ドライバー&ユーティリティー

PS プリンタードライバー


仕様

ファイルサイズ 12,169,863 Byte
ファイル名称 OKI_MXMLion_DPS_j_A2_2_43601.dmg
カテゴリ 推奨印刷ドライバ
プログラム Ver. 4.0.1
適用機種 C5900; ML1032; ML1035; ML1055; ML18NR; ML2020; ML2030; ML22NR; ML3010; ML3020; ML3050; ML5300; ML5400; ML7300PS; ML9055; ML9300PS; ML9500PS; ML9600PS; ML9600PS
適用OS OS X 10.10; OS X 10.9; OS X 10.8; OS X 10.7; Mac OS X 10.6; Mac OS X 10.5
言語 英語; 日本語

更新履歴

2015/10/19
・OS X 10.10 Yosemiteを対応OSに追加しました。
尚、ダウンロードファイルに変更はありません。
・OS X 10.9.5、OS X 10.10環境でご使用の場合、OKI PS Printer Driver Updaterのインストールが必要となります。

2014/11/18
• OS X 10.9環境およびOS X 10.10環境でご使用の場合、OKI PS Printer Driver Updaterのインストールが必要となります。
尚、ダウンロードファイルに変更はありません。

2014/1/28
• MICORLINE 660PSの対応OSが、「Mac OS X 10.5~10.6」 となる記載を追加しました。
尚、ダウンロードファイルの変更はありません。

2013/10/28
• OS X 10.9を適用OSに追加しました。
尚、ダウンロードファイルの変更はありません。

2013/6/5 Ver 4.0.1
• 以下の機種を適用機種に追加し、【このソフトウェアについて】欄の記載を追加しました。
ML1032PS、ML1035PS、ML1055PS、ML2020、ML2020N、ML2030N、ML3010c、ML3020c、ML3020cV、ML3050c、ML3050cV、ML7300PS、ML9055c、ML9055cV、ML9300PS、ML9500PS、ML9500PS-F、
ML18NR、ML660PS、ML22NR、ML5300、ML5400
尚、ダウンロードファイルの変更はありません。

2013/4/9 Ver 4.0.1
• 適用機種を変更しました。
尚、ダウンロードファイルの変更はありません。

2013/3/28 Ver 4.0.1
• プリントジョブアカウンティングクライアントを使用して印刷した場合に、ユーザー情報が正しく設定されない場合がある問題を修正しました。
• ドキュメント名によっては、印刷ができない場合がある問題を、修正しました。
• カラー設定項目名の記載誤りを修正しました。
• PSハーフトーン調整ユーティリティでの調整結果の反映が、うまく行えていなかった問題を修正しました。
• 以下の機種を適用機種に追加しました。
ML1032PS、ML1035PS、ML1055PS、ML2020、ML2020N、ML2030N、ML3010c、ML3020c、ML3020cV、ML3050c、ML3050cV、ML7300PS、ML9055c、ML9055cV、ML9300PS、ML9500PS、ML9500PS-F、
ML18NR、ML660PS

2012/12/20 Ver 4.0.0
• 適用機種を変更しました。
尚、ダウンロードファイルの変更はありません。

2012/12/7 Ver 4.0.0
• 適用OSを、Mac OS X 10.5以降、に変更しました。
尚、ダウンロードファイルの変更はありません。

2012/10/10 Ver 4.0.0
• 新規掲載

セットアップ方法

1. ダウンロードしたファイルをダブルクリックします。
2. デスクトップ上にディスクイメージがマウントされます。
3. ディスクイメージ内のインストーラーをダブルクリックして起動します。
4. インストーラーの実行後、プリンタードライバーアップデーター(PS)をインストールします。

その他の注意事項

・カラープリンターは、アプリケーションによっては、ブラックオーバープリント、トナーセーブ、CMYKシミュレーション機能が有効にならない場合があります。
・Mac OS Xのアプリケーションで表示される、細明朝(SaiMincho)、中ゴシック(ChuGothic)はビットマップで印刷されます。
・プリンターハードディスクにフォントが多数インストールされていると、PPDの自動選択ができない場合があります。これは、Apple社製プリンタードライバーの制限です。
・カスタム用紙は 「ページ設定」 画面の [設定] で [カスタム用紙サイズ] を選択して登録します。
用紙サイズの幅、高さにプリンタの制限値を超えるサイズを指定した場合にはカレントトレイの用紙サイズで印刷されます。
・アプリケーションによってはプリンター側のCID/OCFフォントを使用できません。
・MICROLINE PSシリーズ、Colorシリーズ、C5900では、以下の制限があります。
 ・封筒1~4で、縦長(長形でフラップ(のりしろ)が上になる向き)に印刷する場合、「ページ設定」 画面の 「方向」 で縦方向を選択します。[ファイル]-[プリント] 画面の [プリンタ機能] パネルで [180°] にチェックを付けます。(ML18NRを除く)
 ・封筒1~4で、横長(長形でフラップ(のりしろ)が右側になる向き)に印刷する場合、「ページ設定」 画面の [方向] で横方向(中央のアイコン)を選択します。
・C5900dnでは以下の制限があります。
 ・OCFやCIDビットマップフォントは使用することができません。
 ・カスタム用紙として横長(幅>高さ)の用紙を定義して、「レイアウト」 パネルの 「ページ数/枚」 で2UPや6UPを指定して印刷すると論理ページが期待する向きに並びません。
この場合も同じサイズの縦長(幅<高さ)の用紙として登録し、印刷の向きの指定で横向きを指定して印刷してください。
・MICROLINE 660PSの対応OSは、Mac OS X 10.5~10.6 です。

facebook youtube