本文へ移動

OKI Open up your dreams

プレスリリース

2020年6月24日

密漁船や水中の不審ダイバーを監視する密漁監視ソリューションの販売を開始

北海道の3海域で密漁監視の実運用を開始

OKIは、長年培ってきた水中音響センシング技術を活用し、密漁船や水中の不審なダイバーを監視し検知する「密漁監視ソリューション」を開発し、本日から販売を開始します。合わせて、北海道の増毛郡増毛町、古宇郡泊村、岩内郡岩内町において、同ソリューションによる密漁監視の運用を順次開始します。

近年、アワビやナマコなどは高級食材として、組織化・大規模化された密漁団などに狙われることが多く、その被害額は年々大きくなっています。また夜間に無灯火船で移動し、潜水器を用いてダイバーが密漁を行うなど、その手口も巧妙化しています。大切な海の資源を守るため、監視カメラ、レーダーなどによる監視や、人手によるパトロールなどが行われてきましたが、いずれも人件費や装置コストの負担が大きいことに加え、夜間に無灯火船、水中のダイバーの両方を監視し不審者を発見するのは難しいという課題がありました。

OKIはこれらの課題に着目し、総務省「平成30年度IoTサービス創出支援事業」を矢口港湾建設株式会社(注1)、北海道増毛郡増毛町(以下、増毛町)とともに受託して、OKIの水中音響センシング技術を使い、密漁船と水中の不審ダイバーの両方を監視する密漁監視ソリューションの実用化に向けた検証を行ってきました。

OKIの水中音響センシング技術は、自ら音を発信することなく海中音を受信する水中音響センサーを使用しており、水中を伝わってくるさまざまな音の中から、船のエンジンやスクリュー音、ダイバーの呼吸音などをリアルタイムに検出することができます。このため、昼夜を問わず、不審船の侵入、さらにはこれまで発見が難しかった不審なダイバーの接近を、水中の音からいち早く検知して通知することが可能です。

実用化検証は2018年度にスタートし、翌2019年には増毛町において、水中音響センシング部の耐雑音性を高め、水中音検出性能を改善する追加実験を行いました。この実験の結果、水中音響センシング技術を使った密漁監視ソリューションの実用化に成功し、販売を開始することになりました。販売開始に合わせて増毛町に加え、北海道古宇郡泊村、同 岩内郡岩内町においても、密漁監視ソリューションの運用を順次開始いたします。(各所施工協力:ヤグチダイバー株式会社(注2)

OKIは、今回運用を開始する3海域から得られる季節や海象、地形などが異なる環境下でのデータを蓄積して、密漁監視用データベースの充実を図り、密漁監視ソリューションの高度化を進めていきます。

「密漁監視ソリューション」の概要

サービス/システムイメージ

  1. 水中音響センサーが、水中の音を集めてクラウドサーバーへ送信
  2. クラウドサーバーで水中の音を分析、不審な音を検知すると登録通知先へメールを送信
  3. 通知先は任意で設定可能で、関係機関との情報共有や連携も可能
販売計画
標準価格
個別見積
販売開始
2020年6月24日~
販売目標
今後3年間で5億円

注1 矢口港湾建設株式会社について

本社所在地
北海道北斗市七重浜8丁目8番38号
設立年月日
平成1年3月29日
資本金
2000万円
代表者
代表取締役 矢口 政則
従業員数
48名
事業内容
土木・建築工事および設備事業、とび・土工・コンクリート工事業 など
会社URL
https://www.yaguchikowan.com/

注2 ヤグチダイバー株式会社について

本社所在地
北海道函館市本町16番9号
設立年月日
平成25年11月7日
資本金
1000万円
代表者
代表取締役 村上 司
従業員数
48名
事業内容
とび・土工・コンクリート工事業・舗装工事業・水道施設工事業 など

リリース関連リンク

OKIの水中音響センサーについては以下をご参照ください。

  • 沖電気工業株式会社は通称をOKIとします。
  • その他、本文に記載されている会社名、商品名は一般に各社の商標または登録商標です。
本件に関する報道機関からのお問い合わせ先
広報部
お問い合わせフォーム
本件に関するお客様からのお問い合わせ先
ソリューションシステム事業本部 社会インフラソリューション事業部
お問い合わせフォーム
  • 各リリースの記載内容は発表日現在のものです。その後予告なしに変更される場合がありますので、あらかじめご了承ください。

ページの先頭へ

Special Contents

      • YouTube

      お問い合わせ

      お問い合わせ