OKI Open up your dreams [OKI Home]-[商品・サービス]-[サイトマップ]

if Station GD シリーズ 機種依存 補足説明書
if Station LB シリーズ 機種依存 補足説明書


本ドキュメントは、「Microsoft® Windows NT® Workstation Operating System Version 4.0 日本語版」および「Microsoft® Windows NT® Server Version 4.0 日本語版」(以下、Windows NTに省略)を利用する上で、本コンピュータに固有の項目について記述したものです。

  1. ディスプレイドライバのインストールについて
  2. サウンドドライバのインストールについて
  3. LANドライバのインストールについて
  4. Windows NT Service Packのインストールについて
  5. 添付ドライバインストール時注意事項について
  6. ソフトウェア電源オフ機能について

1.ディスプレイドライバのインストールについて

プレインストールコンピュータについては、既に組込まれているのでインストールの必要はありません。Windows NTを再インストールする場合は、以下の手順でインストールしてください。

手順1.Windows NT Service Pack 3以降をインストールします。

手順2.本コンピュータに添付のドライバCD-ROM媒体をCD-ROMドライブに挿入します。

手順3.[コントロールパネル]‐[画面]の順で開き、[ディスプレイの設定]タブをクリックします。

手順4.[ディスプレイの種類]をクリックし、[変更]をクリックします。

手順5.ディスプレイの変更で[ディスク使用]をクリックします。

手順6.配布ファイルのコピー元に"D:\Vga\Winnt40"を入力します。(CD-ROMドライブがD:の場合)

手順7.[OK]をクリックします。

手順8.アダプタの種類に「ATI Technologies inc. 3D RAGE PRO」を選択してください。

手順9.表示されるガイダンスに従い、インストールを続けてください。

コンポーネントを追加し、Windows NT Service Pack 3以降を再インストールした場合は、ディスプレイドライバを再インストールする必要があります。


2.サウンドドライバのインストールについて

プレインストールコンピュータについては、既に組込まれているのでインストールの必要はありません。Windows NTを再インストールする場合は、以下の手順でインストールしてください。

手順1.[コントロールパネル]-[マルチメディア]の順で開き、[デバイス]タブをクリックします。

手順2.[追加]をクリックします。

手順3.ドライバの一覧で「一覧にない、または更新されたドライバ」を選択してください。

手順4.[OK]をクリックします。

手順5."D:\Sound\winnt40"を入力します。(CD-ROMドライブがD:の場合)

手順6.[OK]をクリックします。

手順7.アダプタの種類に「CrystalWare Audio Driver」を選択してください。

手順8.表示されるガイダンスに従い、インストールを続けてください。


3.LANドライバのインストールについて

プレインストールコンピュータについては、既に組込まれているのでインストールの必要はありません。ネットワーク環境の設定を行い、ご使用ください。Windows NTを再インストールする場合は、以下の手順でネットワーク環境をインストールしてください。

Windows NT本体のインストール時には、ネットワーク環境のインストールを実行しないでください。
Windows NT本体のインストールが完了したあと、コントロールパネルの[ネットワーク]アプレットをダブルクリックし、ネットワーク環境のインストールを実行してください。

手順1.本コンピュータに添付のドライバCD-ROM媒体をCD-ROMドライブに挿入し、"LAN"フォルダをハードディスクの任意の場所にコピーします。

手順2.[スタート]→[設定]→[コントロールパネル]→[ネットワーク]を起動します。

手順3.セットアップウィザードのガイダンスに従い、インストールを進めます。

手順4.ネットワークアダプタの設定画面が表示されたら、[一覧から選択(S)]をクリックし、[ディスク使用(H)]を選択します。

手順5.ソフトウェアディスクのある場所を要求されますので、手順1でコピーした場所(パス名)を指定します。(例:C:\に"LAN"フォルダをコピーした場合、C:\LAN または、C:\LAN\JAPANESE)

手順6.[OEMオプションの選択]でネットワークアダプタの種類を選択します。ネットワークアダプタは「Intel Ether Express PRO Adapter」を選択してください。

手順7.セットアップウィザードガイダンスに従い、インストールを続けてください(ネットワークの設定は構築している環境に合ったものを指定してください)。

手順8.手順1でコピーした"LAN"フォルダを削除してください。


4.Windows NT Service Packのインストールについて

プレインストールコンピュータについては、既に組込まれているのでインストールの必要はありません。コンポーネントを追加し、Windows NT Service Pack 3以降を再インストールする場合は、以下の手順でインストールしてください。

手順1.[コントロールパネル]‐[画面]の順で開き、[ディスプレイの設定]タブをクリックします。

手順2.[ディスプレイの種類]をクリックし、[変更]をクリックします。

手順3.ディスプレイアダプタの種類に「VGA互換ディスプレイアダプタ」を設定してください。

手順4.[OK]をクリックします。

手順5.システムを再起動します。

手順6.Windows NT Service Pack 3以降をインストールします。

手順7.本コンピュータ添付のドライバCD-ROMからディスプレイドライバのインストールを行ってください。

上記の手順を取らずにWindows NT Service Pack 3以降をインストールすると、インストール後、画面表示が乱れます。


5.添付ドライバインストール時注意事項について

添付ドライバをインストールするときは、以下の手順に従ってください。

手順1.Windows NT Service Pack 3以降をインストールします。

手順2.ドライバをそれぞれの手順に従ってインストールします。

手順3.Windows NT Service Pack 3以降を再インストールします。その際、手順2でインストールしたドライバについて、Windows NT Service Packに含まれるドライバと置き換えるか否か、聞いてくるダイアログボックスが表示されます。ここで”いいえ”を選択し、手順2でインストールしたドライバが適用されるようにしてください。


6.ソフトウェア電源オフ機能について

本コンピュータでは、APM BIOSを使用したソフト電源オフ機能を利用することができます。

設定方法は、こちらを参照してください。

BIOSの設定方法は、下記を参照してください。

ソフトウェア電源オフ機能を使用するためのBIOS設定

(1) マシンの電源を入れたときに[Ctrl]、[Alt]、[Esc]キーを同時に押下し、BIOSセットアッププログラムを起動します。

(2) メインメニューから"Power Management"を選択すると、"Power Management"設定画面に切り替わります。"Power Management Mode"を"Enabled"に設定してください。Windows NT プレインストールマシンは、"Disabled"に設定されています。

(3) "Power Management"設定画面で、スタンバイ/サスペンド機能を"OFF"に設定します。

< 画面例 >

Power Management Mode ------------------------------[Enabled]

IDE Hard Disk Standby Timer ---------------------------[OFF]

System Sleep Timer -----------------------------------[OFF]

Sleep Mode -----------------------------------[-------]

Power Switch < 4 sec. ----------------------------------[Power Off]


ページの先頭に戻る

Microsoft、Windows NTは米国Microsoft Corporationの登録商標です。
その他の会社名、製品名は一般に各社の登録商標です。

Rev 1.40 1999年5月
沖電気工業株式会社
Copyright© 1997-1999 Oki Electric Industry Co.,Ltd.
All rights reserved.


戻る