OKI Open up your dreams

現在位置:Home > プレスリリース2016 > OKIの「EXaaS™ スマートバンキングサービス」を採用したNTTデータの「アプリバンキング」が北陸銀行に導入


プレスリリース

2016年1月18日

OKIの「EXaaS™ スマートバンキングサービス」を採用したNTTデータの「アプリバンキング」が北陸銀行に導入

OKIが提供する「EXaaS™ スマートバンキングサービス」を採用した株式会社NTTデータ(代表取締役社長 岩本 敏男、本社:東京都江東区、以下 NTTデータ)の金融機関向けスマートフォンアプリ「アプリバンキング」が、株式会社北陸銀行(代表取締役頭取 庵 栄伸、本社:富山県富山市、以下:北陸銀行)に導入されました。北陸銀行は2016年1月18日より銀行をご利用のお客様に対して、入出金明細の確認やお知らせ情報などのプッシュ通知を行うことができるアプリの提供を開始します。採用された「EXaaS スマートバンキングサービス」は既存システムへの影響を抑え、短期間/低コストでのスマートフォン向けサービスの導入を実現します。

近年、スマートフォンの普及拡大により、金融機関のインターネット上の顧客接点がパソコンからスマートフォンへ拡大しています。この変化に合わせて金融機関はスマートフォンを利活用したチャネル戦略を積極的に進めており、北陸銀行では顧客接点の拡大を目的に「アプリバンキング」の導入を決定しました。また、NTTデータは金融機関での豊富な導入実績、既存システムへの影響極小化、短期間/低コストでのシステム導入を評価し、OKIの「EXaaS スマートバンキングサービス」を採用しました。なお、NTTデータの「アプリバンキング」の提供は、北陸銀行で5行目となります。

OKIの「EXaaS スマートバンキングサービス」は、NTTデータの地方金融機関向け共同利用型インターネットバンキングサービス「AnserParaSOL®-Lite(アンサーパラソルライト)」と接続し、スマートフォンとの通信を中継することで、インターフェースの違いを吸収します。これにより金融機関は既存システムの変更開発に要するコストや影響を抑え、短期間/低コストでスマートフォンを利用した利便性の高いサービスを提供できるようになります。また、本サービスはOKIの「EXaaS クラウドサービス」の利用により、初期投資を抑えたサービスと安心、安全、低コストでの導入が可能となります。

OKIは金融機関の営業店窓口システムやATM、コンタクトセンターなど多様なチャネルを持つ強みを活かし、顧客管理のプロセス・ソリューションを統合することで顧客経験価値・満足度を最大化する「統合CRMソリューション」を提唱しています。今回提供した「EXaaS スマートバンキングサービス」は、金融機関のチャネルをPCからスマートフォンに拡張により金融機関を利用するお客さまとの接点を強化し、オムニチャネル化を支援します。

OKIは、今後も「EXaaS スマートバンキングサービス」の拡販に向けた取組みを積極的に行っていきます。

「EXaaS スマートバンキングサービス」の概要

  • 沖電気工業株式会社は通称をOKIとします。
  • EXaaSは、沖電気工業株式会社の商標です。
  • AnserParaSOLは、日本国内における株式会社NTTデータの登録商標です。
  • 本文に記載されている会社名、商品名は一般に各社の商標または登録商標です。
本件に関する報道機関からのお問い合わせ先
広報部
電話:03-3501-3835
本件に関するお客様からのお問い合わせ先
統合営業本部 金融営業本部
電話:03-3454-2111
お問い合わせフォーム
  • 各リリースの記載内容は発表日現在のものです。その後予告なしに変更される場合がありますので、あらかじめご了承ください。

ページの先頭へ

公的研究費の不正使用および研究活動における不正行為等に係る通報も上記で受け付けます。

Special Contents

      お問い合わせ

      お問い合わせ