本文へ移動

OKI Open up your dreams

プレスリリース

2021年11月4日

OKIとコクヨ、テレプレゼンスロボットを使ったこころとからだの健康性を高めるオフィス向けソリューションの検証を開始

ロボットが働く人に語りかけ、健康行動につながる行動変容を促す

OKIは、コクヨ株式会社(本社:大阪府大阪市 代表取締役社長:黒田 英邦 以下コクヨ)と、オフィスで健康性を高めるソリューションの共同検証を開始しました。テレプレゼンス機能(注1)を搭載したスマート・ロボット「temi(注2)」にOKIが開発した行動変容エンジンを搭載し、オフィスで働く人に語りかけを行うことで、こころとからだを整える健康行動の促進・習慣化を実現するオフィス向けソリューションの提供を目指します。


検証するソリューションのイメージ

コロナ禍でテレワークが急速に進み、運動不足による肥満率増加などの身体的な健康被害のほか、ストレス蓄積による不安やメンタル不調といった課題が散見されるようになってきました。一方、オフィスワーカーと在宅ワーカーの情報の格差など、コミュニケーションの差がチームワークとして全体の生産性に影響を与えることも問われはじめています。これらの課題は今後ハイブリッド化していく働くシーンにおいて、ますます複雑になってくると予想されます。

こうした課題への解決策として、OKIは、健康行動の促進と習慣化を目指した行動変容技術を研究し、ひとりひとりの生活習慣に応じた最適な健康行動の提案メッセージを提示する独自のアルゴリズムを開発しました。これを搭載した行動変容エンジンは、個人の属性や日常生活で取得できる行動データ、バイタルデータに行動科学や健康心理学の知見を掛け合わせ、最適な提案メッセージを出力します。またコクヨは、テレプレゼンス機能を搭載したスマート・ロボット「temi」に注目。今後コミュニケーション補完ツールとしてオフィスへの導入が期待されているtemiを活用した健康増進ソリューションの企画を開始しました。

今回の検証では、OKIの行動変容エンジンを搭載した「temi」が、笑顔、挨拶、運動など、こころとからだを整える健康行動を促すメッセージをオフィスで働く人たちに直接語りかけ、それによって生じる健康行動の促進効果を測定します。今後、両社はOKIの情報通信技術とコクヨのオフィス等環境構築の知見を掛け合わせ、働く人の働きがいと生産性の土台となる健康増進に寄与し、企業の成長に貢献していきます。

用語解説

  • 注1:テレプレゼンス機能

    遠隔地にいながら、対面で同じ空間を共有しているような感覚を提供する機能

  • 注2:temi

    Robotemi社が開発した、AIアシスタント機能を持ち、自律移動と遠隔操作の両方が可能なスマート・ロボット。
    オフィシャルサイト:https://www.robotemi.jp/
    国内総代理店:株式会社hapi-robo st(本社:東京都世田谷区 社長:富田 直美)(https://hapi-robo.com/

  • 沖電気工業株式会社は通称をOKIとします。
  • 「temi」はRobotemi社の商標または登録商標です。
  • その他、本文に記載されている会社名、商品名は一般に各社の商標または登録商標です。
本件に関する報道機関からのお問い合わせ先
広報部
電話:03-3501-3835
お問い合わせフォーム
本件に関するお客様からのお問い合わせ先
イノベーション推進センター ビジネス推進部
お問い合わせフォーム
  • 各リリースの記載内容は発表日現在のものです。その後予告なしに変更される場合がありますので、あらかじめご了承ください。

ページの先頭へ

Special Contents

      • YouTube

      お問い合わせ

      お問い合わせ