本文へ移動

OKI Open up your dreams

プレスリリース

2021年2月4日

DMS事業子会社2社を合併し「OKIネクステック」設立


新会社OKIネクステック本社

OKIは、インフラ・産業・医療機器分野でDMS(設計・生産受託サービス)事業を展開する株式会社沖電気コミュニケーションシステムズ(所在地:埼玉県所沢市、以下OCM)と長野沖電気株式会社(所在地:長野県小諸市、以下NOK)を合併し、2021年4月1日にOKIネクステック株式会社を設立します。

新会社はOCMとNOKの経営資源と事業およびユーザーを継承し、CPUボードから電源・通信装置までカバーする幅広い技術で設計・生産のワンストップサービスを実現するとともに、経営資源を有効活用することで、既存領域の強化と新規分野への参入を進めます。また、埼玉・長野の2ヶ所に生産拠点を有することを活かし、事業継続の面でも安心・安全をお届けする最適な生産体制を構築し、上流の設計段階から装置生産までを一貫で受託するDMS事業のさらなる拡大を目指します。

今回の合併では、OCMを存続会社としNOKを吸収合併します。本合併期日(効力発生日)4月1日をもって、存続会社の商号を「OKIネクステック株式会社」(新商号)に変更する予定です。

新会社の概要

商号
OKIネクステック株式会社
代表者
代表取締役社長 野末 正仁
本社所在地
埼玉県所沢市上山口1番地
資本金
4.0億円(沖電気工業株式会社100%)
従業員数
278名(グループ連結:766名)
主な事業内容
情報・通信機器、産業用電子機器、医療用電子機器およびその他電子機器並びに電子部品の開発、設計、製造、販売、保守
  • 沖電気工業株式会社は通称をOKIとします。
  • その他、本文に記載されている会社名、商品名は一般に各社の登録商標または商標です。
本件に関する報道機関からのお問い合わせ先
広報部
お問い合わせフォーム
本件に関するお客様からのお問い合わせ先
株式会社沖電気コミュニケーションシステムズ 企画部
お問い合わせフォーム
長野沖電気株式会社 企画管理部
お問い合わせフォーム
  • 各リリースの記載内容は発表日現在のものです。その後予告なしに変更される場合がありますので、あらかじめご了承ください。

ページの先頭へ

Special Contents

      • YouTube

      お問い合わせ

      お問い合わせ