現在位置:Home > プレスリリース2015 > DICOM準拠のカラーLEDプリンターを米国RSNA2015へ出展


プレスリリース

2015年11月26日

株式会社沖データ
沖電気工業株式会社

DICOM準拠のカラーLEDプリンターを米国RSNA2015へ出展

医用画像機器とプリンターをDICOMで直接接続し、高品質・低コストで医用画像を紙に印刷


C831DM

OKIグループのプリンター事業会社OKIデータ(社長:平本隆夫、本社:東京都港区)は、このたび、医用画像の国際標準規格であるDICOM(注1)対応のカラーLEDプリンター4機種を、米国シカゴで11月29日から12月4日まで開催されるRSNA(北米放射線学会)2015へ出展します。

DICOMは、医用画像のプロトコルとフォーマットを規定した国際標準規格であり、CT・MRI・X線・核医学・超音波などの医用画像機器の通信で用いられています。今回出展するカラーLEDプリンターC610DM、C711DM、C831DM、C910DMは、DICOMプリンターサーバー機能を内蔵し、DICOMプロトコルとフォーマットを直接処理するので、外部にDICOMプリンターサーバー設置が不要になるだけでなく、医用画像に適したばらつきのない印刷ができます。(注2)

信頼性が高いLED方式のOKIのDICOM対応プリンターは、医用画像印刷だけでなく、オフィスドキュメント用カラープリンターとしても使える一台二役です。このため、病院、クリニック、医療研修施設、歯科医院、動物病院などの現場において様々な印刷ニーズに対応できます。さらに、今回の展示会では、医用画像をより活用するための新機能として、全身像など広範囲を1枚に印刷できる医用画像長尺印刷、人間ドックレポートに利用できる医用画像ブックレット印刷などを参考出品します。

  • 注1:DICOM

    Digital Imaging and Communications in Medicineの略で、米国放射線学会と北米電子機器工業会が開発したCTやMRI、CRなどで撮影した医用画像のフォーマットとそれらの画像を扱う医用画像機器間の通信プロトコルを定義した標準規格のこと。

  • 注2:本プリンターは医療機器ではありません。このため、印刷出力を診断目的に使用することはできません。
  • 沖電気工業株式会社、株式会社沖データは、通称を「OKI」「OKIデータ」とします。
  • 本文に記載されている会社名、商品名は一般に各社の商標または登録商標です。
本件に関する報道機関からのお問い合わせ先
OKI 広報部
電話:03-3501-3835
  • 各リリースの記載内容は発表日現在のものです。その後予告なしに変更される場合がありますので、あらかじめご了承ください。

ページの先頭へ

公的研究費の不正使用および研究活動における不正行為等に係る通報も上記で受け付けます。

Special Contents

      お問い合わせ

      お問い合わせ