ドライバー&ユーティリティー

PS プリンタードライバー


仕様

ファイルサイズ 1,991,342 Byte
ファイル名称 22PS-MX-DRV-140_98620.hqx
カテゴリ 印刷ドライバ
プログラム Ver. 1.4.0
適用機種 ML22NR
適用OS Mac OS X 10.4; Mac OS X 10.3; Mac OS X 10.2
言語 日本語

更新履歴

2011/8/22
• 適用OSから、Mac OS X 10.5 Leopard、Mac OS X 10.6 SnowLeopardを削除しました。
ダウンロードファイルの変更はありません。

2008/1/21 Ver 1.4.0
• Mac OS X 105に対応しました。

2007/12/20
• Mac OS X 10.4.11での動作確認が完了しましたので、適用OSにMacOS X 10.4.11日本語版を追加しました。
尚、ダウンロードファイルの変更はありません。

2006/10/25 Ver 1.2.0
• 特定のドキュメント名において印刷エラーが発生する問題を修正しました。

セットアップ方法

Mac OS X 10.4を新規インストールした環境では、StuffIt Expanderが含まれていないため、.sitファイルが解凍できるユーティリティ類をお客様の環境にインストールしてください。

1. ダウンロードしたBinHex形式の登録ファイルをStuffIt Expander(Ver5.5以上推奨)にドラッグアンドドロップして解凍します。
2. フォルダーが作成されます。
3. フォルダー内のインストーラーをダブルクリックし起動します。
4. インストール方法の詳細はフォルダー内の 「お読みください」 をご覧ください。

ご注意
• Mac OS X 10.2.xでプリントセンターの設定時に、PPDが自動選択されない場合にはプリンターを再起動してから再度追加してください。

その他の注意事項

• 日本語以外のOSには対応していません。
• OCFやCIDビットマップフォントは使用することができません。
• Mac OS Xのアプリケーションで表示される、細明朝(SaiMincho)、中ゴシック(ChuGothic)はビットマップで印刷されます。
• Mac OS X 10.0~10.0.4環境では、「用紙厚」、「解像度」、「180°」 回転などの、プリンターの固有機能を使用することができません。
• Mac OS X 10.0環境では、プリンター名に日本語を使用するとコンピューターとプリンター間で接続することができません。
• アプリケーションによってはトナーセーブ機能は使用できません。
• 封筒1~4で、縦長(長形でフラップ(のりしろ)が上になる向き)に印刷する場合、「ページ設定」 画面の [方向] で縦方向を選択します。[ファイル]-[プリント] 画面の [プリンター機能] パネルで [180°] にチェックを付けます。
• 封筒1~4で、横長(長形でフラップ(のりしろ)が右側になる向き)に印刷する場合、「用紙設定」 画面の [方向] で横方向(中央のアイコン)を選択します。
• Mac OS X 10.0~10.2.2環境ではカスタム用紙はサポートされません。
Mac OS X 10.2.3以降ではカスタム用紙を指定することができます。
Mac OS X 10.2.3で登録した用紙名を 「ページ設定」 画面の [用紙サイズ] で選択するためには、「ページ設定」 画面の [対象プリンター] で [任意のプリンター] を選択する必要があります。
• カスタム用紙は 「ページ設定」 画面の [設定] で [カスタム用紙サイズ] を選択して登録します。
用紙サイズの幅、高さにプリンタの制限値を超えるサイズを指定した場合にはカレントトレイの用紙サイズで印刷されます。
• カスタム用紙として横長(幅>高さ)の用紙を定義して、「レイアウト」 パネルの 「ページ数/枚」 で2UPや6UPを指定して印刷すると論理ページが期待する向きに並びません。
この場合も同じサイズの縦長(幅<高さ)の用紙として登録し、印刷の向きの指定で横向きを指定して印刷してください。
• Mac OS X 10.3以降の表紙印刷は日本語のドキュメント名に対応していません。
• その他の制限事項については、ダウンロードファイル内の 「お読みください」 をご覧ください。

facebook youtube