OKI Open up your dreams [OKI Home]-[商品・サービス]-[サイトマップ]

if Station SS3 シリーズ
Microsoft(R) Windows(R) NT(R) Workstation 4.0
機種依存補足説明書

はじめに

本ファイルには、「Microsoft(R) Windows NT(R) Workstation Operating System Version 4.0 日本語版」(以下、Windows NTに省略) を利用する上で、本コンピュータに固有の項目について記述しています。

目次

1.ディスプレイドライバのインストールについて
2.サウンドドライバのインストールについて
3.MIDIドライバのインストールについて
4.LANドライバのインストールについて
5.IDEドライバのインストールについて
6.ソフトウェア電源オフ機能について
7.3モードドライバについて
8.制限事項

↑上に戻る

1.ディスプレイドライバのインストールについて

プレインストールコンピュータについては、既に組込まれているのでインストールの必要はありません。
Windows NTを再インストールする場合は、以下の手順でインストールしてください。

手順1.本コンピュータに添付のドライバCD-ROM媒体をCD-ROMドライブに挿入します。
手順2.[スタート]→[設定]→[コントロールパネル]→[画面]の順で開き、[ディスプレイの設定]タブをクリックします。
手順3.[ディスプレイの種類]をクリックし、[変更]をクリックします。
手順4.「ディスプレイの変更」パネルの[ディスク使用]をクリックします。
手順5.配布ファイルのコピー元に"G:\VGA\WINNT40"を入力し、[OK]をクリックします。(CD-ROMドライブがG:の場合)
手順6.「ディスプレイ」から以下のものを選択して、[OK]をクリックしてください。
「S3 Graphics Inc. ProSavage Display Driver」
手順7.「サードパーティドライバ」パネルの [はい]をクリックします。
手順8.「ドライバをインストールしています」の[OK]をクリックします。
手順9.「ディスプレイの種類」パネルの[閉じる]をクリックします。
手順10.「画面のプロパティ」の[閉じる]をクリックします。
手順11. 再起動メッセージが表示されるので、[再起動する]をクリックします。

↑上に戻る

2.サウンドドライバのインストールについて

プレインストールコンピュータについては、既に組込まれているのでインストールの必要はありません。
Windows NTを再インストールする場合は、以下の手順でインストールしてください。

手順1.本コンピュータに添付のドライバCD-ROM媒体をCD-ROMドライブに挿入します。
手順2.[スタート]→[設定]→[コントロールパネル]→[マルチメディア]の順で開き、「デバイス」タブをクリックします。
手順3.[追加]ボタンをクリックします。
手順4.[一覧にない、または更新されたドライバ]を選択し、[OK]をクリックします。
手順5.ドライバのインストールで"G:\AUDIO\WINNT40"を入力し、[OK]をクリックします。(CD-ROMドライブがG:の場合)
[補足]
インストールされているサービスパックのバージョンにより、[参照]ボタンでCD-ROMドライブが表示されない場合がありますが、上記の手順5のようにドライバのパスを指定すれば問題ありません。
手順6.「YAMAHA AC-XG Driver」を選択し、[OK]をクリックします。
「YAMAHA AC-XG Audio Driver」ダイアログが表示されます。
手順7.「YAMAHA AC-XG Audio Driver」パネルの[OK]をクリックします。
手順8.再起動メッセージが表示されるので、[再起動する]をクリックします。

↑上に戻る

3.MIDIドライバのインストールについて

プレインストールコンピュータについては、既に組込まれているのでインストールの必要はありません。
Windows NTを再インストールする場合は、以下の手順でインストールしてください。

手順1.本コンピュータに添付のドライバCD-ROM媒体をCD-ROMドライブに挿入します。
手順2.[スタート]→[ファイル名を指定して実行]を開きます。
手順3.名前欄に"G:\MIDI\WINNT40\SETUP.EXE"と入力し、[OK]をクリックします。
(CD-ROMドライブがG:の場合)
手順4.「Welcome」パネルの[Next]をクリックします。
手順5.「Question」パネルの[はい]をクリックします。
手順6.「Software License Agreement」パネルの[Yes]をクリックします。
手順7.「Choose Distination Location」パネルの[Next]をクリックします。
手順8.「Information」パネルの[OK]をクリックします。
手順9.「Restarting Windows」パネルの[Yes. I Want to restart my Computer now]を選択して、[OK]をクリックします。

↑上に戻る

4.LANドライバのインストールについて

プレインストールコンピュータについては、既に組込まれているのでインストールの必要はありません。ネットワーク環境の設定を行い、ご使用ください。
Windows NTを再インストールする場合は、以下の手順でネットワーク環境をインストールしてください。

