本文へ移動

OKI Open up your dreams

プレスリリース

2020年9月17日

総務省「地域課題解決型ローカル5G等の実現に向けた開発実証に係る工場分野におけるローカル5G等の技術的条件等に関する調査検討の請負」を受託

地域の中小工場等への横展開の仕組みを構築

OKIは、総務省の「地域課題解決型ローカル5G等の実現に向けた開発実証に係る工場分野におけるローカル5G等の技術的条件等に関する調査検討の請負(地域の中小工場等への横展開の仕組みの構築)」の公募において、群馬県(知事:山本一太)、太陽誘電株式会社(本社:東京都中央区、代表取締役社長:登坂正一、以下 太陽誘電)と共同で提案を行い、採択されました。

本調査検討は、工場分野における技術継承、生産技術高度化への対応などの地域課題を解決すべく、ローカル5Gの導入により実現可能となる大容量データのリアルタイム通信技術等を活用して省力化、効率化を図り、その効果を実証するものです。群馬県、OKI、太陽誘電は、2020年2月にローカル5Gの利活用に関するコンソーシアムを結成し、群馬県の主要産業である製造業の競争力を維持・向上させることを目的に、AI、IoT、ロボット等のデジタル技術にローカル5Gを組み合わせて活用することで、人手不足の克服や生産性向上を図るための検討を行ってきました。その活動の成果を活かして提案し、このたびの受託に至りました。

2020年春にスタートした通信キャリア各社の5Gサービスは、「高速・大容量」「多数同時接続」「高信頼性・低遅延」を特長とし、企業の生産性や生活の利便性を向上する切り札として期待されています。

特に、企業・事業者のプライベート空間に独自の基地局を開設することで、5Gネットワーク技術を自営ネットワークとして活用できるローカル5Gは、Wi-Fiなどの従来の通信手段に比べ、高信頼性と高セキュリティの実現が可能で、スマート工場、地域モビリティサービスや河川・インフラ監視など、幅広いユースケースへの適用が考えられます。

今回の調査検討は、電子機器等を生産するOKI本庄工場(埼玉県本庄市)と、電機部品を生産する太陽誘電玉村工場(群馬県佐波郡)の2箇所で実施し、工場内の通信特性、生産設備の種類や生産ラインの規模等が異なる環境におけるローカル5Gの電波伝搬特性を検証します。また、それぞれの工場において、ローカル5Gの特長を活かした高精細画像伝送等によるユースケースを構築し、その効果、機能、運用面などの観点から検証することによって、工場におけるローカル5Gを核としたソリューション構築の知見・ノウハウを蓄積します。

さらに、本実証モデルの中小工場などへの横展開を図るため、群馬県が主体となり、OKI、太陽誘電が協力する形で、地域企業とのパートナーシップの構築や、実際の地域社会への実装に資するモデル構築および実装計画策定など、多面的な検討を行っていきます。

今後、OKIは、AIエッジ領域の優れた技術と、本調査検討から得られたさまざまな事例と5Gに関するソリューション構築の知見・ノウハウを活かすことによって、OKIが得意とする事業領域に対して、「AIエッジ×5G」によるデジタル変革を推進し、より安全で便利な社会インフラの提供を進めてまいります。


AIエッジ×5Gユースケースのイメージ

  • 沖電気工業株式会社は通称をOKIとします。
  • SmartHopは、沖電気工業株式会社の登録商標です。
  • LocoMobiは、沖電気工業株式会社の登録商標です。
  • その他、本文に記載されている会社名、商品名は一般に各社の商標または登録商標です。
本件に関する報道機関からのお問い合わせ先
広報部
お問い合わせフォーム
本件に関するお客様からのお問い合わせ先
ソリューションシステム事業本部 IoT事業推進センター
電話:03-3454-2111(代表)
  • 各リリースの記載内容は発表日現在のものです。その後予告なしに変更される場合がありますので、あらかじめご了承ください。

ページの先頭へ

Special Contents

      • YouTube

      お問い合わせ

      お問い合わせ