お客様への重要なお知らせ

カラー複合機「MC860dn/MC860dtn」および「C3530MFP」をご使用のお客様へ

2010年3月17日

  • 株式会社沖データ

日頃は当社製品をご愛用いただきまして、誠にありがとうございます。


さて、当社製造のカラー複合機「MC860dn/MC860dtn」および「C3530MFP」にて、ファクスドライバーを使用してファクス送信する 場合におきまして、“標準設定”のままで“外部の送信先複数個所に同時送信(同報送信)”すると、全ての送信先名と送信先ファクス番号が印刷された送付状 を付加して、全ての相手先に送信されるため、お客様のご使用方法によっては、個人情報(全ての送信先名と送信先ファクス番号)が、外部へ配信されるおそれ がございます。

なお、「MC860dn/MC860dtn」および「C3530MFP」本体からファクス送信される場合は、機器側での送付状付加は行っておりませんので、本問題は発生いたしません。


お客様の個人情報保護に対する配慮が足りなかった点に関しまして深くお詫び申し上げます。


つきましては、

  1. ファクスドライバーを使用してファクス送信する場合には、“送付状を付加しない”を標準設定にしたファクスドライバーを、ホームページのダウンロードページに掲載いたします。なお、新しいファクスドライバーのバージョンは以下の通りです。

    MC860シリーズ用ファクスドライバー(2010年3月23日掲載)

    C3530MFP用ファクスドライバー(2010年3月25日掲載)

  2. ファクスドライバーが入っている以下のバージョンのソフトウェアCD-ROMをお持ちでしたら、お手数ですがOKIデータお客様相談センターまでご連絡いただければ、上記Driver Versionが入ったソフトウェアCD-ROMをお送りいたします。
    • MC860dn/MC860dtn:ソフトウェアCD-ROM Ver.1.0 または Ver.2.0
    • C3530MFP:ソフトウェアCD-ROM Ver.1.0


  3. 現状のファクスドライバーで外部へ同報送信される場合は、以下の手順を参照してファクスドライバーの設定が、適切な設定であることをご確認いただいたうえで送信してください。

お手数をおかけして誠に申し訳ございませんが、以上、よろしくお願い申し上げます。
お客様にはご迷惑をおかけいたしますことを深くお詫び申し上げます。今後、このようなことが無いよう製品仕様を決定してまいりますので、引き続き当社製品をご愛用賜りますよう、心よりお願い申し上げます。

対象製品名

MC860シリーズ用ファクスドライバー

32Bit版
OKI MC860 Windows Vista/Windows XP/Windows 2000/Windows Server 2008/Windows Server 2003 Faxドライバー
Driver Package Version 1.0.4 or 1.0.8 or 1.0.9
64bit版
OKI MC860 Windows Vista/Windows XP/Windows Server 2008/Windows Server 2003 x64 Edition Faxドライバー
Driver Package Version 1.0.4 or 1.0.8 or 1.0.9
※Windows7も上記ドライバーとなります。

C3530MFP用ファクスドライバー

32bit版
OKI C3530 MFP Windows 2000/Windows XP/Windows Server 2003/Windows Vista Faxドライバー
Driver Version 2.0.3 or 2.0.6
64bit版
OKI C3530 MFP Windows XP/Windows Server 2003/Windows Vista x64 Edition Faxドライバー
Driver Version 2.0.3 or 2.0.6
※Windows7も上記ドライバーとなります。

ファクスドライバーの設定確認、変更方法

※以降の説明は、OS:Windows XP、アプリケーション:MS-Word2003からファクスドライバーを使ってファクス送信する場合の操作例です。

※変更した設定を通常使用する設定として保存する方法、オペレーティングソフト(OS)毎の設定操作につきましては、下記FAQにて操作詳細をご案内させていただきます。

ユーザーズマニュアル応用編に、コンピュータからのファクス送信手順が記載されていますのでご参照ください。

  • MC860dn/MC860dtn:ユーザーズマニュアル 応用編(CD-ROM) 191ページ~195ページ
  • C3530MFP:ユーザーズマニュアル 応用編(CD-ROM) 236ページ~240ページ
アプリケーション画面
1. アプリケーションソフトウェア画面のメニューバーより<ファイル(F)>⇒<印刷(P)>の順にクリックします。
印刷設定画面

2. 「印刷」のダイアログが開いたら、<プリンタ名(N)>で“OKI MC860(FAX)”または“OKI C3530MFP(FAX)”を選択します。

3. <プロパティ(P)>をクリックします。
※右図は、MC860(FAX)を選択した場合です。

FAXプロパティ画面

4. 「OKI MC860(FAX)のプロパティ」または「OKI C3530MFP(FAX)のプロパティ」のダイアログが開いたら、<送付状>のタグをクリックします。


5. <送付状の設定(C)>の設定を確認、変更します。
※設定内容については、下記の【送付状の設定と動作について】をご参照ください。


6. 送信先や発信元の設定後、OKをクリックします。
※右図は、MC860(FAX)の標準設定状態のプロパティ画面です。
※<標準(U)>をクリックすると標準設定状態に戻りますのでご注意ください。

送付状の設定と動作について

<送付状の設定(C)>では、次の設定を選択できます。

  1. 「付加しない」が選択されている場合

    送付状は付加されません。

  2. 「全員に同一シートを付加」が選択されている場合(標準設定)

    全ての送信先に対して、全送信先名とファクス番号(下記4項の「送信先のFAX番号を印刷」が選択されている場合のみ)を印刷した送付状を付加して送信されます。

  3. 「送信先毎に別シートを付加」が選択されている場合

    送信先毎に、個別の送信先名とファクス番号(下記4項の「送信先のFAX番号を印刷」が選択されている場合のみ)を印刷した送付状を付加して送信されます。

  4. 「送信先のFAX番号を印刷(F)」のチェックボックスがチェックされている場合(標準設定)

    送付状に相手先ファクス番号が印刷されます。チェックが外れている場合は、ファクス番号は印刷されず、送信先名のみ印刷されます。ただし、上記1項の「付加しない」を選択した場合には、この機能は無効となります。

  5. 「説明を印刷(O)」のチェックボックスがチェックされている場合。

    電話帳の 「説明(M)」 に設定された内容が、送付状に印刷されます。ただし、上記A項の「付加しない」を選択した場合には、この機能は無効となります。
    (標準設定では、このチェックボックスはチェックされていません。)

本問題に関するお問い合わせは、当社お客様相談センターまでお問い合わせください。

【受付窓口】OKIデータ お客様相談センター
電話:0120-654-632(携帯電話からは 03-5846-5921)
【受付時間】月曜日~金曜日:9時~20時 土曜日:9時~17時(祝日を除く)
facebook youtube