本文へ移動

OKI Open up your dreams

プレスリリース

2020年3月13日

沖電線株式会社
沖電気工業株式会社

全商品で真円度0.25ミクロンを実現した放電加工機用電極線新シリーズを発売

加工面品質を向上しお客様のトータルコスト削減に寄与


新電極線シリーズ

OKIグループの電線事業会社OKI電線(社長:小林一成、本社:神奈川県川崎市)は、金型加工などに使用されるワイヤーカット放電加工機(注1)用電極線(以下、電極線)の全商品について、真円度(電極線の最大半径と最小半径の差)0.25ミクロンの高品質化を図った新シリーズを発売します。高精度加工が求められる高品位の金型、医療機器部品、航空宇宙用部品などのワイヤーカット放電加工機市場をターゲットとして、2020年5月から国内販売を開始し、欧米市場へ順次展開していくことで、年間30億円の売上を目指します。

新シリーズでは、全ての電極線の真円度を従来の4分の1の0.25ミクロンまで抑える製造技術を確立し、電極線の全生産ラインをリニューアルしたことで、半径のばらつきにより電極線の加工面に生じる“スジ”を低減することに成功しました。従来の電極線に比べ、加工面品質が大幅に向上し、放電加工後に行う加工面の鏡面研磨などの時間削減が図れるため、お客様のトータルコスト低減に大きく寄与します。

OKI電線は、1976年の電極線販売開始以来、約半世紀にわたり全世界に高品位・高精度な電極線を供給してきました。OKI電線の電極線は、断線・摩耗しにくいことに加え、現在市場で大きなシェアを占める日本製ワイヤー放電加工機の特長である自動結線機能(断線した場合に自動的にワイヤー供給して再結線する機能)に対応していることから、高品質な電極線として市場の評価を得てきました。OKI電線は、今後もお客様にご満足いただける商品とサービスの向上に向けて、積極的に取り組んでいきます。

用語解説

  • 注1:ワイヤーカット放電加工機

    髪の毛ほどの太さのワイヤーを使って金属を加工する機械。「ワイヤー放電加工」とは加工物と接触しない溶融加工のことで、電気の力(雷のような放電現象を起こしてそのとき発生する熱)で金属を溶かして金属を切断する。

  • 沖電気工業株式会社および沖電線株式会社は、通称を「OKI」「OKI電線」とします。
  • その他、本文に記載されている会社名、商品名は一般に各社の商標または登録商標です。
本件に関する報道機関からのお問い合わせ先
OKI 経営企画本部 広報部
電話:03-3501-3835
本件に関するお客様からのお問い合わせ先
OKI電線 お客様相談窓口
電話:0120-087-091(フリーダイヤル)
受付時間 9時~12時、13時~16時(OKI電線営業日)
  • 各リリースの記載内容は発表日現在のものです。その後予告なしに変更される場合がありますので、あらかじめご了承ください。

ページの先頭へ

Special Contents

      お問い合わせ

      お問い合わせ