本文へ移動

OKI Open up your dreams

プレスリリース

2020年10月28日

ニューノーマルで加速するコンタクトセンターのデジタルシフトを実現する新サービス「CTstage Cloud™」を販売開始

国内実績No.1のCTstage®がコンタクトセンタークラウドサービス市場へ本格参入

CTstage Cloud

OKIは、コンタクトセンターシステムで国内シェアNo.1(注1)を誇る「CTstage®」の新サービスとして、Microsoft Azure上のコンタクトセンタークラウドサービス「CTstage Cloud™(シーティーステージ クラウド)」を、本日より販売開始いたします。CTstage Cloudは、CTstageが培ってきた豊富な機能とサポートサービスに加え、お客様の行動様式の変化に対応したノンボイス(非音声)機能も備えた新しいコンタクトセンターを、低価格なクラウドサービスで実現します。OKIはCTstage Cloudによりデジタルシフトが加速するコンタクトセンタークラウドサービス市場へ本格的に参入し、3年間で15,000席の販売を目指します。

新型コロナウイルスの感染拡大がもたらす行動様式の変化により、コンタクトセンターにおいても需要変動が頻発し、オペレーターの配置や運用変更への柔軟かつ迅速な対応が求められています。こうしたニーズに応えるコンタクトセンターのITインフラとして、すぐに始められ、構成や運用の変更が容易なクラウドサービスに注目が集まっていますが、従来のクラウドサービスは、オンプレミス(自社運用)に比べ機能やサポート範囲が限定的でした。

一方、スマートフォンやSNSの浸透などにより、企業と消費者とのコミュニケーションスタイルのデジタル化が進み、コンタクトセンターにおいてもチャットなどの新たなノンボイス(非音声)システムの導入が進められています。しかし、従来のボイス(音声)システムとは別システムであるため履歴管理なども異なり、両システムをまたがる応対がスムーズに引継がれず、コンタクトセンター全体の効率的なマネジメントが困難という課題があります。

このたび発売するCTstage Cloudは、CTstageが1996年の発売以来25年間にわたって培ってきた豊富な機能を、すべてサービスメニューとして提供します。使いやすさで定評があり、一目でコンタクトセンターの稼働状況を把握できる、リアルタイム状態管理ツールや統計ツールなどの管理機能はもちろん、従来のクラウドサービスでは提供が困難だった、お客様の状態にあわせた複雑なルーティングが可能なACD(注2)やIVR(注3)も含め、コンタクトセンターに求められるさまざまな機能を選択して利用することができます。また、各種の設定変更は事業者自身で行うことが可能で、需要の変動や取扱品目の変更、規模拡大、オペレーター拠点の分散化・在宅化など、事業環境の変化に対応した最適なコンタクトセンターの構築が可能です。

CTstage Cloudは、その基盤としてパブリッククラウドのMicrosoft Azureを採用し、安定したサービスを提供します。サービス運用にあたっては、CTstageサポートサービスで培ったノウハウを持つOKIのプロフェッショナルが直接、故障受付からコンタクトセンター運用までの幅広いご支援をいたしますので、より安心・安全で柔軟なコンタクトセンターの運用が可能となります。

また、CTstage Cloudは国内コンタクトセンター市場で初めて、ボイス/ノンボイスをACDから管理機能まで統合する『ボイス/ノンボイス統合機能』を提供します。これにより、ボイス/ノンボイス間のスムーズな応対の引継ぎや、コンタクトセンター全体の運用状況の把握/分析が可能となり、お客様の利便性向上とコンタクトセンターの効率的な運用を同時に実現します。

OKIは、CTstage Cloudの豊富な機能と品質をより早く体感していただくため、提供開始にあわせ「モニターキャンペーン」を行います。CTstage Cloudに接続可能な設定をした閉域網(注4)接続モバイルルーターを一定期間無償貸与いたしますので、新たな設備の導入を行うことなくCTstage Cloudのサービスを手軽にお試しいただけます。

本発表に対して、Microsoft Azureをご提供いただきました日本マイクロソフト株式会社様より賛同のメッセージをいただいています。

このたび、沖電気工業様の新サービス「CTstage Cloud」の販売開始を心より歓迎いたします。
国内実績No.1 CTIソリューションである「CTstage」が、25年間培ってきたノウハウをもとに、Microsoft Azure基盤での新しいクラウドサービスとして生まれかわることにより、あらゆる業界において可用性が高く柔軟性のあるニューノーマルなコンタクトセンターが実現されることを期待しております。
日本マイクロソフトは今後も沖電気工業様との強いパートナーシップを活かし、日本のお客様の働き方改革、ならびにデジタルトランスフォーメーションを推進し、お客様の企業競争力向上を支援してまいります。

日本マイクロソフト株式会社 執行役員 専務 エンタープライズ事業本部長 高橋 美波

販売計画

標準価格
月額席単価8,000円(税抜)~
提供開始
2021年1月(予定)
販売目標
3年間で15,000席

CTstage Cloud サービスイメージ

CTstage Cloudの特長

  • 必要なときに、必要な機能を選択可能
  • センター運用に関するシステム設定変更が事業者自身で実施可能

<CTstage Cloud メニュー構成>

  • 25年間の実効性の高い機能の蓄積
  • Microsoft Azureの採用により可用性の高いサービスを提供
  • ボイス/ノンボイス通信履歴を集約することで統合した分析が可能

用語解説

  • 注1:国内シェアNo.1

    IDC Japan、2020年7月「国内ユニファイドコミュニケーション/コラボレーティブワークスペース市場シェア、2019年:ベストオブリードベンダーの台頭」(JPJ45145220)

  • 注2:ACD(Automatic Call Distributor)

    着信呼をオペレーターに自動的に振り分ける機能。

  • 注3:IVR(Interactive Voice Response)

    自動音声応答機能。

  • 注4:閉域網

    インターネットなどに直接はつながれておらず、限られた利用者や拠点間のみを接続する組織内の広域通信ネットワーク。

リリース関連リンク

  • 沖電気工業株式会社は通称をOKIとします。
  • CTstageは、沖電気工業株式会社の日本および中国における登録商標です。
  • CTstage CloudおよびCTstage Cloudのロゴは、沖電気工業株式会社の商標です。
  • CTのロゴは、沖電気工業株式会社の商標です。
  • Microsoft、Azureは、米国Microsoft Corporationの米国およびその他の国における商標または登録商標です。
  • その他、本文に記載されている会社名、商品名は一般に各社の商標または登録商標です。
本件に関する報道機関からのお問い合わせ先
広報部
お問い合わせフォーム
本件に関するお客様からのお問い合わせ先
ソリューションシステム事業本部IoTプラットフォーム事業部 コンタクトセンターシステム部
お問い合わせフォーム
  • 各リリースの記載内容は発表日現在のものです。その後予告なしに変更される場合がありますので、あらかじめご了承ください。

ページの先頭へ

Special Contents

      • YouTube

      お問い合わせ

      お問い合わせ