本文へ移動

  • 商品サービス
  • 投資家の皆様へ
  • OKIについて
  • 採用情報
  • お問い合わせ
  • サイトマップ

現在位置:Home > プレスリリース2017 > 一般車両搭載用ATM「モジュール型ATM」新発売


プレスリリース

2017年6月23日

一般車両搭載用ATM「モジュール型ATM」新発売

市販の商用バンに搭載、普通免許でお客様の軒先まで訪問

一般車両搭載用ATM

OKIは、このたび一般車両に搭載できるATM(現金自動預払機)の新商品「モジュール型ATM」を本日より販売開始し、10月より出荷を開始します。これまでATMの設置が困難だった場所でのATM取引を可能にしたもので、金融機関向けに3年間で1,000台の販売を目指します。本商品の受注第1号機は、しまね信用金庫(理事長:石川 茂夫、本店:島根県松江市)にて11月頃より運用を開始します。

新商品は、リーディングカンパニーとして長年にわたる実績のあるOKIの紙幣還流型ATMに機動力を持たせた活用をはかるために開発したものです。従来のATMを3つのモジュール(基本部、通帳部、紙幣部)に分割し、無線対応を可能にしたことにより、一般車両に搭載できる機動力を加えた商品を実現しており、場所を問わずATM取引(入出金/振込/通帳記帳・繰越/残高照会など)をご利用いただくことができます。

従来の大型トラック等を使った金融機関の移動店舗と比べて、ATMを分割して市販の商用バンに搭載できるため、車両への特殊な改造や大型車両を運転できる専用の運転手などが不要で、導入コストや維持コストを大幅に削減できます。また、大型トラックでは入れなかった細い路地や駐車スペースの狭い場所にも乗り入れることが可能です。

金融機関では「モジュール型ATM」の採用により、金融機関の店舗に加えATMの空白地や高齢者向け住宅などへの巡回訪問が可能になり、顧客利便性の向上と顧客接点の強化を図ることができます。また、ATMをご利用になるお客様は、コンビニATMではできない通帳の記帳や繰越しなどのために金融機関の店舗に行く必要がなくなります。

OKIは、今後も新たな店舗やサービスにつながる商品の品揃えを充実して、金融機関の収益アップとお客様の利便性向上に貢献していきます。

利用シーン(例)

販売計画

販売価格
オープン価格
販売目標
1,000台/3年
  • 沖電気工業株式会社は通称をOKIとします。
  • 記載されている会社名、商品名は一般に各社の商標または登録商標です。
本件に関する報道機関からのお問い合わせ先
広報部
電話:03-3501-3835
本件に関するお客様からのお問い合わせ先
メカトロシステム事業本部 自動機事業部 プロダクトSE第一部
電話:03-3454-6558
お問い合わせフォーム
  • 各リリースの記載内容は発表日現在のものです。その後予告なしに変更される場合がありますので、あらかじめご了承ください。

ページの先頭へ



All rights reserved, Copyright © 1995-2019 Oki Electric Industry Co., Ltd.