OKI Open up your dreams [OKI Home]-[商品・サービス]-[サイトマップ]

if Note BN シリーズ 機種依存 補足説明書


本ドキュメントは、「Microsoft®Windows NT® Workstation Operating System Version 4.0 日本語版」および「Microsoft® Windows NT® Server Version 4.0 日本語版」(以下、Windows NTに省略)を利用する上で、本コンピュータに固有の項目について記述したものです。

  1. ディスプレイドライバのインストールについて
  2. サウンドドライバのインストールについて
  3. カードウィザードのインストールについて
  4. タッチパッドユーティリティのインストールについて
  5. ノートブックマネージャのインストールについて
  6. ホットキーパネルのインストールについて
  7. パワープロファイラーのインストールについて
  8. スリープマネージャのインストールについて
  9. インテリシンク97のインストールについて
  10. ソフトウェア電源オフ機能について

1.ディスプレイドライバのインストールについて

プレインストールコンピュータについては、既に組込まれているのでインストールの必要はありません。
Windows NTを再インストールする場合は、以下の手順でインストールしてください。

手順1.Windows NT Service Pack 3以降をインストールします。

手順2.本コンピュータに添付のドライバCD-ROM媒体をCD-ROMドライブに挿入します。

手順3.[スタート]→[設定]→[コントロールパネル]→[画面]の順で開き、[ディスプレイの設定]タブをクリックします。

手順4.[ディスプレイの種類]をクリックし、[変更]をクリックします。

手順5.ディスプレイの変更で[ディスク使用]をクリックします。

手順6.配布ファイルのコピー元に"E:\WINNT\VGA"を入力し、[OK]をクリックします。(CD-ROMドライブがE:の場合)

手順7.アダプタの種類に「NeoMagic MagicMedia 256 AV」を選択してください。

手順8.表示されるガイダンスに従い、インストールを続けてください。


2.サウンドドライバのインストールについて

プレインストールコンピュータについては、既に組込まれているのでインストールの必要はありません。
Windows NTを再インストールする場合は、以下の手順でインストールしてください。

手順1.本コンピュータに添付のドライバCD-ROM媒体をCD-ROMドライブに挿入します。

手順2.[スタート]→[設定]→[コントロールパネル]→[マルチメディア]の順で開き、「デバイス」タブをクリックします。

手順3.[追加]ボタンをクリックします。

手順4.[一覧にない、または更新されたドライバ]を選択し、[OK]をクリックします。

手順5.ドライバのインストールで"E:\WINNT\AUDIO"を入力し、[OK]をクリックします。(CD-ROMドライブがE:の場合)

[補足]
インストールされているサービスパックのバージョンにより、[参照]ボタンでCD-ROMドライブが表示されない場合がありますが、上記の手順5のようにドライバのパスを指定すれば問題ありません。

手順6.[ESS AudioDrive ES1938/1941/1946 Version 4.05.1]を選択し、[OK]をクリックします。

手順7.再起動メッセージが表示されるので、[再起動する]をクリックします。


3.カードウィザードのインストールについて

16ビットPCMCIAカード(LANカード(GA2948)やFAXモデムカード(IF92008)など)を利用する場合は、カードウィザードをインストールする必要があります。
プレインストールコンピュータには、インストールされていません。
カードウィザードをインストールする場合は、以下の手順でインストールしてください。

手順1.コンピュータに接続されているPCMCIAカードをすべて取り外します。

手順2.本コンピュータに添付のドライバCD-ROM媒体をCD-ROMドライブに挿入します。

手順3.[スタート]→[ファイル名を指定して実行]の順で開きます。

手順4.「名前」に"E:\WINNT\CARDWZD\SETUP.EXE"を入力し、[OK]をクリックします。(CD-ROMドライブがE:の場合)

手順5.表示されるメッセージに従い、インストールを行ってください。

カードウィザードをインストールすると、Windows NT Service Packのインストール中に、PCMCIA.SYSを置き換えるかどうか聞いてくるようになりますが、このファイルは置き換えないでください。
フラッシュATAカードは使用できません。
カードウィザードをインストールすると、LANカード(100BASE-TX, GA2947)は使用できません。

4.タッチパッドユーティリティのインストールについて

プレインストールコンピュータには、インストールされていません。
タッチパッドユーティリティをインストールする場合は、以下の手順でインストールしてください。

手順1.Windows NT Service Pack 2以降をインストールします。

手順2.本コンピュータに添付のドライバCD-ROM媒体をCD-ROMドライブに挿入します。

手順3.[スタート]→[ファイル名を指定して実行]の順で開きます。

手順4.「名前」に"E:\WINNT\TOUCHPAD\TP5020.EXE"を入力し、[OK]をクリックします。(CD-ROMドライブがE:の場合)

手順5.表示されるメッセージに従い、インストールを行ってください。

[補足]
インストール時に日本語表示が正しくされない部分がありますが、動作上問題はありません。

「マウスのプロパティ」で「その他の機能」タブの中に「外部PS/2 ポート」の設定に「TouchPadと外部マウスを同時使用」が選択できますが、実際には同時使用はできません。外部PS/2マウスを接続した場合は外部PS/2マウスのみ有効となります。

5.ノートブックマネージャのインストールについて

ノートブックマネージャは、本コンピュータの各種情報を表示、設定するユーティリティです。
プレインストールコンピュータには、インストールされていません。
ノートブックマネージャをインストールする場合は、以下の手順でインストールしてください。

