目的・課題から探す

高速印刷


株式会社サインアーテック様

創業当初より大型看板などの広告サインを手がけ、現在は大判インクジェットプリンターを使ったアウトドア向けサイン出力では業界をリードする株式会社サインアーテック。ターポリンをメインとした出力・縫製・加工をワンストップで手がける。2014年に、生産性向上を目的とした現在の新工場へ移転を契機にOKIデータの「ColorPainter H3-104s」と「ColorPainter M-64s」を導入し、さらなる生産効率向上を実現した。

事例を見る >

株式会社シンプロ様

神戸近郊の老舗百貨店や鉄道会社を顧客に持つ株式会社シンプロ。百貨店の店舗内外のさまざまなディスプレイやポスター類、駅構内の路線図や運賃表示看板、駅名プレートなどを数多く手がけている。以前からOKIデータの「ColorPainter」を導入していたが、大量出力かつ短納期が求められるなどの顧客ニーズの変化もあり最新モデルのColorPainter M-64sを増設した。高品質と高速性を両立した出力で高い生産性を実現し、超短納期にも対応できるようになった。

事例を見る >

株式会社文伸様

東京・三鷹市で、60年近くの長きにわたり、さまざまな印刷物の制作を地域密着で手掛けてきた株式会社 文伸。同社では封筒・はがき・名刺などの小ロット印刷を行うプリンターをMICROLINE VINCI C931dnに入れ替えるとともに、封筒専用定着器ユニットをあわせて導入した。これにより、従来、工場棟にあるオンデマンド印刷(POD)機で行っていた角2封筒の印刷を、オフィスにあるVINCI C931dnで行えるようになったことで大幅な効率化を実現。さらに印刷速度の向上や用紙のカールやシワがなくなったことで、作業時間短縮にもつながってる。

事例を見る >

株式会社シミズオクト様

さまざまなイベントに関わる舞台美術や施設管理、警備業務などをワンストップで行う株式会社シミズオクト。都市プロモーションやスポーツイベント、コンサートや展示会などで使う大型施行装飾の出力も社内で行っており、多彩なニーズに対応するために、さまざまな大判プリンターを所有している。従来使用していたプリンターは生産性が課題となっていたため、高速性、高品質、耐候性の観点からOKIデータ「ColorPainter M-64s」を導入。高速と高品質を両立した出力で、生産性を向上させ、トータルのコスト削減に成功した。

事例を見る >

社会福祉法人 恩賜財団 済生会支部茨城県済生会 水戸済生会総合病院様

地域に密着した高度医療の提供と救急医療への貢献を二本柱に掲げ、水戸医療圏の中核病院として長年、絶大な信頼を寄せられている水戸済生会総合病院。同病院では、月末に大量の連続印刷を行うレセプト印刷用プリンターに不具合が頻発し、業務に大きな支障を来していた。そこで電子カルテ導入を機に、レセプト印刷用プリンターをOKIデータの「COREFIDO B432dnw」に入れ替え。7台のプリンターで分散印刷を行うことで作業時間を大幅に短縮するとともに、「5年間無償保証」により修理コストの削減にも成功している。

事例を見る >

株式会社五光設備様

島田市の上下水道指定工事店として、地元密着型で住宅の水回り工事を行う株式会社五光設備(以下、五光設備)。元請けゼネコンからの水道工事積算見積の際に出力する大量の図面や、行政からの入札案件の施工時に必要な数百ページに上る書類など、年間15,000枚にのぼる印刷費や、限られたスペースの事務所で、複合機の設置スペースが課題となっていた。そこで、同社では従来使用していた複合機が更新時期を迎えたことを期に、COREFIDO3「MC883dnwv」(以下、コアフィード3)に入れ替え、導入コストを抑えつつ、最新機器に置き換えと省スペース化を実現。また、セルフメンテナンスができることによる、保守の待ち時間を削減することに成功した。

