現在位置:Home > プレスリリース2015 > 邦銀初となるみずほ銀行のLINEでかんたん残高照会サービスを支援


プレスリリース

2015年11月17日

邦銀初となるみずほ銀行のLINEでかんたん残高照会サービスを支援

「中継システム」提供で短期間/低コストでのサービス導入を実現

OKIの「中継システム(注1)」が株式会社みずほ銀行(頭取:林 信秀、本店:東京都千代田区、以下 みずほ銀行)のLINEでかんたん残高照会サービスに採用されました。「中継システム」は既存システムへの影響を抑え、短期間/低コストでのスマートフォン向けサービスの導入を可能にします。本システムを導入したみずほ銀行は、LINE株式会社(代表取締役社長 CEO:出澤 剛、本店:東京都渋谷区、以下 LINE社)が企業向けに提供するLINE公式アカウントのトーク画面上で、利用者が「残高」「入出金明細」のスタンプを送信することにより手軽に口座照会できる邦銀初のサービスを2015年10月15日から開始しています。

近年、スマートフォンの利用が進むにつれ、金融機関はPCだけでなくスマートフォンなどを利用したお客さまとの接点の拡大を進めています。みずほ銀行は、生活インフラとして浸透しているコミュニケーションアプリ「LINE」の活用によりサービス提供手段の拡充を図る観点から、「LINE」を活用した口座照会サービスを提供することにしました。新サービスを提供するためには、同行のインターネット残高照会サービス(注2)とLINE社が提供する企業向けAPIソリューション「LINEビジネスコネクト」(注3)を活用して、システムを接続する仕組みが必要になります。同行はOKIの「中継システム」が既存システムへの影響を極小化できることや、これまでみずほ銀行の「かんたん残高照会アプリ」をはじめとする多数の金融機関でインターネットバンキングサービスのインターフェースを変換するシステムとして導入されていることを評価し、採用を決定しました。これによりみずほ銀行に口座をお持ちのお客さまは、LINEを利用することでいつでも、どこでも手軽に残高照会と入出金明細照会が可能になります。

OKIは金融機関の営業店窓口システムやATM、コンタクトセンターなど多様なチャネルを持つ強みを活かし、顧客管理のプロセス・ソリューションを統合することで顧客経験価値・満足度を最大化する「統合CRMソリューション」を提唱しています。今回納入した「中継システム」は、金融機関のチャネルをPCからスマートフォン・タブレット端末に拡張することで、金融機関を利用するお客さまとの接点を強化し、オムニチャネル化を支援します。

OKIは、これまで培った金融機関システムの開発技術と新たな技術、サービスとの融合により、金融機関のオムニチャネル戦略の取り組みを支援していきます。

LINEでかんたん残高照会サービスの概要

用語解説

  • 注1:中継システム

    インターネット残高照会サービスとスマートフォンアプリ間の通信を中継し、インターフェースの違いを吸収することで、ホストやインターネットバンキングシステムへ影響を与えないで簡単にサービス提供が可能となるシステム。

  • 注2:インターネット残高照会サービス

    みずほ銀行の普通預金または貯蓄預金口座をお持ちのお客さまが、みずほ銀行ホームページからの申し込みにより、スマートフォンやパソコンのブラウザで、預金口座の残高や入出金明細を照会できるサービス。

  • 注3:LINEビジネスコネクト

    LINE株式会社が公式アカウントの各種機能を企業向けにAPIで提供し、各企業がカスタマイズして活用できるサービスです。「LINEビジネスコネクト」を活用することにより、従来の企業公式アカウントのような、LINEユーザーへの一方通行のメッセージ配信だけでなく、特定のユーザーに対してより最適化されたメッセージを送り分けることができるようになります。さらに、ユーザーの同意のもと、企業の持つ既存のデータベースや、自社システムとLINEアカウントを連携させることで、メッセージ配信ツールとしての域を超え、顧客管理(CRM)ツールや、業務ソリューションツールとしての利用も可能(※)になります。
    ※LINEでは、LINEアカウントに紐付いた各企業の顧客データを保持することはありません。

  • 沖電気工業株式会社は通称をOKIとします。
  • LINEは、LINE株式会社の商標または登録商標です。
  • 本文に記載されている会社名、商品名は一般に各社の商標または登録商標です。
本件に関する報道機関からのお問い合わせ先
広報部
電話:03-3501-3835
本件に関するお客様からのお問い合わせ先
統合営業本部 金融営業本部
電話:03-3454-2111
お問い合わせフォーム
  • 各リリースの記載内容は発表日現在のものです。その後予告なしに変更される場合がありますので、あらかじめご了承ください。

ページの先頭へ

公的研究費の不正使用および研究活動における不正行為等に係る通報も上記で受け付けます。

Special Contents

      お問い合わせ

      お問い合わせ