OKI Open up your dreams [OKI Home]-[商品・サービス]-[サイトマップ]

if Station GH シリーズ

Microsoft(R) Windows NT(R) Workstation 4.0

機種依存補足説明書

はじめに

本ファイルには、「Microsoft(R) Windows NT(R) Workstation Operating System Version 4.0 日本語版」(以下、Windows NTに省略) を利用する上で、本コンピュータに固有の項目について記述しています。

目次

1.ディスプレイドライバのインストールについて
2.サウンドドライバのインストールについて
3.LANドライバのインストールについて
4.IDEドライバのインストールについて
5.ソフトウェア電源オフ機能について
6.3モードドライバについて
7.制限事項

1.ディスプレイドライバのインストールについて

プレインストールコンピュータについては、既に組込まれているのでインストールの必要はありません。
Windows NTを再インストールする場合は、以下の手順でインストールしてください。

手順1.本コンピュータに添付のドライバCD-ROM媒体をCD-ROMドライブに挿入します。
手順2.[スタート]→[設定]→[コントロールパネル]→[画面]の順で開き、[ディスプレイの設定]タブをクリックします。
手順3.[ディスプレイの種類]をクリックし、[変更]をクリックします。
手順4.ディスプレイの変更で[ディスク使用]をクリックします。
手順5.配布ファイルのコピー元に"G:\VGA\WINNT40\WINNT4"を入力し、[OK]をクリックします。(CD-ROMドライブがG:の場合)
手順6.アダプタの種類に以下のものを選択してください。
「Intel(R) Graphics Technology Device」(ドライバCD-ROM Ver4.00の場合)
「Intel(r) Graphics Technology Device」(ドライバCD-ROM Ver3.00の場合)
「Intel(r) 82815 Graphics Controller」(ドライバCD-ROM Ver1.00/2.00の場合)
手順7.表示されるガイダンスに従い、インストールを続けてください。

2.サウンドドライバのインストールについて

プレインストールコンピュータについては、既に組込まれているのでインストールの必要はありません。
Windows NTを再インストールする場合は、以下の手順でインストールしてください。

ドライバCD-ROM Ver2.00以降の場合

手順1.本コンピュータに添付のドライバCD-ROM媒体をCD-ROMドライブに挿入します。
手順2."G:\AUDIO\WINNT40"を開き、"Setup.exe"を実行します。(CD-ROMドライブがG:の場合)
手順3.表示されるメッセージに従い、作業を進めてください。

ドライバCD-ROM Ver1.00の場合

手順1.本コンピュータに添付のドライバCD-ROM媒体をCD-ROMドライブに挿入します。
手順2.[スタート]→[設定]→[コントロールパネル]→[マルチメディア]の順で開き、「デバイス」タブをクリックします。
手順3.[追加]ボタンをクリックします。
手順4.[一覧にない、または更新されたドライバ]を選択し、[OK]をクリックします。
手順5.ドライバのインストールで"G:\AUDIO\WINNT40"を入力し、[OK]をクリックします。(CD-ROMドライブがG:の場合)
[補足]
インストールされているサービスパックのバージョンにより、[参照]ボタンでCD-ROMドライブが表示されない場合がありますが、上記の手順5のようにドライバのパスを指定すれば問題ありません。
手順6.「SoundMAX Integrated Digital Audio Driver for Windows NT 4.0」を選択し、[OK]をクリックします。
手順7.「About SoundMAX Integrated Digital Audio」画面が表示されます。[OK]をクリックします。
手順8.「マルチメディア」のプロパティ画面で、[OK]をクリックして閉じます。
手順9.システムを再起動してください。再起動後にサウンドが有効になります。

↑上に戻る

3.LANドライバのインストールについて

プレインストールコンピュータについては、既に組込まれているのでインストールの必要はありません。ネットワーク環境の設定を行い、ご使用ください。
Windows NTを再インストールする場合は、以下の手順でネットワーク環境をインストールしてください。