ノートブックマネージャをアンインストールすると、再起動後にタスクトレイのアイコンが消えてしまう場合があります。アンインストールはしないでください。

手順1.本コンピュータに添付のドライバCD-ROM媒体をCD-ROMドライブに挿入します。

手順2.[スタート]→[ファイル名を指定して実行]の順で開きます。

手順3.「名前」に"E:\WINNT\NBMGR\SETUP.EXE"を入力し、[OK]をクリックします。(CD-ROMドライブがE:の場合)

手順4.表示されるメッセージに従い、インストールを行ってください。

[補足]
操作方法につきましては、コンピュータに添付されているオペレーションガイドを参照してください。


6.ホットキーパネルのインストールについて

ホットキーパネル ドライバ (Hotkey Panel Driver) は、ノートブックマネージャを Fn + F2 キーで起動させるドライバです。
プレインストールコンピュータには、インストールされていません。
ホットキーパネルをインストールする場合は、以下の手順でインストールしてください。

手順1.本コンピュータに添付のドライバCD-ROM媒体をCD-ROMドライブに挿入します。

手順2.[スタート]→[ファイル名を指定して実行]の順で開きます。

手順3.「名前」に"E:\WINNT\HKPANEL\SETUP.EXE"を入力し、[OK]をクリックします。(CD-ROMドライブがE:の場合)

手順4.表示されるメッセージに従い、インストールを行ってください。


7.パワープロファイラーのインストールについて

パワープロファイラーは、WindowsNT4.0上で省電力機能を制御するためのユーティリティです。
プレインストールコンピュータには、インストールされていません。
パワープロファイラーをインストールする場合は、以下の手順でインストールしてください。

手順1.本コンピュータに添付のドライバCD-ROM媒体をCD-ROMドライブに挿入します。

手順2.[スタート]→[ファイル名を指定して実行]の順で開きます。

手順3.「名前」に"E:\WINNT\POWERPRO\SETUP.EXE"を入力し、[OK]をクリックします。(CD-ROMドライブがE:の場合)

手順4.表示されるメッセージに従い、インストールを行ってください。

パワープロファイラーとタッチパッドユーティリティがインストールされている場合、タッチパッドによるディスプレイの省電力スタンバイからの復帰でデスクトップ表示が戻らない場合があります。この場合、もう一度、タッチパッドに触れることによりデスクトップ表示が戻ります。

8.スリープマネージャのインストールについて

スリープ マネージャは、本コンピュータのパワー マネージメント機能であるハイバネーション機能を有効にするために必要な領域を作成するユーティリティです。
プレインストールコンピュータには、インストールされていません。
スリープマネージャをインストールする場合は、以下の手順でインストールしてください。

手順1.本コンピュータに添付のドライバCD-ROM媒体をCD-ROMドライブに挿入します。

手順2.[スタート]→[ファイル名を指定して実行]の順で開きます。

手順3.「名前」に"E:\WINNT\SLEEPMGR\SETUP.EXE"を入力し、[OK]をクリックします。(CD-ROMドライブがE:の場合)

手順4.表示されるメッセージに従い、インストールを行ってください。

[補足]
操作方法については、コンピュータに添付されているオペレーションガイドを参照してください。


9.インテリシンク97のインストールについて

インテリシンク97は、赤外線ポートや、シリアルポート、パラレルポートを介して、他のコンピュータと通信することができるユーティリティです。
プレインストールコンピュータには、インストールされていません。
インテリシンク97をインストールする場合は、以下の手順でインストールしてください。

手順1.本コンピュータに添付のドライバCD-ROM媒体をCD-ROMドライブに挿入します。

手順2.[スタート]→[ファイル名を指定して実行]の順で開きます。

手順3.「名前」に"E:\WINNT\IS97\DISK1\SETUP.EXE"を入力し、[OK]をクリックします。(CD-ROMドライブがE:の場合)

手順4.表示されるメッセージに従い、インストールを行ってください。

■ インテリシンク97を使用するためのBIOS設定

(1) コンピュータの電源を入れた直後に[F2]キーを押下し、BIOSセットアッププログラムを起動します。

(2) メインメニューからメインメニューから"Onboard Devices Configuration"を選択します。

(3) "IrDA FIR"項目を"Enabled"に設定します。

< 画面例 >

IrDA FIR ----------------[Enabled]

Base Address ------------[2F8h]

IRQ ---------------------[3]

DMA ---------------------[3]


10.ソフトウェア電源オフ機能について

if Note BNシリーズでは、APM BIOSを使用したソフト電源オフ機能を利用することができます。
利用するには、「OKI拡張パック for Windows NT 4.0」または、「パワープロファイラー」をインストールする必要があります。
「パワープロファイラー」のインストールについては、「8.パワープロファイラーのインストールについて」を参照してください。

「OKI拡張パック for Windows NT 4.0」を使用してソフト電源オフ機能を利用する場合は、こちらを参照してください。

(注) ただし、if Note BNシリーズではBIOSの設定は特に必要ありません。


ページの先頭に戻る

Microsoft、Windows NTは米国Microsoft Corporationの登録商標です。
その他の会社名、製品名は一般に各社の登録商標です。

Rev 1.01 2000年2月
沖電気工業株式会社
Copyright© 1999-2000 Oki Electric Industry Co.,Ltd.


戻る