本文へ移動

  • 商品サービス
  • 投資家の皆様へ
  • OKIについて
  • 採用情報
  • お問い合わせ
  • サイトマップ

現在位置:Home > プレスリリース2020 > AIエッジコンピューターのモニターキャンペーン第二弾を開始


プレスリリース

2020年2月27日

AIエッジコンピューターのモニターキャンペーン第二弾を開始

共創を通じたAIエッジ領域の市場活性化を目指し、エコシステムを拡大


AIエッジコンピューター
「AE2100」

OKIは、AIエッジコンピューティング事業戦略の一環として、エコシステムによるAIエッジ領域の市場活性化を目指しています。この活動に賛同するパートナーの拡大を目指し昨年10月に開始した“AIエッジコンピューター「AE2100」モニターキャンペーン”が好評を博していることを受け、その第二弾を本日より実施いたします。

昨年10月、OKIはリアルタイムなデータ活用を必要とするエッジ市場領域に向けたAIエッジコンピューティング戦略を発表するとともに、高速ディープラーニング推論処理をエッジで実現する、耐環境性に優れたAIエッジコンピューター「AE2100」を発売しました。同時に、パートナーとの共創を通じたAIエッジ領域の市場活性化を目指し、エコシステムの拡大を目的とする「AE2100」無償提供モニターキャンペーン(応募締切2020年3月末)を開始しました。このキャンペーンは当初の見込みを大幅に上回る反響を得て、1月末までに目標の150社を超える応募をいただいています。

これを受け、OKIは新たに150社を目標とする追加のモニターキャンペーン第二弾を実施することとしました。第一弾と合わせて300社にモニターを拡大することで、幅広い分野でのAIエッジ・パートナー開拓を目指します。

OKIは、AIエッジコンピューティング事業を拡大すべく、AIエッジパートナーシップをさらに拡大し、エッジ領域におけるさまざまな社会課題の解決に向け、新たなパートナーとの共創によるビジネスの創出と強化に取り組んでいきます。

モニターキャンペーン第二弾の概要

AIエッジコンピューター「AE2100」(LAN版、AIアクセラレーター搭載モデル)1台を、以下の条件により150社(法人限定)へ無償提供します。
(詳細:https://www.oki.com/jp/AIedge/campaign/

≪参加条件≫

  • AIエッジコンピューターの評価を目的とし、評価結果をOKIに報告いただくこと
  • 自社内での評価用途に限定し、導入目的・販売目的での利用は禁止

リリース関連リンク

  • 沖電気工業株式会社は通称をOKIとします。
  • 本文に記載されている会社名、商品名は一般に各社の商標または登録商標です。
本件に関する報道機関からのお問い合わせ先
経営企画本部 広報部
電話:03-3501-3835
本件に関するお客様からのお問い合わせ先
情報通信事業本部 IoTプラットフォーム事業部
お問い合わせフォーム
  • 各リリースの記載内容は発表日現在のものです。その後予告なしに変更される場合がありますので、あらかじめご了承ください。
Get Adobe Reader
PDFの閲覧にはAdobe Readerが必要です。Adobe社のサイトからダウンロードしてください。

ページの先頭へ

Special Contents

      お問い合わせ

      お問い合わせ