OKI Open up your dreams [OKI Home]-[商品・サービス]-[サイトマップ]

if Station SS4 シリーズ
Microsoft(R) Windows(R) NT(R) Workstation 4.0
機種依存補足説明書

はじめに

本ファイルには、「Microsoft(R) Windows NT(R) Workstation Operating System Version 4.0 日本語版」(以下、Windows NTに省略) を利用する上で、本コンピュータに固有の項目について記述しています。

目次

1.ディスプレイドライバのインストールについて
2.サウンドドライバのインストールについて
3.MIDIドライバのインストールについて
4.LANドライバのインストールについて
5.IDEドライバのインストールについて
6.ソフトウェア電源オフ機能について
7.制限事項

↑上に戻る

1.ディスプレイドライバのインストールについて

プレインストールコンピュータについては、既に組込まれているのでインストールの必要はありません。
Windows NTを再インストールする場合は、以下の手順でインストールしてください。

手順1.本コンピュータに添付のドライバCD-ROM媒体をCD-ROMドライブに挿入します。
手順2.[スタート]→[設定]→[コントロールパネル]→[画面]の順で開き、[ディスプレイの設定]タブをクリックします。
手順3.[ディスプレイの種類]をクリックし、[変更]をクリックします。
手順4.[ディスプレイの変更]パネルの[ディスク使用]をクリックします。
手順5.配布ファイルのコピー元に"G:\VGA\WINNT40"を入力し、[OK]をクリックします。(CD-ROMドライブがG:の場合)
手順6.「ディスプレイ」から以下のものを選択して、[OK]をクリックしてください。
「S3 Graphics Inc. ProSavage Display Driver」
手順7.「サードパーティドライバ」パネルの [はい]をクリックします。
手順8.[ドライバをインストールしています]の[OK]をクリックします。
手順9.「ディスプレイの種類」パネルの[閉じる]をクリックします。
手順10.「画面のプロパティ」の[閉じる]をクリックします。
手順11. 再起動メッセージが表示されるので、[再起動する]をクリックします。

↑上に戻る

2.サウンドドライバのインストールについて

プレインストールコンピュータについては、既に組込まれているのでインストールの必要はありません。
Windows NTを再インストールする場合は、以下の手順でインストールしてください。

手順1.本コンピュータに添付のドライバCD-ROM媒体をCD-ROMドライブに挿入します。
手順2.[スタート]→[設定]→[コントロールパネル]→[マルチメディア]の順で開き、「デバイス」タブをクリックします。
手順3.[追加]ボタンをクリックします。
手順4.[一覧にない、または更新されたドライバ]を選択し、[OK]をクリックします。
手順5.ドライバのインストールで"G:\AUDIO\WINNT40"を入力し、[OK]をクリックします。(CD-ROMドライブがG:の場合)
[補足]
インストールされているサービスパックのバージョンにより、[参照]ボタンでCD-ROMドライブが表示されない場合がありますが、上記の手順5のようにドライバのパスを指定すれば問題ありません。
手順6.「YAMAHA AC-XG Driver」を選択し、[OK]をクリックします。
「YAMAHA AC-XG Audio Driver」ダイアログが表示されます。
手順7.「YAMAHA AC-XG Audio Driver」パネルの[OK]をクリックします。
手順8.再起動メッセージが表示されるので、[再起動する]をクリックします。

↑上に戻る

3.MIDIドライバのインストールについて

プレインストールコンピュータについては、既に組込まれているのでインストールの必要はありません。
Windows NTを再インストールする場合は、以下の手順でインストールしてください。

手順1.本コンピュータに添付のドライバCD-ROM媒体をCD-ROMドライブに挿入します。
手順2.[スタート]→[ファイル名を指定して実行]を開きます。
手順3.名前欄に"G:\MIDI\WINNT40\SETUP.EXE"と入力し、[OK]をクリックします。
(CD-ROMドライブがG:の場合)
手順4.[Welcome]パネルの[Next]をクリックします。
手順5.[Question]パネルの[はい]をクリックします。
手順6.[Software License Agreement]パネルの[Yes]をクリックします。
手順7.[Choose Distination Location]パネルの[Next]をクリックします。
手順8.[Information]パネルの[OK]をクリックします。
手順9.[Restarting Windows]パネルの[Yes. I Want to restart my Computer now]を選択して、[OK]をクリックします。

↑上に戻る

4.LANドライバのインストールについて

プレインストールコンピュータについては、既に組込まれているのでインストールの必要はありません。ネットワーク環境の設定を行い、ご使用ください。
Windows NTを再インストールする場合は、以下の手順でネットワーク環境をインストールしてください。

