お客様への重要なお知らせ

A4カラーLEDプリンターC310dn・C510dn・C530dnのベルトユニット取り付け作業時の注意事項について

2010年8月20日

  • 株式会社沖データ

日頃は当社製品をご愛用いただきまして、誠にありがとうございます。


当社COREFIDOシリーズA4カラープリンター「C310dn」、「C510dn」および「C530dn」をご購入のお客様に対し、ベルトユニットの脱着作業時の注意事項をご案内いたします。

対象製品名

  • C310dn
  • C510dn
  • C530dn

ベルトユニットの取り付け作業時の注意事項

「C310dn」、「C510dn」および「C530dn」では、両面印刷時に発生した紙づまりの対処作業およびベルトユニット寿命時の交換作業において、お客様によるベルトユニットの取り外し、取り付け操作が必要となります。
その際、ベルトユニットの装着操作でベルトユニットを正しく取り付けられなった場合、その後の印刷が正常に行われなくなったり機器動作時に異常音が発生することがあります。
つきましては、紙づまり対処作業やベルトユニット寿命時の交換作業などでベルトユニットを取り付ける場合は、以下の操作手順に従い正しく取り付け操作をしていただくようお願い申し上げます。


なお、紙づまり発生時およびベルトユニットを寿命交換される場合の詳細手順については、ユーザーズマニュアル「セットアップと使い方編」の以下の章をご覧ください。

  • 紙づまり発生した場合:「4章困ったとき ■紙づまりになったとき」
  • ベルトユニットを寿命交換される場合:「5章メンテナンス ■ベルトユニットの交換」

ベルトユニットの取外し、取付け操作手順

ベルトユニットの取り外し操作手順

  • トップカバーを開いてイメージドラムユニットを取り外すと、ベルトユニットは見えます。
  • ベルトユニットの「ロックレバー(青色)」は、中央部の両端にあります。(図1)
  • 「ロックレバー(青色)」を持ち上げ、そのまま上方に引き上げます。ベルトユニットを取り外すことができます。(図2)
図1 装置からIDユニットを取り外した状態の写真
図2 ベルトユニットを取り外した状態の写真

ベルトユニットの取り付け操作手順

取り付けるベルトユニットの持ち方の写真
(1) ベルトユニットの両端にある「ロックレバー(青色)」をつまみ、指でベルトユニットを押さえます。
ベルトユニットの装着手順
(2)-1 ベルトユニットを斜めに持ち上げます。
(2)-2 そのまま装置にベルトユニットを斜めに差し込みます。
(2)-3 取り付け位置((3)にて詳細を説明いたします)にベルトユニットを差し込みます。
(2)-4 取り付け位置に装着したベルトユニットを手前側に回転させます。
(2)-5 正しい位置に取り付けできます。
ベルトユニットを取り付ける位置の写真
(3) 装置の取り付け位置(写真上段)にベルトユニット(写真下段)の黄色い線部分の溝を差し込みます。
正しい取り付け状態の写真

(4) 装置にベルトユニットを取り付けた後、上図のように、

  1) 装置の板金と、ベルトユニットの白い部品の間に隙間があいていること。

 2) 装置の板金が、ベルトユニットの脇からはみ出していること。

をご確認ください。

正しくない取り付け状態の写真
(5) 上の写真のように、隙間があいていない場合は、もう一度ベルトユニットを持ち上げ、再度取り付けを行ってください。
正しくない取り付け状態の写真
(5) 上の写真のように、隙間があいていない場合は、もう一度ベルトユニットを持ち上げ、再度取り付けを行ってください。
正しくない取り付け状態の写真
正しくない取り付け状態の写真
(6) 上の写真のような場合も、誤った取り付け方法ですので、もう一度ベルトユニットを持ち上げ、再度取り付けを行ってください。
正しくない取り付け状態の写真

(7)最後に、ベルトユニットの両端にある「ロックレバー(青色)」を押しこみロックを行ってください。


以上でベルトユニットの取り付け作業は終了です。


イメージドラムユニットを取り付け、トップカバーを閉じてください。印刷を再開できます。

本件に関するお問い合わせは、当社お客様相談センターまでお問い合わせください。

【受付窓口】OKIデータ お客様相談センター
電話:0120-654-632(携帯電話からは 03-5846-5921)
【受付時間】月曜日~金曜日:9時~20時 土曜日:9時~17時(祝日を除く)
facebook youtube