本文へ移動

OKI Open up your dreams

プレスリリース

2020年11月16日

山梨中央銀行と次世代型ハイカウンターの実現に向けた取り組みを開始

事務手続きの負担を軽減し窓口業務の9割を軽量化

OKIは、株式会社山梨中央銀行(本店:山梨県甲府市、頭取:関 光良、以下 山梨中央銀行)とともに、2021年4月の試行開始を目指し、現金取り扱い事務のセルフ化を含む営業店次世代型ハイカウンター(注1)の実現に向けた取り組みを開始しました。山梨中央銀行が開発する「タブレット受付システム」とOKIのセルフ入出金機「SmartCashStation」をミドルウェア「CounterSmart」で連携させた次世代型ハイカウンターの構築により、営業店窓口におけるお客さまの記入レス・職員のオペーションレス・ペーパーレス・検証レス・現金ハンドリングレスの実現を目指します。


次世代型ハイカウンター 実現イメージ

山梨中央銀行では、窓口業務の効率化・ペーパーレス化を目指すなかで、現金の管理をいかに効率化するかが課題となっていました。今回構築する次世代型ハイカウンターは、タブレットとセルフ操作型入出金機を組み合わせた新しい窓口です。来店されたお客さまは伝票を記入することなく、振込や税公金の納付などの取引内容をタブレットに入力し、本人確認など必要最小限の確認を職員がサポートすることで、取引が完結します。入金など現金の取り扱いは「SmartCashStation」にてお客さま自身が行うことで、お客さまの事務手続きにかかる負担を軽減しながら、現金管理を含む窓口業務の約9割を軽量化することを目指します。

OKIはネットワーク型セルフ入出金機「SmartCashStation」と「CounterSmart」により、現金を取り扱う店舗の窓口業務の軽量化を支援し、店舗変革の実現をサポートしていきます。

用語解説

  • 注1:ハイカウンター

    一般的に金融機関様の営業店で現金授受を伴う手続きを行う窓口のこと

リリース関連リンク

  • 沖電気工業株式会社は通称をOKIとします。
  • その他、本文に記載されている会社名、商品名は一般に各社の商標または登録商標です。
本件に関する報道機関からのお問い合わせ先
広報部
お問い合わせフォーム
本件に関するお客様からのお問い合わせ先
統合営業本部 企画管理部
電話:03-3454-2111
  • 各リリースの記載内容は発表日現在のものです。その後予告なしに変更される場合がありますので、あらかじめご了承ください。

ページの先頭へ

Special Contents

      • YouTube

      お問い合わせ

      お問い合わせ