[注意]
Windows NT本体のインストール時には、ネットワーク環境のインストールを実行しないでください。
Windows NT本体のインストールが完了した後、コントロールパネルの[ネットワーク]アプレットをダブルクリックし、ネットワーク環境のインストールを実行してください。
手順1.本コンピュータに添付のドライバCD-ROM媒体をCD-ROMドライブに挿入し、"G:\LAN"フォルダをハードディスクの任意の場所にコピーします。(CD-ROMドライブがG:の場合)
手順2.[スタート]→[設定]→[コントロールパネル]→[ネットワーク]を起動します。
手順3.セットアップウィザードのガイダンスに従い、インストールを進めます。
手順4.ネットワークアダプタの設定画面が表示されたら、[一覧から選択]をクリックし、[ディスク使用]を選択します。
手順5.ソフトウェアディスクのある場所を要求されますので、"C:\LAN"を指定します。(手順1.で"C:\"にコピーした場合)
手順6.[OEMオプションの選択]でネットワークアダプタの種類を選択します。ネットワークアダプタは「Intel(R) PRO Adapter」を選択してください。
手順7.セットアップウィザードのガイダンスに従い、インストールを続けてください(ネットワークの設定は構築している環境に合ったものを指定してください)。
手順8.手順1でコピーした"LAN"フォルダを削除してください。

4.IDEドライバのインストールについて

プレインストールコンピュータについては、既に組込まれているのでインストールの必要はありません。
Windows NTを再インストールする場合は、以下の手順でインストールしてください。

手順1.本コンピュータに添付のドライバCD-ROM媒体をCD-ROMドライブに挿入します。
手順2."G:\IDE\WINNT40"を開き、"Setup.exe"を実行します。(CD-ROMドライブがG:の場合)
手順3.表示されるメッセージに従い、作業を進めてください。

↑上に戻る

5.ソフトウェア電源オフ機能について

APM BIOSを使用したソフト電源オフ機能を利用することができます。
プレインストールコンピュータについては、既に組込まれているのでインストールの必要はありません。

Windows NTを再インストールする場合は、以下の手順で行ってください。

手順1.コマンドプロンプトを開きます。
手順2.次のように入力して、[Enter]キーを押します。
g:   (CD-ROMドライブがG:の場合)
手順3.次のように入力して[Enter]キーを押します。
cd g:\Softoff\Nt40
手順4.次のように入力して[Enter]キーを押します。
apmsetup
手順5.次のメッセージが表示されたら[OK]ボタンをクリックします。
「inst.iniの情報が、レジストリに正しく入力されました。」
手順6.Windows NTを再起動します。

詳細は、本コンピュータ添付のドライバディスク"G:\SOFTOFF\NT40\README.txt"を参照してください。CD-ROMドライブがG:の場合)

上記の設定に加え、BIOSの設定も必要です。BIOSの設定方法は下記を参照してください。

■ ソフトウェア電源オフ機能を使用するためのBIOS設定

(1) マシンの電源を入れたときに[Ctrl]、[Alt]、[Esc]キーを同時に押下し、BIOSセットアッププログラムを起動します。
(2) メインメニューから"Power Management"を選択すると、"Power Management"設定画面に切り替わります。"Power Management Mode"を"Enabled"に設定してください。
Windows NT 4.0プレインストールマシンは、"Enabled"に設定されています。
(3) "Power Management"設定画面で、スタンバイ/サスペンド機能を"OFF"に設定します。

↑上に戻る

< 画面例 >

Power Management Mode ------------------------------[Enabled]

IDE Hard Disk Standby Timer ------------------------[OFF]

System Sleep Timer ---------------------------------[OFF]
Sleep Mode ---------------------------------------[-------]

Power Switch < 4 sec. ------------------------------[Power Off]

