドライバのアップグレードウィザードの完了で、"完了"ボタンをクリックします。
手順16."Realtek RTL8139/810X Family Fast Ethernet NIC"のプロパティ画面で"閉じる"ボタンをクリックします。
手順17.システムを再起動します。

↑上に戻る

4.チップセットドライバのインストールについて

プレインストールコンピュータについては、既に組込まれているのでインストールの必要はありません。
Windows 2000を再インストールする場合は、以下の手順でインストールしてください。

手順1.本コンピュータに添付のドライバCD-ROM媒体をCD-ROMドライブに挿入します。
手順2.タスクバーの"スタート"ボタンから"ファイル名を指定して実行"を選択します。
手順3.名前欄に"G:\CHIPSET\SETUP.EXE"を入力し、"OK"ボタンをクリックします。
"VIA Service Pack 4.38V"プログラムが起動されます。(CD-ROMドライブがG:の場合)
手順4."Welcome"パネルの"Next"ボタンをクリックします。
手順5."VIA Service Pack 1 README"パネルの"YES"ボタンをクリックします。
手順6."4in1 Setup Mode Option"パネルの、"Normally Install"を選択して、"Next"ボタンをクリックします。
手順7."Select Components"パネルの、"VIA PCI IDE BUS Driver"、"VGP VxD Driver"および"VIA INF Driver 1.40a"を選択して、"Next"ボタンをクリックします。
手順8."VIA PCIIDE BUS Driver 1.20"パネルの"Install VIA PCI IDE Bus Driver"を選択して、"Next"ボタンをクリックします。
手順9."VIA_GART AGP Driver 4.10"パネルの"Install AGP 4X/133 driver"を選択して"Next"ボタンをクリックします。
手順10."Setup Complete"パネルの"Yes, I Want to restart my Computer now."を選択して、"Finish"ボタンをクリックします。

↑上に戻る

5.制限事項

(1) マルチモニタについて

本コンピュータに標準で搭載されているディスプレイ アダプタは、マルチモニタに対応していません。

(2) PS/2マウスについて

本コンピュータではUSBマウスが接続されている状態で休止状態に入った場合、次の起動時にPS/2マウスが使用できません。
PS/2マウスを使用するには一度シャットダウンして電源を入れ直してください。


Rev1.00 2002年 4月
沖電気工業株式会社
Copyright (c) 2002 Oki Electric Industry Co., Ltd.

MS、Microsoft、Windows、Windows NT、および Windows ロゴ は、米国 Microsoft Corporation の米国およびその他の国における登録商標または商標です。 その他、記載されている会社名、製品名は、各社の商標および登録商標です。


戻る