[注意]
Windows NT本体のインストール時には、ネットワーク環境のインストールを実行しないでください。
Windows NT本体のインストールが完了した後、コントロールパネルの[ネットワーク]アプレットをダブルクリックし、ネットワーク環境のインストールを実行してください。
手順1.本コンピュータに添付のドライバCD-ROM媒体をCD-ROMドライブに挿入し、"G:\LAN"フォルダをハードディスクの任意の場所にコピーします。
(CD-ROMドライブがG:の場合)
手順2.[スタート]→[設定]→[コントロールパネル]→[ネットワーク]を起動します。
手順3.セットアップウィザードのガイダンスに従い、インストールを進めます。
手順4.[ネットワークアダプタの設定]画面が表示されたら、[一覧から選択]をクリックします。
手順5.[ディスク使用]を選択します。
手順6.ソフトウェアディスクのある場所を要求されますので、"C:\LAN\WINNT4"を指定します。(手順1.で"C:\"にコピーした場合)
手順7.[OEMオプションの選択]でネットワークアダプタの種類を選択します。
ネットワークアダプタは[Realtek RTL8139/810X Family Fast Ethernet NIC]を選択し、[OK] ボタンをクリックします。
手順8.セットアップウィザードのガイダンスに従い、インストールを続けてください(ネットワークの設定は構築している環境に合ったものを指定してください)。
手順9.[Speed/Dulpex Mode]画面が表示されたら、[(1) AUTO]を選択して、[Continue]をクリックします。
手順10.[Input Network Address]画面が表示されたら、[OK]をクリックします。
[Network Address]欄は、デフォルト(000000000000)のままで構いません。
手順11.[Input Tx Early Threshold]画面が表示されたら、[OK]をクリックします。
[EarlyTxThreshold]欄はデフォルト(38)のままで構いません。
手順12.セットアップウィザードのガイダンスに従い、インストールを続けてください(ネットワークの設定は構築している環境に合ったものを指定してください)。
手順13.手順1でコピーした"LAN"フォルダを削除してください。

↑上に戻る

5.IDEドライバのインストールについて

プレインストールコンピュータについては、既に組込まれているのでインストールの必要はありません。
Windows NTを再インストールする場合は、以下の手順でインストールしてください。

手順1.本コンピュータに添付のドライバCD-ROM媒体をCD-ROMドライブに挿入します。
手順2.[スタート]→[ファイル名を指定して実行]を開きます。
手順3.名前欄に"G:\CHIPSET\SETUP.EXE"と入力し、[OK]をクリックします。
(CD-ROMドライブがG:の場合)
手順4.[Welcome]パネルの[Next]をクリックします。
手順5.[VIA Service Pack 1 README]パネルの[Yes]をクリックします。
手順6.[4in1 Setup Mode Option] パネルの [Normally Install] を選択して[Next] ボタンをクリックします。
手順7.[VIA Bus Master PCI IDE Driver 3.01.1]パネルの[Install]を選択して[Next]をクリックします。
手順8.[Setup Complate]パネルの[Yes. I Want to restart my Computer now]を選択して、[OK]をクリックします。

↑上に戻る

6.ソフトウェア電源オフ機能について

APM BIOSを使用したソフト電源オフ機能を利用することができます。 プレインストールコンピュータについては、既に組込まれているのでインストールの必要はありません。
Windows NTを再インストールする場合は、以下の手順で行ってください。

手順1.コマンドプロンプトを開きます。
手順2.次のように入力して、カレントディレクトリを移動します。
G:
CD G:\SOFTOFF\WINNT40
(CD-ROMドライブがG:の場合)
手順3.次のように入力して[Enter]キーを押します。
APMSETUP
手順4.次のメッセージが表示されたら[OK]ボタンをクリックします。
「inst.iniの情報が、レジストリに正しく入力されました。」
手順5.Windows NTを再起動します。

詳細は、本コンピュータ添付のドライバディスク"G:\SOFTOFF\WINNT40\README.TXT"を参照してください。(CD-ROMドライブがG: の場合)

↑上に戻る

7.制限事項

本コンピュータ固有の制限事項を以下に説明します。あらかじめご了承ください。

(1) Windows NT Service Packをインストールすると、ソフトウェア電源オフ機能が動作しなくなることがあります。

その場合、上記 「6.ソフトウェア電源オフ機能について」 を参照して、再度設定を行ってください。

Rev1.00 2002年 4月
沖電気工業株式会社
Copyright (c) 2002 Oki Electric Industry Co., Ltd.

MS、Microsoft、Windows、Windows NT、および Windows ロゴ は、米国 Microsoft Corporation の米国およびその他の国における登録商標または商標です。
その他、記載されている会社名、製品名は、各社の商標および登録商標です。


戻る