本文へ移動

  • 商品サービス
  • 投資家の皆様へ
  • OKIについて
  • 採用情報
  • お問い合わせ
  • サイトマップ

現在位置:Home > プレスリリース2018 > 業界初、車両俯瞰映像を用いた建設機械の遠隔操縦の実証実験を開始


プレスリリース

2018年10月16日

業界初、車両俯瞰映像を用いた建設機械の遠隔操縦の実証実験を開始

360度リアルタイム自由視点俯瞰映像モニタリングで、遠隔操縦実用化の早期実現を目指す

OKIは、株式会社小松製作所(本社:東京都港区、代表取締役社長 大橋 徹二、以下 コマツ)の建設機械の遠隔制御システムにOKIの車両周辺の俯瞰映像モニタリングが可能なシステム「フライングビュー」を活用した実証実験を、2018年10月1日より千葉県千葉市美浜区にある「コマツIoTセンタ東京」にて開始しました。本実証実験では、コマツが先行して実施している5G(注1)による建設機械の遠隔制御の実証実験に、OKIの「フライングビュー」を適用することにより、ほぼ死角のない自由視点での遠隔モニタリングの検証を新たに実施します。これにより、OKIとコマツは、建設機械の遠隔操縦の早期実用化を目指します。

本実験で使用するOKIの「フライングビュー」は、建設機械に搭載した4台のカメラと映像合成部、送受信部で構成されます。カメラ映像の合成は、映像処理能力の高いFPGA(注2)上で行うことにより、リアルタイムかつ小型省電力のシステムでの大容量高画質の映像処理を実現し、建設機械の全周囲で、リアルタイムかつほぼ死角のないシームレスな広域エリアの俯瞰映像モニタリングを可能とします。また、コマツの部分映像モニタリングは、建設機械の前後およびブレード部を撮影する高精細カメラで作業部分の状況把握を行います。これらの俯瞰および部分映像は、コマツが実証試験を行っている5Gを経由して、千葉県千葉市美浜区にある「コマツIoTセンタ東京」の建設機械から、遠隔地である幕張メッセ「CEATEC JAPAN 2018」展示会のコマツブース内デモコーナー「コックピット」に伝送され、遠隔操縦者の建設機械の操縦支援に用いられます。同様に展示会場内の「コックピット」から、5Gを経由して建設機械へ制御信号を伝送し、5Gの低遅延かつ高速な通信の特性による映像と制御信号の双方向におけるリアルタイムな通信の検証を行います。

OKIとコマツは、今回の実証実験で建設機械の遠隔操縦にOKIの俯瞰映像モニタリング「フライングビュー」を適用した場合の有効性や課題などを分析し、遠隔操縦の早期実用化に向け、共同で取り組みます。また、本実験における両社の最新技術を用いた建設機械の遠隔操縦の実現により、未来の建設現場における安全性、生産性向上に貢献していきます。

なお、本実証実験は、10月16日(火)より幕張メッセで開催中の展示会「CEATEC JAPAN 2018」のOKI(ブースNo:A058)、コマツ(ブースNo:A012)ブースでリアルタイムの遠隔操縦実演デモンストレーションの様子をご覧いただけます。

「CEATEC JAPAN 2018」での本実証実験デモンストレーションイメージ

俯瞰映像モニタリングシステム「フライングビュー」の概要

車両の4台(前後左右)の広角カメラ映像を合成し、走行中に上空からの自由視点でのリアルタイムで死角のないシームレスな広域エリアの俯瞰映像モニタリングを行います。

用語解説

  • 注1:5G(5th Generation)

    第5世代移動通信方式。LTEやLTE-Advancedの次世代の通信方式で、2010年と比較して単位面積あたり1000倍の大容量化、ピークレートは10Gbps超であり、2010年と比較して100倍の高速化、1ms以下の無線区間の伝送遅延化、2010年と比較して100倍以上の多数端末の同時接続などを目標としている。

  • 注2:FPGA(field-programmable gate array)

    製造後に購入者や設計者が構成を設定できる集積回路であり、広義にはPLD(プログラマブルロジックデバイス)の一種。

  • 沖電気工業株式会社は通称をOKIとします。
  • その他、本文に記載されている会社名、商品名は一般に各社の商標または登録商標です。
本件に関する報道機関からのお問い合わせ先
経営企画本部 広報部
電話:03-3501-3835
本件に関するお客様からのお問い合わせ先
統合営業本部 IoTビジネス開発室
電話:03-5445-5016
  • 各リリースの記載内容は発表日現在のものです。その後予告なしに変更される場合がありますので、あらかじめご了承ください。

ページの先頭へ



All rights reserved, Copyright © 1995-2019 Oki Electric Industry Co., Ltd.