目的・課題から探す

生産性向上


株式会社ダイヤモンドマーク様

マーキング業界では他社にはないと言われる、加工と資材・ソフトウェア販売のすべてを手がける株式会社ダイヤモンドマーク。東日本エリアにおいては最大手と言われている。競技種目によってさまざまな種類があるマーキングにおいて、近年ニーズが増えているオリジナルTシャツで使われるプリントにMICROLINE VINCI C941dnを導入。版を使用した作業に手間や時間がかかっていたプリントの生産性を著しく高めることに成功し、さらに同社の新しい市場の拡大にも貢献しつつある。

事例を見る >

有限会社岡島造船所様

愛媛県・松山の沖に浮かぶ中島で、おもに瀬戸内海で使われる内航船造船を専門とした有限会社岡島造船所。CAD図面の出力用として30年ほど前から広幅プロッターを使っている同社では、5年間使用した広幅複合機のリースアップを機にOKIデータの広幅LED複合機「Teriostar LP-1050-MF」を導入。生産性の向上と事務所スペースの有効活用を実現した。

事例を見る >

株式会社サインアーテック様

創業当初より大型看板などの広告サインを手がけ、現在は大判インクジェットプリンターを使ったアウトドア向けサイン出力では業界をリードする株式会社サインアーテック。ターポリンをメインとした出力・縫製・加工をワンストップで手がける。2014年に、生産性向上を目的とした現在の新工場へ移転を契機にOKIデータの「ColorPainter H3-104s」と「ColorPainter M-64s」を導入し、さらなる生産効率向上を実現した。

事例を見る >

株式会社シンプロ様

神戸近郊の老舗百貨店や鉄道会社を顧客に持つ株式会社シンプロ。百貨店の店舗内外のさまざまなディスプレイやポスター類、駅構内の路線図や運賃表示看板、駅名プレートなどを数多く手がけている。以前からOKIデータの「ColorPainter」を導入していたが、大量出力かつ短納期が求められるなどの顧客ニーズの変化もあり最新モデルのColorPainter M-64sを増設した。高品質と高速性を両立した出力で高い生産性を実現し、超短納期にも対応できるようになった。

事例を見る >

株式会社文伸様

東京・三鷹市で、60年近くの長きにわたり、さまざまな印刷物の制作を地域密着で手掛けてきた株式会社 文伸。同社では封筒・はがき・名刺などの小ロット印刷を行うプリンターをMICROLINE VINCI C931dnに入れ替えるとともに、封筒専用定着器ユニットをあわせて導入した。これにより、従来、工場棟にあるオンデマンド印刷(POD)機で行っていた角2封筒の印刷を、オフィスにあるVINCI C931dnで行えるようになったことで大幅な効率化を実現。さらに印刷速度の向上や用紙のカールやシワがなくなったことで、作業時間短縮にもつながってる。

事例を見る >

株式会社シミズオクト様

さまざまなイベントに関わる舞台美術や施設管理、警備業務などをワンストップで行う株式会社シミズオクト。都市プロモーションやスポーツイベント、コンサートや展示会などで使う大型施行装飾の出力も社内で行っており、多彩なニーズに対応するために、さまざまな大判プリンターを所有している。従来使用していたプリンターは生産性が課題となっていたため、高速性、高品質、耐候性の観点からOKIデータ「ColorPainter M-64s」を導入。高速と高品質を両立した出力で、生産性を向上させ、トータルのコスト削減に成功した。

事例を見る >

facebook youtube