本文へ移動

OKI Open up your dreams

プレスリリース

2020年6月10日

沖エンジニアリング株式会社
沖電気工業株式会社

電子機器・電子部品の「オンライン立会解析」サービス開始

移動の費用・時間と感染リスク・感染予防負担を低減し、新商品開発を支援


オンライン立会解析の様子

OKIグループで信頼性評価と環境保全の技術サービスを展開するOKIエンジニアリング(社長:橋本 雅明、本社:東京都練馬区、以下OEG)は、電子機器・電子部品の評価解析を委託されるお客様向けにインターネット会議システムと高解像度カメラを利用した新サービス「オンライン立会解析」を6月11日より開始します。お客様の新商品・新技術の開発・生産を止めない、ウィズコロナ時代対応の新しいサービスとして、オンライン化に要する費用は無償で提供します。

OEGは本サービスを、高い品質を求められる自動車業界、航空宇宙業界、産業工作機器業界、医療業界を中心に提供していきます。故障解析からスタートし、順次、特殊環境試験(防塵・防水試験など)、化学分析、EMC試験分野にも対象を拡大することで、今年度6,000万円の売上を目指します。

電子機器・電子部品の評価解析サービスとして、OEGはこれまで「受託故障解析」や「立会解析」を実施してきました。「受託故障解析」の場合、解析結果が出るまでに2週間を要しますが、「立会解析」はお客様が解析現場に立会い、必要な判断を都度行えるため、短時間で完了するメリットがあります。今回提供を開始する「オンライン立会解析」サービスは、この「立会解析」をオンラインで実施するものです。

本サービスにより、お客様は会社やテレワーク先に居ながらにして、OEG試験所の解析設備・施設を使った解析に立会うことができます。解析現場まで移動する費用・時間を削減できることに加え、新型コロナウイルス感染症への感染リスク、感染予防策の負担を低減することが可能となります。また、会社やテレワーク先から、責任者、エンジニアなど複数の方々が同時かつ容易に解析に立会うことができるため、判断が迅速となり、解析に要する時間を通常の「立会解析」よりもさらに短縮することが可能となります。

具体サービスとしては、故障解析の中でも立会解析需要の多いX線CT解析(注1)およびロックイン赤外線発熱解析(注2)を先行して提供します。お客様は非破壊解析の手法によって得られた解析画像を基に故障要素を推定し、次の解析手段をOEGの専門技術者と相談しながら決定します。対象サンプルのセットアップの状況や故障解析の結果は、複数の高解像度カメラを用いて撮影し、状況に応じて切り替えて、クリアな映像をリアルタイムにお届けします。解析で取得した電子データは、後日ご提供します。

OEGは、引き続き効率の良い解析・試験技術を開発し、充実した設備環境を整え、サービスの多様化を図り、お客様製品の開発・製造・販売をご支援してまいります。

販売計画

標準価格
個別見積もり
販売目標
年間6,000万円
サービス提供開始時期
2020年6月11日

用語解説

  • 注1:X線CT解析(XCT:X-ray Computed Tomography)

    X線を利用して回転させた試料を走査し連続撮影したデータから、内部構造を再構成する解析方法。

  • 注2:ロックイン赤外線発熱解析(LIT:Lock-in Thermal Emission)

    回路基板、電子部品等の内部でショート、リークを伴う発熱箇所を特定する解析方法。

リリース関連リンク

  • 沖電気工業株式会社は通称をOKIとします。
  • 沖エンジニアリング株式会社は、通称をOKIエンジニアリングとします。
  • その他、本文に記載されている会社名、商品名は一般に各社の商標または登録商標です。
本件に関する報道機関からのお問い合わせ先
OKI 広報部
お問い合わせフォーム
本件に関するお客様からのお問い合わせ先
OKIエンジニアリング 信頼性解析事業部
電話:03-5920-2354
お問い合わせフォーム
  • 各リリースの記載内容は発表日現在のものです。その後予告なしに変更される場合がありますので、あらかじめご了承ください。

ページの先頭へ

Special Contents

      • YouTube

      お問い合わせ

      お問い合わせ