本文へ移動

OKI Open up your dreams

プレスリリース

2020年8月25日

ジヤトコに「プロジェクションアッセンブリーシステム」を納入

品質検査工程における作業負担を軽減、品質向上に貢献

OKIは、映像とカメラにより生産現場における作業ミスのゼロ化を支援する「プロジェクションアッセンブリーシステム™(注1)」をジヤトコ株式会社(社長:中塚 晃章、本社:静岡県富士市、以下 ジヤトコ)へ納入しました。本システムはジヤトコにおける複雑な品質検査工程での作業者の負担軽減、および習熟度向上を目的に採用されたもので、同社の富士第一地区工場にて9月より本格的に運用を開始します。

ジヤトコは、自動車用オートマチックトランスミッションの専門メーカーとして、幅広い商品群をラインアップしグローバル市場へ展開しています。その幅広い商品群の品質を担う品質検査工程では、50種類以上ある多種のゲージについて規定に定められた複雑な手順に従い検査を行っており、その作業そのものや現場熟練作業員による新たな作業者への教育の負担軽減が、品質確保や新人作業者の早期習熟の上での最大の課題でした。

ジヤトコはこの課題を解決するため、2019年11月に「プロジェクションアッセンブリーシステム」を富士第一地区工場に試験的に導入しました。本システムは映像による的確な作業指示とカメラによる作業実績の見える化を実現するものであり、OKI富岡工場における本システムを活用した作業ミスゼロ化の実績が導入決定の鍵となりました。ジヤトコは、評価検証の結果、品質検査工程における作業手順のガイドを用いた標準作業遵守、作業内容のデジタル映像記録を用いた不具合発生時の早期改善などによる品質の安定と向上、さらには熟練作業者に負担をかけずに新人作業者の習熟期間を短縮することが期待できると判断しました。加えて、動画と画像表示による作業内容や寸法基準の確認簡易化・チェックシートレス化だけを見ても、1日あたりの工数を約3%減(約30分/日)することが見込まれたため、富士第一地区工場における本格運用を決定しました。

「プロジェクションアッセンブリーシステム」は、OKIのIoT活用工場ソリューション「Manufacturing DX(注2)」による現場変革のソリューションのひとつで、プロジェクターによる的確な作業指示と、作業実績のデジタル化を行います。取り出すべき部品の指示、指示書の表示などの作業誘導を行うことで、作業の早期習熟と組立ミスのゼロ化を実現します。また、取得した作業実績データの可視化により「作業時間のばらつき具合」や「作業における問題個所」を特定することができ、作業内容の可視化や、分析・改善を支援する仕組みを提供します。

OKIは引き続き、同様の課題を抱える製造現場への「プロジェクションアッセンブリーシステム」の納入を目指すとともに、「Manufacturing DX」に基づき、製造現場のデジタル化による可視化・データの活用を通じて現場力強化を実現する各種ソリューションを提供していきます。

本発表に対して、ジヤトコ様よりご賛同のメッセージをいただいています。

ジヤトコは「プロジェクションアッセンブリーシステム」の導入に当たり、色々なノウハウを習得することができました。このシステムとノウハウを含めて、さらに効果的に現場の困りごとを解決できるICTアイテムの選定、導入と活用をOKI様とともに進めてまいります。

ジヤトコ株式会社
JEPS推進部
部長 相馬 芳久

プロジェクションアッセンブリーシステム運用現場

「Manufacturing DX」概要

ジヤトコ株式会社 概要

社名
ジヤトコ株式会社
本社
静岡県富士市今泉700番地の1
代表取締役社長
中塚 晃章
事業内容
変速機および自動車部品の開発、製造および販売
URL
https://www.jatco.co.jp/

用語解説

  • 注1:プロジェクションアッセンブリーシステム

    OKIのIoT活用工場ソリューション「Manufacturing DX(マニュファクチャリング・デジタルトランスフォーメーション)」による現場変革のソリューションのひとつで、製造現場においてプロジェクターによる的確な作業指示と、画像センシングによる作業実績のデジタル化による作業支援システムとして、多くの実績を保有しています。

  • 注2:Manufacturing DX(マニュファクチャリング・デジタルトランスフォーメーション)

    OKIのIoT活用工場ソリューション「Manufacturing DX(マニュファクチャリング・デジタルトランスフォーメーション)」は製造現場を見える化する「現場変革」、現場と経営を高度かつ双方向に連携する「IT・オペレーション変革」、環境変化・法令対応・少量付加価値生産などのさまざまな経営判断を支援する「マネジメント変革」の3つの変革から構成されるスマート工場実現をめざしたOKIのソリューションコンセプトです。

リリース関連リンク

  • 沖電気工業株式会社は通称をOKIとします。
  • プロジェクションアッセンブリーシステムは、沖電気工業株式会社の商標です。
  • その他、本文に記載されている会社名、商品名は一般に各社の商標または登録商標です。
本件に関する報道機関からのお問い合わせ先
広報部
お問い合わせフォーム
本件に関するお客様からのお問い合わせ先
ソリューションシステム事業本部 金融・法人ソリューション事業部 製造システム部
お問い合わせフォーム
  • 各リリースの記載内容は発表日現在のものです。その後予告なしに変更される場合がありますので、あらかじめご了承ください。

ページの先頭へ

Special Contents

      • YouTube

      お問い合わせ

      お問い合わせ