6.3モードドライバについて

1024バイト/セクタの 3.5インチ 1.2MB、および、512バイト/セクタの 3.5インチ 1.2MB フォーマットの FD を読み書きすることができます。
プレインストールコンピュータには3モードドライバはインストールされていません。
利用するには、添付のドライバCD-ROM媒体の「3モード ドライバ」をインストールする必要があります。
3モードドライバを利用するには、以下の手順でインストールしてください。

手順1.本コンピュータに添付のドライバCD-ROM媒体をCD-ROMドライブに挿入します。
手順2.エクスプローラを起動し、"G:\3MODE\WINNT40\SETUP.EXE"を実行します。(CD-ROMドライブがG:の場合)
手順3."WinNT用3モードドライバをインストールしますか?"とメッセージが表示されます。[はい]をクリックします。
手順4.再起動メッセージが表示されるので、[はい]をクリックします。

↑上に戻る

7.制限事項

(1)WakeOnLANについて

WakeOnLANをご使用する場合は、以下の手順で設定を行ってください。

手順1.[スタート]→[設定]→[コントロールパネル]→[Intel(R)PROSet]を起動します。
手順2."Advanced"タブをクリックします。
手順3."Setting"一覧から"Enable PME"を選択し、"Value"項目を"Enabled"に設定します。
手順4."Intel(R)PROSet"画面の[OK]をクリックします。
手順5.システムを再起動してください。

[補足]
■ MagicPacketを使用したWakeOnLAN機能を使用する場合は、IP Broadcast Addressに"255.255.255.255"を設定してください。
■ WakeOnLANは、OSのシャットダウンにより正常に電源OFFした場合に動作します。強制的に電源OFFした場合は、WakeOnLANにより電源ONできない場合があります。

(2)MIDIファイルの再生について

本コンピュータのドライバCD-ROM Ver1.00のサウンドドライバでは、MIDIファイルの再生はサポートされていません。

↑上に戻る

(3)サウンドレコーダーについて

サウンドレコーダーを使用して、マイクから録音するには、以下の手順で設定を行ってください。また、システムを再起動した場合は、もう一度設定を行ってください。

手順1.タスクバーのサウンドアイコンをダブルクリックします。
手順2.ボリュームコントロールが起動します。"オプション"メニューから"プロパティ"を選択してください。
手順3."音量の調整"で、"録音"をクリックします。
手順4.プロパティ画面で[OK]をクリックします。
手順5.一度、"CD AUDIO"の選択チェックボックスをクリックします。
手順6.再度、"Microphone"の選択チェックボックスをクリックします。
手順7.ボリュームコントロールを終了します。

[補足]
■ マイクの録音レベルが低い場合、ボリュームコントロールのオプションで、トーン調整をチェックし、"Microphone"の[トーン]をクリックしてください。
"その他の調整"で、"1 Mic +20dB"のチェックボックスをクリックしてください。

(4)CD-ROMの出し入れを行うと、イベントログに以下のログが記録されますが、動作には問題ありません。

■ソース:atapi
■イベントID:9
■説明:デバイス\Device\ScsiPort1はタイムアウト期間内に応答しませんでした。

なお、IDEドライバがインストールされている場合のログは以下のログが記録されます。

■ソース:IntelATA
■イベントID:9
■説明:デバイス\Device\Scsi\IntelATA2はタイムアウト期間内に応答しませんでした。

(5)512MByteのメモリを実装した場合、Windows NTを再インストールした後、サービスパック3以上をインストールするまでフロッピーディスクにアクセスできない場合があります。


Rev1.30 2001年11月
沖電気工業株式会社
Copyright (c) 2000 Oki Electric Industry Co., Ltd.

MS、Microsoft、Windows、Windows NT、および Windows ロゴ は、米国 Microsoft Corporation の米国およびその他の国における登録商標または商標です。
その他、記載されている会社名、製品名は、各社の商標および登録商標です。


戻る