現在位置:Home > プレスリリース2015 > セイコーインスツルと大判プリンタ事業譲渡に関する覚書を締結


プレスリリース

2015年5月21日

株式会社沖データ
沖電気工業株式会社

セイコーインスツルと大判プリンタ事業譲渡に関する覚書を締結


SIIの大判インクジェットプリンタ

OKIグループのプリンタ事業会社OKIデータ(社長:平本隆夫、本社:東京都港区)は、このたび、セイコーインスツル株式会社(社長:村上 斉、本社:千葉県千葉市、以下 SII)との間で、SIIの子会社である株式会社セイコーアイ・インフォテック(社長:坂田 諭、本社:千葉県千葉市、以下SIIT)が行っている大判プリンタ事業の事業譲渡に関する覚書を締結しました。両社は今後、本覚書にもとづき交渉を進め、最終契約締結を経て、本年10月1日の事業譲渡完了を目指します。

OKIは、2016年度を最終年度とする「中期経営計画2016」(2013年11月12日発表)において、新事業領域への高付加価値プリンタ事業を成長分野の1つとして位置付けています。また、OKIデータは、印刷やデザイン市場などのプロフェッショナル市場向けに高精細・小型・特殊媒体対応に適した独自の LEDプリンタ技術を搭載した「MICROLINE」シリーズを展開し、高い評価を受けております。

SIITは、高い商品開発力と業界に特化した強い販売力で、サイングラフィック市場やエンジニアリング市場を中心に高い評価を受けています。しかしながら、大判プリンタ事業の更なる発展・成長には、海外販売の強化および商品ラインアップの強化が必須であり、他社とのアライアンスを通じての実現を模索しておりました。

OKIデータは、プロフェッショナル市場向けプリンタ事業を成長させるために、大判プリンタなど新領域の技術開発力と商品ラインアップ、販売チャネルの強化が必要と考えており、このたび、OKIデータのプリンタ事業の将来性とプロフェッショナル市場での実績を高く評価するSIIとの間で前記覚書の締結に至りました。

  • 沖電気工業株式会社、株式会社沖データは、通称をそれぞれOKI、OKIデータとします。
  • 本文に記載されている会社名、商品名は一般に各社の商標または登録商標です。
本件に関する報道機関からのお問い合わせ先
OKI 広報部
電話:03-3501-3835
  • 各リリースの記載内容は発表日現在のものです。その後予告なしに変更される場合がありますので、あらかじめご了承ください。

ページの先頭へ

公的研究費の不正使用および研究活動における不正行為等に係る通報も上記で受け付けます。

Special Contents

      お問い合わせ

      お問い合わせ