事例を見る >

医療法人社団 東山会 調布東山病院様

1982年の設立以来、「市民のだれもが、いつでも、安心して、より高度の医療を受けられる病院」を標榜し、地域医療に貢献し続けてきた調布東山病院。同病院では電子カルテシステム導入に伴い、予想外にプリント出力が激増。プリンタへの負荷が増え、不具合が頻発。業務効率の低下や保守コストの増加に頭を悩ませていた。そこで従来使用していたプリンタに換え、OKIデータの「COREFIDO B432dnw」ほかを20台以上導入。信頼性・メンテナンス性の高さから業務が止まることがなくなった上、“5年間無償保証”により今まで支払っていた保守コストも大幅に削減。さらにファーストプリントにかかる時間が従来の半分ほどになったことから患者の待ち時間が短縮され、患者満足度の向上にも寄与している。

事例を見る >

学校法人 日本電子専門学校様

東京都新宿区にある日本電子専門学校のグラフィックデザイン科では、2016年4月、パッケージデザインの授業で白版印刷を可能にし、学生たちの表現の幅を広げたいという考えから、カラーLEDプリンタ「MICROLINE VINCI C941dn(以下VINCI C941dn)」を導入。これにあたり、学生たちが白版印刷のメリットやプリンタの操作法を学び、スムーズに活用していけるようにするために、OKIデータの担当者を学校に招き、実際に「VINCI C941dn」を用いて白版印刷のデザインデータ作成・出力を体験するコラボレーション授業を実施した。

事例を見る >

株式会社アーキテクチャー様

雑誌広告やWebサイトなど、多様なコンテンツを制作する株式会社アーキテクチャーでは、OKIのA3カラーLED複合機「COREFIDO3 MC863dnwv」を導入。前機種「COREFIDO MC860dtn」からのリプレースで、選定時の決め手となったセルフメンテナンス性や、さらに堅牢化したセキュリティ性などについて話を訊いた。

事例を見る >

株式会社ロッテ様

ドイツの文豪ゲーテの名著「若きウェルテルの悩み」に登場するヒロイン「シャルロッテ」を社名の由来に持ち、「お口の恋人 ロッテ」のキャッチフレーズでよく知られる株式会社ロッテ。パッケージも商品の売り上げを左右すると言われる菓子業界において、その商品企画段階で検討に使うダミーパッケージの作成にMICROLINE VINCI C941dnを導入。従来と比較して、格段に完成度の高いダミーパッケージを生み出すことで、企画の精度を高め、商品力の向上に寄与している。

事例を見る >

学校法人多摩美術大学様

80年の歴史を持ち、「多摩美」の愛称で知られる多摩美術大学の美術学部グラフィックデザイン科では、パッケージデザイン用白版印刷のニーズに応えるためMICROLINE VINCI C941dnを導入。その表現力の高さから、パッケージデザイン以外にも、さまざまな制作物を出力し、グラフィックデザインを学ぶ学生たちの表現力の可能性を広げている。いる。

事例を見る >

GameBank株式会社様

今回ITmedia PC USERが実施したOKIデータ「COREFIDO MC883dnwv」モニター企画に当選したのは、スマホゲームの開発、運用を主要な事業とするオンラインゲームパブリッシャーのGameBank株式会社(以下、GameBank)。まさにイマドキのIT企業だ。その先進的なオフィス環境で「COREFIDO」はどう受け止められるのか。実際の使用感を聞いた

管理部門編はこちら >

開発部門編はこちら >

倉持智明税理士事務所様

東京都荒川区にオフィスを構え、医療系に特化した税務・会計業務を手掛けている倉持智明税理士事務所。同事務所では2015年9月、OKIのA3カラーLED複合機「COREFIDO MC863dnwv」を導入。業務にフル活用している。小規模な士業のオフィスにおいて、「MC863dnwv」を選択することにはどのようなメリットがあるのか?同事務所所長・税理士 倉持智明氏に訊いた。

事例を見る >

株式会社パッション様

「株式会社パッション」は青森県弘前市に本拠を構えるソフトウェア開発会社だ。その業務はPC周辺機器のデバイスドライバやファームウェアなど組み込み系ソフトの開発から、プリントユーティリティ、画像処理ソフト、スマートフォン用アプリ、さらには金融関連システムの構築まで幅広く手がけている。

事例を見る >

都市プランナー 府川充様

A3カラー印刷で試行錯誤をしてきた府川氏だが、COREFIDO C811dnの導入によってプリンティング環境は大幅に改善されたという。

事例を見る >

facebook youtube