現在位置:Home > プレスリリース2015 > 大光銀行に「EXaaS™ 為替OCRサービス」を提供


プレスリリース

2015年8月17日

大光銀行に「EXaaS™ 為替OCRサービス」を提供

振込処理の集中化により営業店の事務効率化を実現

OKIは、このたび株式会社大光銀行(頭取:古出 哲彦、本店:新潟県長岡市、以下 大光銀行)に「EXaaS™ 為替OCR(注1)サービス」を提供し、2015年7月から稼働を開始しました。大光銀行は本サービスの導入により、今まで営業店ごとに行っていた振込処理を自行の事務センターへ集中化し、営業店の業務負荷を削減するとともに業務効率化を実現しました。同行は、2015年11月までに70店舗全店への展開を予定しています。

大光銀行は、お客様の利便性の向上とともに、営業店の事務効率化と営業力強化を目的として、為替の発信業務を事務センターが代行することを検討していました。同行は集中化にあたり、OKIが「為替OCRシステム」のトップベンダーとして約4割のシェア(自社調べ)を持つことやOCRを活用したエントリー・ベリファイ機能(注2)によりミスのない確実な処理ができる点を評価しました。また、「EXaaS 為替OCRサービス」は、「為替OCRシステム」が持つ機能をクラウドサービスで提供するもので、システム開発・運用負担を軽減できるというメリットがあり、採用を決定しました。

OKIが今回提供する「EXaaS 為替OCRサービス」は、OKIのデータセンターに設置された「為替OCRシステム」を金融機関が利用できるクラウドサービスです。本サービスは、振込処理トランザクション量に応じた料金体系とすることで、短期間で初期投資を抑えたサービスが利用できることに加え、安心・安全・低コストでの運用が可能となります。

大光銀行は、さらなる業務効率化を目指して今回集中化した為替の発信業務のアウトソーシング化についても検討しており、今後OKIとともに検討を進めていく予定です。

OKIは、今後も金融機関の経営戦略実現に寄与するサービスを積極的に企画・提供していきます。

「EXaaS 為替OCRサービス」の概要

用語解説

  • 注1:為替OCR

    為替とは、金融機関が遠隔地との債権・債務の決済を現金の移送を行わずに決済する方法のことで、為替手形、小切手、郵便為替、銀行振り込みなどを総称したもの。OCR(Optical Character Reader)は、光学式文字読み取り装置のこと。

  • 注2:エントリー・ベリファイ機能

    一つの振込依頼書を登録(エントリー工程)および再監(ベリファイ工程)することで、為替発信データの堅確性を高める機能です。

リリース関連リンク

  • 沖電気工業株式会社は通称をOKIとします。
  • EXaaSは、沖電気工業株式会社の商標です。
  • 本文に記載されている会社名、商品名は一般に各社の商標または登録商標です。
本件に関する報道機関からのお問い合わせ先
広報部
電話:03-3501-3835
本件に関するお客様からのお問い合わせ先
統合営業本部 金融営業本部
電話:03-3454-2111
お問い合わせフォーム
  • 各リリースの記載内容は発表日現在のものです。その後予告なしに変更される場合がありますので、あらかじめご了承ください。

ページの先頭へ

公的研究費の不正使用および研究活動における不正行為等に係る通報も上記で受け付けます。

Special Contents

      お問い合わせ

      お問い合わせ