お客様への重要なお知らせ

Mac OS X 10.6.8環境で当社製品使用時の不具合について

2011年8月9日

  • 掲載日:2011年7月6日
  • 更新日:2011年8月9日
  • 株式会社沖データ

日頃は当社製品をご愛用いただきまして、誠にありがとうございます。

さて、Mac OS X 10.6.8環境でネットワーク上に接続された当社製PostScript対応プリンターに印刷した場合に発生する不具合について、現在までに判明している対策についてご案内いたします。
なお、当社製のプリンタードライバーにつきましては、Mac OS X 10.6.7までの動作確認は実施しております。

Mac OS X バージョン10.6 "Snow Leopard"への対応について >

お客様には、多大なるご迷惑をおかけいたし誠に申し訳ございません。深くお詫び申し上げます。

不具合内容

現在までに、次の2つの現象が確認されています。

現象1

10.6.8にアップデート後、Macから印刷指示にてMac側のプリントキューが一時停止となる。プリントキューを再開しても、直ぐに停止してしまう。

現象2

10.6.8にアップデート後、Macから印刷指示にて印刷は行われるが、機器側は正常であるにもかかわらず、Macのプリントキューに以下のメッセージが表示される。
  • 「廃インクまたは廃トナー容器が一杯です!」
  • 「OPCは交換時期です」
  • 「OPCはもうすぐ交換が必要になります。」

※上記不具合が発生しない場合もあります。

対象機器

  • ネットワーク環境に接続された、PostScript対応プリンター。

回避策

現象1の回避策(2011年8月9日更新)

10.6.8環境をお使いの場合は、以下の手順でOSのソフトウェア・アップデートを行ってください。

  • 手順1:アップルメニューから[ソフトウェア・アップデート…]をクリックします。
  • 手順2:ソフトウェア・アップデート情報に[Mac OS X 10.6.8 追加アップデート]が表示されていることを確認し、[n項目をインストール]ボタンをクリックしてください。

※アップデートをインストールするには管理者ユーザー名とパスワードが必要です。

※ソフトウェア・アップデート情報に[Mac OS X 10.6.8 追加アップデート]が表示されていない場合は、既にアップデートを行っている可能性があります。アップデートの有無を確認するには、アップルメニューから[システム環境設定]をクリックし、[ソフトウェア・アップデート]を選択し、[インストールされたソフトウェア]に[Mac OS X 10.6.8 Supplemental Update]の表示を確認してください。この表示がある場合は、既にアップデート済みとなります。

Mac OS X 10.6.8にアップデートし不具合が発生し、更新前の本ホームページに掲載していた回避手順にてPPDファイルを修正されている場合は、以下の手順でプ リンタードライバーを再登録することで、元の状態に戻すことができます。なお、これにより現象2が発生する場合があります。
  • 手順1:アップルメニューから[システム環境設定]をクリックし、[プリントとファクス]を選択します。
  • 手順2:対象のプリンターを選択し、[-]ボタンをクリックし、プリンターを削除してください。
  • 手順3:[+]ボタンをクリックし、手順に従いプリンターの追加を行ってください。

※プリンターの追加・削除方法についての詳細は、ユーザーズマニュアル等を参照ください。

現象2の回避策

  • 本現象に対する回避策は、現在確認中です
  • プリンターが消耗品寿命またはメンテナンス品寿命になった場合、プリンターの表示部に正しいメッセージが表示されます。

本件に関するお問い合わせ

OKIデータ お客様相談センター
TEL:0120-654-632 (携帯電話からは 0570-055-654)
受付時間 月曜日~金曜日:9時~20時 土曜日:9時~17時(ただし 祝日を除く)
facebook youtube

©1995-Tue Feb 19 20:39:06 UTC 2019 Oki Data Corporation