[注意]
Windows NT本体のインストール時には、ネットワーク環境のインストールを実行しないでください。
Windows NT本体のインストールが完了した後、コントロールパネルの[ネットワーク]アプレットをダブルクリックし、ネットワーク環境のインストールを実行してください。
手順1.本コンピュータに添付のドライバCD-ROM媒体をCD-ROMドライブに挿入し、"G:\LAN"フォルダをハードディスクの任意の場所にコピーします。
(CD-ROMドライブがG:の場合)
手順2.[スタート]→[設定]→[コントロールパネル]→[ネットワーク]を起動します。
手順3.セットアップウィザードのガイダンスに従い、インストールを進めます。
手順4.[ネットワークアダプタの設定]画面が表示されたら、[一覧から選択]をクリックし、[ディスク使用]を選択します。
手順5.ソフトウェアディスクのある場所を要求されますので、"C:\LAN\WINNT4"を指定します。(手順1.で"C:\"にコピーした場合)
手順6.[OEMオプションの選択]でネットワークアダプタの種類を選択します。ネットワークアダプタは「Realtek RTL8139 Family PCI Fast Ethernet Adapter」を選択してください。
手順7.セットアップウィザードのガイダンスに従い、インストールを続けてください(ネットワークの設定は構築している環境に合ったものを指定してください)。
手順8.[Speed/Dulpex Mode]画面が表示されたら、「(1) AUTO」を選択して、「Continue」をクリックします。
手順9.[Input Network Address]画面が表示されたら、「OK」をクリックします。「Network Address」欄は、デフォルト(000000000000)のままで構いません。
手順10.[Input Tx Early Threshold]画面が表示されたら、「OK」をクリックします。「EarlyTxThreshold」欄はデフォルト(38)のままで構いません。
手順11.セットアップウィザードのガイダンスに従い、インストールを続けてください(ネットワークの設定は構築している環境に合ったものを指定してください)。
手順12.手順1でコピーした"LAN"フォルダを削除してください。

↑上に戻る

5.IDEドライバのインストールについて

プレインストールコンピュータについては、既に組込まれているのでインストールの必要はありません。
Windows NTを再インストールする場合は、以下の手順でインストールしてください。

手順1.本コンピュータに添付のドライバCD-ROM媒体をCD-ROMドライブに挿入します。
手順2.[スタート]→[ファイル名を指定して実行]を開きます。
手順3.名前欄に"G:\CHIPSET\SETUP.EXE"と入力し、[OK]をクリックします。
(CD-ROMドライブがG:の場合)
手順4.「Welcome」パネルの[Next]をクリックします。
手順5.「VIA Service Pack 1 README」パネルの[Yes]をクリックします。
手順6.「VIA Bus Master PCI IDE Driver 3.01.1」パネルの[Install]を選択して[Next]をクリックします。
手順7.「Choose Distination Location」パネルの[Next]をクリックします。
手順8.「Select Program Folder」パネルの[Finish]をクリックします。
手順9.「Setup Complate」パネルの[Yes. I Want to restart my Computer now]を選択して、[OK]をクリックします。

↑上に戻る

6.ソフトウェア電源オフ機能について

APM BIOSを使用したソフト電源オフ機能を利用することができます。 プレインストールコンピュータについては、既に組込まれているのでインストールの必要はありません。
Windows NTを再インストールする場合は、以下の手順で行ってください。

手順1.コマンドプロンプトを開きます。
手順2.次のように入力して、カレントディレクトリを移動します。
G:
CD G:\SOFTOFF\WINNT40
(CD-ROMドライブがG:の場合)
手順3.次のように入力して[Enter]キーを押します。
APMSETUP
手順4.次のメッセージが表示されたら[OK]ボタンをクリックします。
「inst.iniの情報が、レジストリに正しく入力されました。」
手順5.Windows NTを再起動します。

詳細は、本コンピュータ添付のドライバディスク"G:\SOFTOFF\WINNT40\README.TXT"を参照してください。(CD-ROMドライブがG: の場合)

↑上に戻る

7.3モードドライバについて

3モードフロッピーディスクドライバを使用すると、3.5インチ2HD(1.44MB)、3.5インチ2HD(1.23MB, 1024バイト/セクタ)、3.5インチ2HC(1.2MB, 512バイト/セクタ)のフロッピーディスクを読み書きすることができます。
プレインストールコンピュータにはインストールされていません。 3モードフロッピーディスクドライバを利用する場合は、以下の手順でインストールしてください。

手順1.本コンピュータに添付のドライバCD-ROM媒体をCD-ROMドライブに挿入します。
手順2.[スタート]→[ファイル名を指定して実行]を開きます。
手順3.名前欄に"G:\3MODE\WINNT40\SETUP.EXE"と入力し、[OK]をクリックします。
(CD-ROMドライブがG:の場合)
手順4.「WinNT用3モードフロッピードライバ」パネルの[はい]をクリックします。
手順5.再起動メッセージが表示されるので、[はい]をクリックします。

↑上に戻る

8.制限事項

本コンピュータ固有の制限事項を以下に説明します。あらかじめご了承ください。

(1) PCMCIAスロットについて

PCMCIAストレージデバイス(Flashカードなど)はご利用できません。

(2) CD-ROMの出し入れを行うと、イベントログに以下のログが記録されますが、動作には問題ありません。

ソース:atapi
イベントID:9
説明:デバイス\Device\ScsiPort1はタイムアウト期間内に応答しませんでした。

(3) Windows NT Service Packをインストールすると、ソフトウェア電源オフ機能が動作しなくなることがあります。

その場合、上記 「4.ソフトウェア電源オフ機能について」 を参照して、再度設定を行ってください。

Rev1.00 2001年 6月
沖電気工業株式会社
Copyright (c) 2001 Oki Electric Industry Co., Ltd.

MS、Microsoft、Windows、Windows NT、および Windows ロゴ は、米国 Microsoft Corporation の米国およびその他の国における登録商標または商標です。
その他、記載されている会社名、製品名は、各社の商標および登録商標です。


戻る