本文へ移動

OKI Open up your dreams

プレスリリース

2021年4月5日

OKIネクステック株式会社
沖電気工業株式会社

インテル次世代CPU搭載のフルカスタムCPUボード開発サービス開始

「Intel® Atom® x6000Eプロセッサー・シリーズ」を搭載し、産業用IoTに対応


Intel Atom x6000Eプロセッサー搭載CPU評価ボード

OKIグループでDMS(設計・生産受託サービス)事業を展開するOKIネクステック(社長:野末 正仁、本社:埼玉県所沢市、以下ONT)は、産業用IoT向けに強化された次世代CPU「Intel® Atom® x6000Eプロセッサー・シリーズ」を搭載したCPU評価ボード(注1)(以下本評価ボード)を開発しました。本評価ボードをベースに、お客様の要求に応じた「フルカスタムCPUボード(注2)開発サービス」を5月より開始します。5月よりお客様のシステム先行評価用として本評価ボードの無償貸出を開始して商品開発を支援し、FA、ロボットなど産業機器の制御装置を開発する企業をターゲットに、年間10億円の売上を目指します。

生産現場で導入が進む産業用IoTの分野では、さまざまな生産設備や産業用機器がネットワークでつながり、AI、ロボット、エッジコンピューターの導入、およびクラウドとの連携により、製品品質と生産性の向上を実現する取り組みが活発化しています。このたび開始する「フルカスタムCPUボード開発サービス」は、産業用IoTで求められるリアルタイム性、セキュリティ、機能安全を実現した本評価ボードをもとに、お客様の要求に柔軟に対応するフルカスタムのCPUボードを開発するものです。ONTの保有する各種デバイスやLAN、USB、ディスプレイなどの周辺技術、Windows®などのオペレーティングシステムを可動させるためのU-EFI(注3)カスタマイズ技術およびノウハウを活用することで、お客様の開発期間の短縮に貢献します。また、省電力設計や、お客様製品の組込み許容スペースに合わせたボードの小型化・特殊形状にも柔軟に対応し、設置環境に合わせた設計や長期稼働を可能とするための部品選定から信頼性評価まで対応します。

本サービスのベースとなる本評価ボードは、最大2.5Gbpsのイーサネット・ネットワーク、および高精度の時間同期機能によって安全かつ信頼性の高いデータ配信を可能とし、リアルタイム性を実現しています。また、デジタル認証、暗号化など最新のテクノロジーを組み込み、セキュリティを確保しています。機能安全については、安全規格に対応できるインターフェイスをサポートしており、機器の異常による危険事象のリスクを低減する技術が搭載されています。ONTは、フルカスタムCPUボード開発サービスにより、多様化するお客様のニーズに柔軟に対応してまいります。

販売計画

標準価格
個別見積
販売目標
年間10億円
サービス開始
2021年5月6日

用語解説

  • 注1:CPU評価ボード

    CPUを使用して評価を行うために作成・提供される、動作に必要な周辺チップや回路、端子などを搭載した基板。

  • 注2:フルカスタムCPUボード

    お客様のニーズに合わせ、機能・インターフェイスの追加や削除、および装置に合わせた基板外形等をカスタマイズして開発するCPUボード。

  • 注3:U-EFI(Unified Extensible Firmware Interface)

    オペレーティングシステムを起動する前に、ハードウェアを制御するためのプログラム。

リリース関連リンク

本評価ボードの概略仕様

項目 仕様
CPU Intel Atom x6000Eプロセッサー・シリーズ
x6212RE(6W、1.2GHz、Industrial)、x6414RE(9W、1.5GHz、Industrial)
x6425RE(12W、1.9GHz、Industrial)、x6427FE(12W、1.9GHz、FUSA)
x6200FE(4.5W、1.0GHz、FUSA)
メモリ DDR4-3200 SO-DIMM×1スロット(最大32GB)
グラフィック SoC内蔵グラフィックス・コントローラ、Display Port×2ポート、
USB Type C Display Port Alternate mode×1ポート
USB USB Type C×1ポート+USB3.1 Type A×3ポート+USB2.0 Type A×1ポート
SATA SATA Gen3.0(6Gbps)対応
M.2 Key M 2242コネクタ×1+SATA コネクタ(22pin)×1
LAN 10Mbps/100Mbps/1Gbps/2.5Gbps SGMII、PHY:GPY211(Intel)
トランス内蔵 RJ45 コネクタ×2、TSN対応(LINUXのみ)
microSD SD Card 3.0、microSD カード・スロット×1
拡張バス PCI Express(Gen.3)×4 スロット×1、PCIe×2接続
電源 DC+12V単一
基板サイズ 182(W)×128(D)×40(H)mm
  • 沖電気工業株式会社は通称をOKIとします。
  • OKIネクステック株式会社は、通称をOKIネクステックとします。
  • Intel、インテル、Intel Atomは、アメリカ合衆国および/またはその他の国におけるIntel Corporationまたはその子会社の商標です。
  • Windowsは、米国Microsoft Corporationの米国および他の国における登録商標です。
  • その他、本文に記載されている会社名、商品名は一般に各社の商標または登録商標です。
本件に関する報道機関からのお問い合わせ先
OKI 広報部
お問い合わせフォーム
本件に関するお客様からのお問い合わせ先
OKIネクステック 開発本部 技術第2部
電話:0267-22-1748
お問い合わせフォーム
  • 各リリースの記載内容は発表日現在のものです。その後予告なしに変更される場合がありますので、あらかじめご了承ください。
Get Adobe Reader
PDFの閲覧にはAdobe Readerが必要です。Adobe社のサイトからダウンロードしてください。

ページの先頭へ

Special Contents

      • YouTube

      お問い合わせ

      お問い合わせ