現在位置:Home > プレスリリース2015 > コンタクトセンターシステムの「CTstage®ユーザー会」設立


プレスリリース

2015年12月24日

コンタクトセンターシステムの「CTstage®ユーザー会」設立

OKIは、このたび国内No.1(注1)のシェアを誇るIPコンタクトセンターシステム「CTstage®シリーズ」の導入企業を対象とした「CTstageユーザー会」を2015年12月24日に設立します。「CTstageシリーズ」の商品・サービスの導入企業同士による相互交流を通じ、コンタクトセンターの業務改革に貢献するとともに、導入企業の声をITプラットフォームである「CTstageシリーズ」に取り込むことにより、コンタクトセンター市場のよりいっそうの拡大を目指します。

近年、スマートフォンの活用等に見られる情報化社会を迎え、より多くの知識や経験をもつ消費者に対応するコンタクトセンターは、企業における顧客接点としてますます重要性を増しています。また、今後オムニチャネル(注2)対応をコンタクトセンターにおいて実現しようとする新しい市場の動きもあり、企業にとってより必要不可欠な役割を担う業務となっていきます。

1996年に業界初のCTIシステムとして登場した「CTstage」は、開発当初から一貫して顧客視点に立った扱いやすさを追及し、導入企業の要望を聞きながら、日本のコンタクトセンター運用に則した機能強化を重ねてきました。その結果、国内シェアNo.1のコンタクトセンターシステムとして、市場に認められるまでに成長しました。

「CTstageシリーズ」の導入実績は、機能の多さに留まらず、それらの機能をどのように活用するかという導入企業による様々な運用の工夫にも支えられています。また、そのような経緯から近年では多くの導入企業から、「CTstageシリーズ」を採用した他社がどのようにシステムを運用し、成果を挙げているのかを教えて欲しい、今後の業界がどのように進化していくのか知りたい、という声が多く寄せられています。

そこでOKIは、こうした導入企業(コンタクトセンター運用部門)の声にお応えし、このたび「CTstageユーザー会」を設立することとしました。「CTstageユーザー会」は、国内において「CTstageシリーズ」の商品・サービスを利用されているさまざまな業種業態の導入企業の相互交流や情報共有の機会を提供し、それぞれ同業他社のシステム活用事例や先進的な取り組み、コンタクトセンターの共通課題となりつつある人材不足や育成手法、離職防止を含めた雇用問題など、他社が持つ経験やノウハウの共有および、業界の方向性についての議論を大きな目的として、今後、積極的に活動してまいります。

主な活動内容(予定)

  1. 年次総会(年1回開催)、分野別の分科会によるユーザー相互間の情報・意見交換の促進
  2. 会員様専用ウェブサイトでの事例、業界の動きなどの情報提供
  3. 定期的なメールマガジン配信によるイベントなどの案内

「CTstageユーザー会」への入会について

「CTstageシリーズ」の商品・サービスをご利用いただいているお客様を対象とします。OKIの商品ホームページで申し込みを受け付けています。

用語解説

  • 注1:国内シェアNo.1

    出典:IDC Japan(2015年7月)2015年国内ユニファイドコミュニケーション/コラボレーション市場 ベンダー競合分析(J15440102)

  • 注2:オムニチャネル

    実店舗やネットストア、モバイルなどを問わず、様々な販売チャネル/流通チャネルから問い合わせや購買ができる環境を実現すること。利用者がいつでも、どこからでも問い合わせや買い物ができるようにすることで、CS(Customer Satisfaction:顧客満足)や売上の向上を目指す取り組み。

リリース関連リンク

  • 沖電気工業株式会社は通称をOKIとします。
  • CTstageは、沖電気工業株式会社の登録商標です。
  • その他、本文に記載されている会社名、商品名は一般に各社の商標または登録商標です。
本件に関する報道機関からのお問い合わせ先
広報部
電話:03-3501-3835
本件に関するお客様からのお問い合わせ先
通信システム事業本部 企業ネットワークシステム事業部 CTstageビジネスユニット
お問い合わせフォーム
  • 各リリースの記載内容は発表日現在のものです。その後予告なしに変更される場合がありますので、あらかじめご了承ください。

ページの先頭へ