本文へ移動

OKI Open up your dreams

プレスリリース

2020年5月20日

「OKIの事業基盤を支える関係会社」を特集した技術広報誌を発行

OKIは、「OKIの事業基盤を支える関係会社」と題し、関係会社の技術開発や取り組みを特集した技術広報誌「OKIテクニカルレビュー(注1)」235号を発行しました。本誌は、当社ウェブサイトにも掲載しています。

OKIは、これまで市場環境の変化に対応するため、柔軟かつ迅速に組織体制を再編しながら必要な技術の習得や関係する技術の集中などにより事業強化に努めてきました。それらの技術のいくつかは、関係会社に引き継がれ、技術レベルを大きく向上させています。OKIグループはこの、関係会社を含めた総合的な技術力を強みとして、情報社会の発展に寄与するさまざまな商品を創出し、快適で豊かな生活の実現に向けてサービスを提供してきました。


OKIグループの事業の変遷
(「OKIの事業基盤を支える関係会社特集に寄せて」より)

いま、これまでにないスピードで技術革新が進み、AIやIoT、5Gなどの新しい技術を活用したより高価値の商品・サービスが求められています。OKIは、2020年度の新体制において、モノづくりの強化と商品提案力および市場開拓力の向上を図り、関係会社との連携のもと、グループの強みを最大限に発揮していきます。

本誌では、OKIの事業基盤を支える関係会社を中心に、AIやIoT、5G時代に求められる技術開発の取り組みを幅広く紹介しています。

OKIは、関係会社の優れた技術と幅広い分野での経験をOKIグループとして紡ぎながら、チームOKIとして社会への貢献、SDGs(持続可能な開発目標)の達成に向け取り組んでいきます。

本誌の目次は以下のとおりです。

  • 巻頭言

    OKIの事業基盤を支える関係会社特集に寄せて
    (OKI執行役員 野末 正仁)

  • 総合報告

    OKIの子会社グループ経営管理

  • 新技術・新商品
    • 人手不足解決に貢献するサービスロボットソリューション「AIエッジロボット」
    • バーチャルオフィスシステム「ワークウェルコミュニケータ®」
    • 5Gに向けたプリント配線板技術~高周波・高機能・高放熱対応化~
    • 環境発電を利用するメンテナンスフリー無線技術
    • 太陽電池を利用したゼロエナジー水位計
    • 蛍光X線分析法による異物の非破壊解析
    • OKIソフトウェアにおけるOSS利活用への取組み
    • JBOアウトソーシングサービス~新サービスによる事業拡大に向けて~
    • 量子コンピューターを用いた工場内装置レイアウト最適化
    • AI・IoT時代のコンサルティング事業

用語解説

  • 注1:OKIテクニカルレビュー

    OKIグループの技術開発の成果や最新の商品について、より分かりやすくお伝えすることを目的に、年2回発行している技術広報誌。1934年1月に「沖電気時報」として創刊され、今日に至る。

リリース関連リンク

  • 沖電気工業株式会社は通称をOKIとします。
  • ワークウェルコミュニケータは、株式会社沖ワークウェルの登録商標です。
  • その他、本文に記載されている会社名、商品名は一般に各社の商標または登録商標です。
本件に関する報道機関からのお問い合わせ先
経営企画本部 広報部
お問い合わせフォーム
  • 各リリースの記載内容は発表日現在のものです。その後予告なしに変更される場合がありますので、あらかじめご了承ください。

ページの先頭へ

Special Contents

      お問い合わせ

      お問い合わせ